スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活



主将就任3カ月、命絶つ 「バスケさせてくれ感謝」
2013.1.11 11:32

 「これまで育ててくれてありがとう。バスケットをさせてもらって感謝している」。ルーズリーフに記した遺書には家族への気持ちがつづられていた。自殺を選んだことは「ごめんなさい」とも-。全国大会常連校のバスケットボール部の主将となってわずか3カ月、男子生徒は17年という短い命を絶った。

 出身中学の教頭によると、小学生の時に地元のチームに入り本格的に競技をスタート。中学では副主将として部員をまとめた。休みの日も自主練習を欠かさず、プレーヤーとしても活躍していたが、大会では地区の2位にとどまり悔しい思いも。「もっと強い学校で続けたい」との強い気持ちが強豪・桜宮高への進学をかなえた。

 両親からの教えは「文武両道」。高校でも厳しい部活動をこなしながら学業も両立させ、成績は上位だったという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130111/crm13011111370007-n1.htm


高2自殺の桜宮高、すべての部活動を当面自粛

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部の2年男子生徒(17)が体罰を受けた翌日に自殺した問題で、同高は13日から当面の間、すべての部活動を自粛することを決めた。

 佐藤校長が、生徒の命が失われた事態や体罰の一斉調査が入ることなどを考慮し、自粛する意向を市教委に伝え、了承された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130113-00000895-yom-soci


年末 とてもショックなニュースが入ってきましたね
スポーツでがんばっていた青年が自らの命を絶つ 
どうして そこまで追い込むのでしょうか 
逃げ場を失った真面目な青年は自分の命を絶つことでしか気持ちを出せなかったのです
生きたくても生きられなかった命のことを思って生きて!と伝えていますが
窮地に追い込まれたこの青年を責めることは出来ません 
本当はどんなに生きたかったか 生きていたかったか 
大好きなバスケを楽しみたかったか 

愛のない指導は単なる暴力でしかないのですね
受けた痛みの中に愛を感じなければ憎しみや悲しみしか生まれないことを知らない指導者が
育ってしまったということでしょうか

そして その衝撃はすべてのスポーツをがんばる子供たちへと広がっていきました
すべての部活の自粛です
その中にはもしかしたら「おれには関係ないのに」と思う子供たちもいるかもしれません
でも その時にはぜひご家庭で生きたくても生きられなかったこの青年の想いを忘れることなく
精一杯生きていくことの大切さを話しあってほしいとおもいます
 
スポーツをがんばったらやはり優勝 一等賞がほしいですよね 
勝ちたい 強くなりたい そう思うのは当然だと思います
でも 勝つことだけがスポーツなんでしょうか 
学校での部活には本当はもっと大切なメッセージがあるのではないでしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。