スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい仲間

AEDで命救って
金大医学生が主導 『出張講習』
有志4人各地巡る 操作『勇気持って』


 心筋梗塞(こうそく)など心停止の人に電気ショックを与えて回復を図るAED(自動体外式除細動器)を知ってもらおうと、金沢大の医学生有志四人がグループを結成し、活動を始めた。講習用のAEDを持って各地に出向き、使い方を説明するほか、人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)など初期救急救命の効果と技術を伝える。大学によると、医学生グループが自主的に現地に足を運ぶ「出張講習」は、全国的にも例がないという。 (報道部・前口憲幸)

 メンバーは医学部医学科五年の田中良男さん(29)、金森岳広さん(25)、岩崎秀紀さん(22)、米谷充弘さん(22)。病院実習を重ねるうち、病院に運ばれてくる前の処置が重要で、救急医療には住民の協力が不可欠と再認識。「目の前で倒れている人を見過ごさない社会に」と、今年六月に金大病院・救急部集中治療部長の稲葉英夫教授の助言を得て、初期救急救命法を伝える「ライブエイド金沢」を組織した。

 金大の医学生が心肺蘇生(そせい)法を教える一般向けの講習会はこれまでにもあったが、あくまでも授業の一環で学生主導ではなかった。テーマは「大切な人の命、あなたは救えますか」。必ず出席者全員にAEDを操作してもらい、気道確保や人工呼吸、胸骨圧迫など救急隊到着までの処置が確実にできる“即戦力養成”にこだわる。

 金沢市小立野の上野保育園で開かれた講習会には母親ら約二十五人が出席。AED使用の手順、心肺蘇生法の有効性が示された。「AEDの適応年齢は一歳以上」と伝え、患者が八歳未満だった場合に使う小児用の電極パッドも紹介するなど出席者に考慮した内容。胸骨圧迫は「子どもの体が三分の一ほど沈むくらいの力加減で」と語り掛けた。

 三人の子を育てる母親は「AEDを見掛けたことはあるが、どうしても医師が使うイメージだった。講師が学生さんで質問しやすかったし、子どもたちを守る救命への意識が変わった」とした。

 グループ代表の田中さんは「一方的な説明会にならないよう、心掛けている。救急医療を身近にとらえてもらい、何より、勇気ある行動で救える命があることを知ってほしい」と力を込める。

 講習会をサポートする稲葉教授は「学生にとっては医学用語を使わずに伝える感性が身に付く。コミュニケーション能力の向上にも役立ちます」と学生側のメリットも強調。「医学生の熱意が助け合いの社会に結び付けば」と期待している。

  AED(自動体外式除細動器)  意識・呼吸がない患者の胸2カ所にシールタイプの電極パッドを張り音声案内に従って操作し、心臓に電気ショックを与える。2004年7月から一般市民も使えるようになり愛知万博で救命の実績を残した。石川県内でも大学や病院、福祉施設などで設置が進み、07年3月までに県内63カ所の県立高校や養護学校、各地の体育館や美術館にも配備される予定。中日新聞より




ハートエイド石川につづく 新しい仲間たちです
医学生たちがいうように現場での救命が命をつなげる第一歩になります
どんなに優秀な医師であっても どのようにすばらしい救命センターでも 止まった命はもう帰ってはきません
そばにいる人が 普通の人が 医学の知識がなくても
できる救命法があります
救急車がくるまでの6分間にできることを精一杯することでつなばる命 救える命となります
このような仲間がどんどん増えていきますように
そして 普通のお父さん お母さんたちが自分たちにできることがあるということに気がついてくれますように
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。長崎で看護師として働きながら、救急法の講習会にインスト参加しています。先日市内で市民向けの講習会を行いました。
なぜ忙しいのに、救急法の普及のために自分の休みを使いながら活動をするのかと、よく人に聞かれますが、理由は一つ。救える命がそこにある限り救うためのお手伝いをしたいからです。わたしの父は40歳という若さで、突然心臓が止まってそのまま帰らぬ人となりました。わたしはその時中学2年生。まわりには数人の大人がいたにもかかわらず、何もできず父はなくなってしまいました。そんな思いをする人が一人でも少なくなってくれますように・・・。そんな思いで活動しています。日本全国に同じような思いで活動してくださる方が増えることを祈っています。
昨年は子どもの通う学童保育で保護者の方たちに小児と乳児の救急法と事故防止の講習会を行いました。ちょっとした工夫で子どもの事故を防ぐことができるということをお父さん・お母さん方に知ってほしいです。

さくらさん、お久しぶりです。
今日Yahoo! Japanのニュースを見ていたらこんな記事がありました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060908-00000007-jij-soci
実際にこういったデータを国が出してくれたことでさらにAEDが認知されるはずです。限りなくたくさんの人が自分の周りの命を救える国になってほしいですね。

さくら様

はじめまして。

私は金沢大学医学部医学科5年でライブエイド金沢の代表をしております田中良男と申します。

この度は私たちの活動の新聞記事をブログに取り上げていただきましてありがとうございました。
私たちメンバーは数年前より医学生向けのACLS(病院内での2次救命処置)を教える活動をしておりました。しかしながら、ご存じの通り、現場での1次救命処置が生死を決めてしまう病態に何度も出会い、1次救命処置の大切さを再認識し、このたび私が中心となり、一般の方々
に教えるライブエイド金沢を発足させました。

今後、この活動をより一般の方々へ理解してもらう上で、より積極的な活動をしていきたいと思っております。以前からAEDや救命について高いご関心を持たれておられるさくら様のブログに取り上げて頂きましたことはわれわれにとりまして、大変光栄に思っております。

来週中にはHPを立ち上げますので、リンクをして頂けましたら幸いでございます。

これからもよろしくお願い申し上げます。

田中良男
金沢大学医学部医学科5年

>nori_co さん
はじめまして 
看護師をされながら 講習会に参加し 普及活動をされてるのですね 私がありがとうというのもおかしいのですが うれしいのでありがとう!です
AEDやCPRの講習会がどんどん開かれ 一般の人の意識が向上することが救命率をあげることになります
私たちの命は「他人に守られている命」です
みんなでみんなの命をつないでいけるようにさくらも地元でがんばります 
これからも共にがんばっていきましょうね 

>Ichiroさん
お元気でしたか?
「AED」で生存率5倍というニュースですね
AEDの有効性が証明されましたね
ほんの少しの愛と勇気をもって 命をつなげていける世の中にしていかなければと思っています

>田中良男 さん
はじめまして さくらです
うれしいニュースでしたのでつい勝手に使わせていただきました ごめんなさい すみませんでした 
めちゃ いいわけですね
さくらもREMにはいっていて 石川のHAIさんともがんばりましょうね といっている仲なので
ライブエイド金沢さんともぜひ共に歩いていけたらとてもうれしいです 
娘はグランドで倒れました 当時はAEDはなく 病院でAEDをうけ 心臓は元に戻ったのですが脳のダメージが大きかったのです 現場での救命が早かったらと
悔しい思いがこの普及につながっています
健康な子供を持つお母さんやお父さんにこそ 広めていきたいですよね
これからもどうぞよろしくおねがいします
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。