スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと・・・

救急救命士/「3点セット」十分生かせ


 救急車が到着した時、すでに患者の心臓や呼吸が停止状態に陥っている。そこに救急救命士がいれば、どれほど心強いか。

 心臓マッサージや人工呼吸などの心肺蘇生(そせい)法にとどまらず、心臓に電気ショックを与える「除細動」や、気管にチューブを入れて気道を確保する「気管挿管」といった医療処置を施すことができるからだ。

 救急救命士が担う「プレホスピタル・ケア(病院前応急処置)」に今月から、心拍回復を図る強心剤の「薬剤投与」が加わった。救急救命士法の改正によるものだ。

 除細動、気管挿管、薬剤投与の「三点セット」は、救急関係者から長く実現が求められていた。薬剤の投与は携帯電話などで医師の指示を仰ぐことが前提条件だが、それでも、三つの重要な処置が現場でできるようになることの意味は大きいだろう。

 兵庫県内の各消防では、救急救命士を対象に昨年度から講習や病院実習を進め、六十三人が新制度の認定を受けた。今後も定期的に講習や実習を重ねる予定だという。取り組みの拡大によって、一人でも多くの命が救われることを期待したい。

 本来、救急と医療は切れ目のない連携が求められる。だが、国内では両者の“壁”が指摘されていた。心停止患者への薬剤投与も、そうした“壁”の一つだった。

 これまで救急救命士には、水分補給の点滴が認められていたが、強心剤投与は「医療行為」として禁止されていた。

 ただ、どちらも点滴の管にパックを取りつける作業に変わりはない。救急救命士は歯がゆい思いを重ねてきたことだろう。

 心停止で血流が止まった場合、脳が生きていられる時間は三、四分とされる。救命処置は早いほど効果が上がる。プレホスピタル・ケアが必要とされるゆえんだ。

 昨年一年間に県内で救急搬送された心肺停止患者は約三千八百人に上った。「除細動」「気管挿管」といった処置を受けた人は、大半が六十五歳以上だ。高齢化が進み、高度な救急救命へのニーズは高まるばかりである。多くの場合、救急救命士がそうした現場を担うことになる。

 救急救命士制度のモデルとなった欧米のパラメディック制度では、広範囲な医療行為が認められている。昨年七月のロンドン同時テロでは、地下鉄のトンネルなどで、心肺停止処置だけでなく痛み止め点滴などのさまざまな処置が施されたとされる。

 どこまで広げるかは慎重な検討が必要だが、救える命はすべて救うという決意で、国や県、市町の関係機関は、さらに制度の充実とレベル向上に努めてもらいたい。





2002年9月6日の時点では救命士さんも医師の指示を待ってからしか動けなかったし 
救命士さんが救急車にのるとは限らなかった 
もちろん 沙織が運ばれた救急車には救急隊の方しかおられなかった 
それでも心臓マッサージを一生懸命してくださり 沙織からの呼吸を感じたとその時の救急隊の方はいっていた 
あれから3年半 救急救命士さんたちができることが大きく変わった 
救急救命士さんたちが誕生したのは1991年だ 
長い15年なのか 短い15年なのか・・・
しかし いったい何人の命が目の前で消えていったのか 
辛い思いをしたのは他でもなく 救急救命士さんたちだろうー

沙織はあの時 最後にみたものはなんだったんだろう・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。