スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知るのは大人だけ?

フットサル中の男児死亡、救命講習条件に和解…福岡

福岡県久留米市で開かれたフットサル大会中に倒れて死亡した小学3年男児の両親が、主催会社の「幼児活動研究会」(本社・東京都)に損害賠償を求めた訴訟で、同社側が今後、監督ら指導者全員に救急救命講習を受けさせることなどを条件に福岡高裁(犬飼真二裁判長)で和解が成立していたことがわかった。

 父親は「サッカーを続ける子供たちの安全につなげてほしい」と話している。

 昨年8月の1審・福岡地裁久留米支部判決によると、同社が全国で運営する「コスモサッカークラブ」に所属していた同市寺町の樋口海太君(当時9歳)は2009年11月、フットサル大会に出場。試合中、クラブの監督に体調不良を訴え、意識を失って救急搬送された。海太君は約2週間後、低酸素脳症で死亡した。会場には備え付けのAED(自動体外式除細動器)があったが、使用されなかった。1審で、両親側は「すぐに出場をやめさせず、直ちにAEDを使用しなかったのが死亡の原因」などと主張したが、1審判決は「倒れるまでの体調変化に気づくことは困難」と請求を退け、両親側が控訴していた。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20130708-OYT8T00849.htm

AEDがあったのに使われなかった悲しい事故 
和解の条件として監督ら指導者全員に救急救命講習を受けさせることとあります 
当然でありそれは条件としてではなく スポーツに関わらず指導者 教育者はそれを知らなくて
どうして子供を守れるのでしょうか 
でも 指導者や監督 教師だけでいいのでしょうか 
スポーツ少年団にしろ クラブにしろ大人より圧倒的に子供の方が多いのです
仲間の異変に気がつくのはそばにいる仲間ではないでしょうか

先日 プールでの事故がありましたがそばにいる子供が教師に伝え 引き上げた後AEDを使用し救命したニュースがありました 救命は大人だけができることではなく子供も年齢に応じたできることがあるはずです
仲間の命は仲間が守る 
子供たちも救命を知ること それが大切なことではないでしょうか
悲しい事故が2度と起きないようにと伝えてきても悲しい事故は後を絶ちません 
ならば 事故が起きたときに精一杯のできることをそばにいる人たちでできる社会 そういう社会にしていくことで一つでも多くの救える命となりますように御願いします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。