スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲惨な事件

悲しい事件が2つも続いた
広島県の女児殺害でペルー人が逮捕されたと思ったら 今度は栃木県でも小学一年生の女の子が胸を刺され発見された
ペルー人は犯行は自分の中の悪魔がしたことだといったという
おもわず 噴き出してしまった
「ふざけるな!」だ
抵抗する術もしらず か弱い子供の命を奪うのはどんないいわけをしても許せるものではない

私は命を守りたくて ネットで語りかけている
そして そういうメッセージを受け止めてくれる人もたくさんいる
命を守ることの一つとして そばにいる人への思いやりもある
しかし 今回のようなことがあると
人をみたら異常者だ 近寄るなと教えなくてはならない
今伝えようとしていることとはまるで逆の話になってしまう
悲しいことだ 

人が人の命を奪うなんて 人は人の命を守るものなのに・・・
どこでどう間違ってしまったのか
悲しくて 言葉もでない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

悲しい事件が続きますね…僕がこの手の事件を聞くと、いつも思うことがあります。「なぜ、こんな事件になってしまったのか?」そこには加害者がどのような幼少期を周囲の大人と過してきたのかと、考えてしまいます。犯罪は未然に防ぐことができるとすれば、やはり子ふぉもたちの環境を安全にすることだけではなく、ココロの教育・安全な居場所(ココロもカラダも)を社会がどうやってつくってあげるかなのでは???なんて思っています。目に見えることも大切ですが、目に見えない部分もしっかりと見つめ、同じようなことが起きないような社会つくりを、大人でしていきたいですね。「ココロの中の悪魔」もしかしたら誰にでも住んでいるのかもしれません。でも、抑制することは可能だと思います。心から安全だといえる社会作り、お亡くなりになった子ども達に見せてあげたかったなぁ…謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

poroさん 本当に悲しい事件が耐えませんよね。「ココロの中の悪魔」は少なからずいると思います 人はだれだってココロに天使と悪魔を持ってると思うのですよ そして 人はみな弱いものだと思います だからこそ 守るために闘うのかもしれない その闘い方が問題なんですよね ココロの教育をもう一度見直さなければならない時にきてるんだとおもいます 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。