スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学にサークル

被災地医療の若者育成 岡山の大学にサークル

災害現場などで活動する若者を育成しようと、山陽学園大(岡山市中区)看護学部の丹下幸子助教(49)らが、学内に災害医療支援を学ぶサークル「PEBEWS(ペビウス)」を設立した。

 看護師として災害現場で医療活動に従事した経験を基に、医療従事者に対する精神的ケアの必要性を訴えている丹下助教は、「学生たちの技術と心を養い、将来は地域の防災リーダーとなる人材に」と期待をかけている。

 丹下助教は岡山市の病院で看護師として働いていた1995年、阪神大震災の被災地・神戸に日本赤十字社県支部の救護班員として入った。不眠不休で手当てや治療する優先順位を決めるトリアージに初めて携わったが、「もっとできることがあったのでは」という無力感を抱くなどし、病院を辞めることになった。

 その後、別の病院でパート勤務をするなどしていたが、震災から14年がたった2009年、災害医療従事者の心にかかる大きな負担へのケアを考えたいと、川崎医療福祉大大学院修士課程に入学。12年に修了すると同時に、山陽学園大に就職した。

 看護師の養成に携わる傍ら、「岡山は災害が少なく防災の関心も低いと言われるが、被災地支援や岡山で災害が発生した時のことを考え、若者の技術や心を育てる必要がある」と思い至ったという。

 昨年、高校時代から日本赤十字社県支部の赤十字奉仕団に参加している看護学部2年の柏美穂さん(20)にサークルの構想を持ちかけ、二人で検討。今年7月、大学にサークルの申請を提出した。

 サークル名は、防災への関心を深めて多くの笑顔の輪を増やそうとの願いを込め、マザー・テレサの言葉「Peace begins with a smile」(平和は笑顔から始まる)から引用。柏さんの友人ら5人程度でのスタートだったが、「災害時の処置を具体的に学ぶことができる」と、同学部を中心にボランティアに興味を持った学生ら約20人が集まった。

 普段は週1回、包帯法など災害医療の基礎技術などを学び、10月26日の同大学大学祭で初の対外活動を実施。赤十字社県支部とともに、被災地に赴く多目的救急車や紙製の担架、救援物資を展示し、毛布による担架・運搬法や自動体外式除細動器(AED)の使用法などを大学祭に訪れた人々と学んだ。

 11月には、災害時の避難場所に指定される同大学体育館での地域の避難訓練にも参加する予定。柏さんは「岡山でも災害が発生すると言われている。その時までに、少しでも『何か』ができる人間になっていたい」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20131030-OYT8T00706.htm

大学にこのようなサークルができ 地域に対して一次救命の普及活動を共にしてくれる学生さんたちがどんどん増えてほしいですね
大阪にはKIBA というサークルがありAEDの使い方を含めた講習会を行っています
福井にもできないかな〜

小学生もできます

小学校と初連携、住民ら訓練

香川県高松市の太田南地区コミュニティー協議会(松本健繁会長)はこのほど、同市太田下町の太田南小学校などで、防災力強化訓練を実施。参加した児童や地域住民約2千人は、避難経路を確認するなど災害から身を守る方法を再認識した。

 大規模災害時の自助や共助の重要性を感じてもらうのが狙い。学校と連携して行うのは初めて。訓練は午前7時に紀伊半島沖を震源とする地震が発生し、同市内で震度6弱を観測―との想定でスタートした。

 児童たちはヘルメットをかぶり、住民らと一緒に通学路を通って小学校まで避難、運動場で点呼を行って全員の無事を確認した。

 高松南署や市南消防署などの協力を得て、自動体外式除細動器(AED)を使った心肺蘇生法の体験やバケツリレー、土のう作りなども行い、被害を最小限に抑える方法も学んだ。

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20131011000161

小さい頃から危機管理 安全管理を身につけることはこの平和な時代 必要なことです
突然の出来事に動けるような子どもたちにするためには繰り返しの訓練しかないと思います

年齢に応じて 命の教育

救急救命も“英才教育” 飛騨市消防と市教委計画

心肺蘇生など救急救命の技術や知識を小中学生に習熟させ、後輩の指導役も担ってもらう試みを飛騨市消防本部と市教委が計画し、来年度から市内の小中学校で導入する。災害や事故時に現場に居合わせた人が心肺蘇生などの応急処置に携わる率は五割弱。万一の事態に対応できる力を子どものころから養う狙いで、消防庁救急企画室によると「先進的で聞いたことがない取り組み」という。
 市内の小学四年生から中学二年生までを対象にした五カ年計画で「ジュニア・パラメディック(救急救命士)」と名付けた独自の試み。授業で一人一台の簡易の心肺蘇生訓練の人形を用意し、目的や実技を指導する。参観日などで生徒らが職員の補助を受け、保護者に教えることも計画。最終の中学二年生は自ら指導方法を企画し、小中学校での講習に立ち会い、後輩への指導役も目標にしている。
 呼吸や心肺が停止した患者の一一九番を受けた際、現場の人が応急処置を施す率は市内では一昨年度、全国平均とほぼ同じ50%だった。消防が到着するまでの応急処置は蘇生の成否や回復具合に直結するが、電話で指導しても協力してもらえないケースもある。「小さいころから認識を高め、指導役になれる生徒を育成し救命率を上げることができないか」と市消防本部古川消防署救急課の蒔田真也さん(44)が発案し、本部でプロジェクトチームを作った。
 講習では救命に関する意識調査を実施。実技は胸骨圧迫(心臓マッサージ)を中心に自動体外式除細動器(AED)も学ぶ。後輩の指導に向けた復習授業も開く。受講した児童生徒には一年ごとに独自の認定書を渡す。後輩への指導も生徒の自主性に任せアイデアを出してもらう計画だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20131008/CK2013100802000026.html

