スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会

前日とはうってかわって気温の低い一日の始まりでした
今にも雨がふってきそう・・・

集合場所にいくとすでにテントが張られていました
スタート ゴール地点から数メートル離れたところにありました

PIC_0118.jpg



太く大きい字で離れていてもよく目に付くと思いました
ここにはだれもこないことを祈って開会式がおこなわれる場所に移動

PIC_0119.jpg


開会式にREMのことを紹介していただきました 
参加者の中に80代が80名 90代がなんと6名 
最高齢はなんと96歳のおじいちゃん でも おじいちゃんというイメージとはかなり離れていて 
ほんとに96? と何回も見直しちゃいました でも 年配の参加者の多い大会でもあり
準備体操のときも 「ここで倒れたらどーーーしよ・・・」なんて
失礼なことを考えちゃいました(笑) 

10時から随時スタートをきり ハーフ 10キロ 5キロ 3キロと
小学生も力走していました
私は本部横に救護&AEDを置いたテントで待機
10時をすぎても 寒い 寒いを連発
選手がスタートをしたのでまわりはスタッフが表彰式の準備をし始めて
今まですわっていたいすが「いすを貸してください」といすが移動 
仕方なく立って横をみると 「ぜんざい 無料」が文字がおいで おいでをしているようで 
一緒に待機していたREMのメンバーと
「寒いし あったまりましょう~」といそいそと食べに行きました(*^^*) 
おもちもはいっていてとってもおいしかったです 


AEDって何?と見にきてくれたのはおじいちゃん2名 おばあちゃん1名 チラシをみせながら話をしてあげました

その一人のおじいちゃんとの話を少し
その方は福岡からの参加者でした 80代のおじいちゃん
「これが電気ショックか?これで助かるんか? でも わしら もういらんでー 倒れたら本望や」
「でもね AEDがあったら後遺症のない復帰ができる可能性が高いんですよ 今まで元気に走れたのにそれで終わりなんていやでしょー できたら もう一度 走れたらいいですよね」
そんな会話からいろいろ話していくと
「あんたら これが仕事か?」
「いいえ 私たちはボランティアですから みんな 仕事を持ってますよ 私は今日はじめて参加させてもらったんですよ 実は娘が走ってなくなったものですから そんなことないようにって 参加させてもらってるんですよ」というと 今まで うん うん とうなずいていたおじいちゃんの口が震えだし え?と顔をみると目が真っ赤に
わぁ~ おじいちゃん 泣かないで
おじいちゃんはもう声もださないで うん うんと頭をさげながらスタート地点に向かいました 
どーしよ・・・ 走る前に・・・大丈夫かなー 

そのあとも「AED 使ってみますか?」となかなかいえず
タイミングもつかめず 選手はどんどん戻ってきて
そんな時 代表のSさんから「AEDの使い方をどんどんやってみて」という指示があり その場に戻ってきていたREMのメンバーが周りにいた関係者に声をかけると 離れてみていた人たちもどれどれと集まってきました

PIC_0123.jpg


一言 声をかけるだけでのぞきこむ人たち
関心や興味はあってもやってみようという勇気ってなかなかでないのかもしれないな~ 
それを押してあげるのがさくらの役目なんだなぁ~と反省しきり 
もし これからもこういう機会があったら積極的に声をかけてあげようと思っていたら
さっきのおじいちゃんが律儀に笑顔で戻ってこられ
「無事に戻りました」ってピョコンとおじぎ
「お帰りなさい! よかったですね」と拍手で向かえてあげました
ほんとうによかった

大会ではスタート直後に転んだ選手がいたり 2名ほど倒れこんだ方もいましたが
大事には至らず 無事終了しました

なにもしないで なんのお役にも立てなかったのですが
私にとってとても有意義な大会でした 
走るということは若い人の特権かと思ってましたが 
いくつになっても挑戦することのすばらしさを教えてもらいました
そして その挑戦者たちが安心して挑戦できるようにできるかぎりの
フォローや救命体制をしていかなければならないと強く思いました

大会にはもちろん沙織も連れて行きましたよ
寒かったし 表に出すと恥ずかしがるとおもってかばんの中に
でも きっと あいつのことだから 外にとびだして 選手たちと一緒に走り回っていたとおもいます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さくらさん そしてREMの皆さん お疲れ様でした。
何かほのぼのとした雰囲気が伺えますね。
大事に至る事が無くて本当に良かったと思います。
80歳以上の方がそんなに多く参加されているとは思いませんでした。元気なお年寄りは羨ましい限りです。
今でも少し走るとフーフー言う自分が恥かしいです。見習って鍛えなくては・・・
ぜんざいの様に甘い人の気持も実感出来たでしょう。
私達もぜんざいのお餅の様に小豆を繋いで行きたい物です。
さくらさんは 甘い物大好きだから 少し太ったかもね?
何杯食べたか?教えて下さい。(笑

お疲れさまでした☆
さくらさんの書いたものを読んでいて その光景が目に浮かんできましたよ(^.^)まるで私もその場に居たみたいな気持ちになりました。
私も高齢者のかたがたくさん参加していたのを知り びっくりしました。そのおじいちゃん…やさしいかたですね。きっと色んな事を思って“思わず…”だったんでしょうね…。色んな出会いがあり、人は助けられ、また知らず知らずのうちに人を助けているんですよね…。本当にそう思います。人って出会う人によって変わる事…ありますよね。


私も頑張ります♪
さくらさん、REMのみなさん おつかれさまでした。

>くるみさん
おじいちゃん おばあちゃんなんていえませんでしたよ
めちゃ おわかい! おじいちゃんにいわれました
「なにもしないことが一番悪い 体のためになにかしなさい」って
(笑) 少し動かないとなぁ~ ぜんざい おかわりしたかったんだけどね 一杯でやめときました(笑)

>りんさん
いつも応援ありがとうございます
福岡のおじいちゃんのやさしさが身にしみました きっと AEDのこともわかってくれたと思ってます 
本当に人は支えあって生かされているんだと思います
希薄になりつつある隣人への思いやりを取り戻していくためにも
動かなくては ね 

素敵な出会いがありましたね!

その場にREMの方々が見守っているというだけで、安心して完走できた方も多かったのでは無いかと思います。
「なにもしないことが一番悪い 体のためになにかしなさい。」
温かい言葉ですね。初めて会ったさくらさんを想っての言葉ですね。自然に他人を思いやれる人達が、この世を守っているのですね。

そんな光景を沙織ちゃんも隣で見つめながら「お母さん、やるじゃん!」とはしゃいでいたに違いありません。
良かったね。AEDを作動することも無くみんな無事で・・・。美味しくぜんざいを食べれて本当に良かったね(T_T)
心配性のうぶみは、28日から何度も何度も読んでは泣けてきて、なかなかコメントを書けずにいました。
がんばったね。さくらさん!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。