英才教育と題していますがBLS教育は人として当たり前のことなんです
命あっての人生なのに 命あって当たり前 学校に普通にいくことは当たり前と思っているのです
勉強ができて当たり前 いい学校にいくことが幸せと
確かに健康で普通の生活ができ 学校にいけば勉強ができ偏差値の高い大学へ進学しいい企業や公務員になることを目指す その過程で病気になったり 事件事故など起こるわけがない 
順風満帆 それが当たり前であると
そう思っている人は普通なのかもしれません 
だって 幸せな生活の中にいたら不幸な人をみても想像すらできないのです
テレビの中で家が流されていくのをみて かわいそうとは思うけどそれ以上どうすることもできないのかもしれません

「ジュニア・パラメディック」
素敵です 大賛成
このような教育が浸透することを願うだけです
ただ 指導者とするのはもっともっと先のような気がします 
ねらいをそこにおくのではなく 子ども一人一人が自分の命に対してまずむきあう
そうすることによって
子どもたちが自分自身の身を守りながら 目の前の傷病者にたいして適切に対応していくことができるようになります 
そして そんな子どもたちは死がこわい 死ぬのはいやだ みんなと共に生きたい 生きていたい
自分の存在価値にほこりをもち 社会の一員であることに自信をもつことができるのです
そう願わなければジュニア・パラメディックは成り立たないのです 
技術だけでなく 心がそう思わなければ空回りとなります
一年生から その年齢にあった教育があるのです 
ゆっくり その年齢にあった技術と心の両輪がそろった教育が広まっていくことが必要ではないでしょうか

自然を甘くみないでください

各地で水の事故相次ぐ 5人死亡、17人けが

 全国的に厳しい暑さが続いた14日、秋田で3人が溺れて死亡し、石川で2人が意識不明の重体になるなど、各地で水の事故が相次いだ。共同通信のまとめでは、5人が死亡、17人がけがをした。

 秋田県男鹿市の海岸では午後5時ごろ、「子どもが溺れ、助けに行った大人も溺れた」と110番があった。地元消防によると、9歳と5歳の男児2人と男性(50)が救助されたが、3人とも死亡が確認された。

 また、相模原市緑区の「青野原オートキャンプ場」の敷地内を流れる道志川で、川遊びをしていた男性(40)が溺れて死亡した。福岡市東区では、男性(52)が海で溺れて死亡した。

http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013071401001562.html

毎日暑い日がつづいています 海に山に川に自然を求めて出かけることが多くなります
もちろん 家族で友達でと出かけることはとても楽しいことですしリフレッシュできます
しかし 毎年 悲しい事故がなくなりません
楽しいはずのお出かけが悲しい思い出とならないためにも「自分の身を守る」ことの大切さを今一度 思い出してください 
失った大切な人は2度と帰ってはこないのです 
2度と抱きしめることも 笑い合うこともないのです
こんな悲しい思い しないでほしいのです 

知るのは大人だけ?

フットサル中の男児死亡、救命講習条件に和解…福岡

福岡県久留米市で開かれたフットサル大会中に倒れて死亡した小学3年男児の両親が、主催会社の「幼児活動研究会」(本社・東京都)に損害賠償を求めた訴訟で、同社側が今後、監督ら指導者全員に救急救命講習を受けさせることなどを条件に福岡高裁(犬飼真二裁判長)で和解が成立していたことがわかった。

 父親は「サッカーを続ける子供たちの安全につなげてほしい」と話している。

 昨年8月の1審・福岡地裁久留米支部判決によると、同社が全国で運営する「コスモサッカークラブ」に所属していた同市寺町の樋口海太君(当時9歳)は2009年11月、フットサル大会に出場。試合中、クラブの監督に体調不良を訴え、意識を失って救急搬送された。海太君は約2週間後、低酸素脳症で死亡した。会場には備え付けのAED(自動体外式除細動器)があったが、使用されなかった。1審で、両親側は「すぐに出場をやめさせず、直ちにAEDを使用しなかったのが死亡の原因」などと主張したが、1審判決は「倒れるまでの体調変化に気づくことは困難」と請求を退け、両親側が控訴していた。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20130708-OYT8T00849.htm

AEDがあったのに使われなかった悲しい事故 
和解の条件として監督ら指導者全員に救急救命講習を受けさせることとあります 
当然でありそれは条件としてではなく スポーツに関わらず指導者 教育者はそれを知らなくて
どうして子供を守れるのでしょうか 
でも 指導者や監督 教師だけでいいのでしょうか 
スポーツ少年団にしろ クラブにしろ大人より圧倒的に子供の方が多いのです
仲間の異変に気がつくのはそばにいる仲間ではないでしょうか

先日 プールでの事故がありましたがそばにいる子供が教師に伝え 引き上げた後AEDを使用し救命したニュースがありました 救命は大人だけができることではなく子供も年齢に応じたできることがあるはずです
仲間の命は仲間が守る 
子供たちも救命を知ること それが大切なことではないでしょうか
悲しい事故が2度と起きないようにと伝えてきても悲しい事故は後を絶ちません 
ならば 事故が起きたときに精一杯のできることをそばにいる人たちでできる社会 そういう社会にしていくことで一つでも多くの救える命となりますように御願いします
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。