スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命の輪

地元、必死の介抱 祇園暴走事故

負傷者の手当てをする救助隊員ら。救急車が到着するまで、多くの住民や通行人がけが人の介抱に当たった(12日午後1時34分、京都市東山区大和大路四条交差点)
 「AED(自動体外式除細動器)を貸して下さい。ここにあると聞いたんで」

 京都市東山区の暴走事故現場から西約50メートルにある南座のチケット売り場に、通行人の女性が飛び込んできた。職員の川勝佐知子さん(38)が1台を持って外へ出ると、女性は駆けだした。「何が起きたのか」。分からないまま、川勝さんは後を追った。

 大和大路四条交差点の南西角には、男性が頭から血を流してあおむけに倒れていた。通行人に服の胸部を開けてもらい、AEDのパッドを当てた。響く救急車のサイレン。操作手順を指示する電子音に集中した。

 「電気ショックは必要ありません」。AEDが発した音声に、「もう無理なのか」と落胆した。

 後日、報道で男性の顔写真を目にした。犠牲者7人の1人と知った。

■かけ続けた声

 119番が最初にあったのは12日午後1時8分。13台の救急車が順次、急行した。最後の負傷者を乗せた救急車が現場を離れるまで1時間18分。この間、地元商店街の人たちは路上のあちこちに横たわる負傷者に向き合った。

 同じ交差点の南東では、近くの飲食店の従業員人見信子さん(30)が、路上の女性の介抱を始めていた。頭に傷がある。店にタオルとおしぼり、氷を取りに走った。とって返し、傷口にあてがった。取り囲んだ通行人が、励ましの声をかけ続けた。

 「もうすぐ救急車が来る」「頑張って」「大丈夫やで」

 この現場から北へ約200メートル。ガシャーン、ドーンという衝撃音で、近くの飲食店経営駒井達也さん(42)は外へ出た。電柱に軽ワゴン車が激突していた。車体の下に男性が巻き込まれている。観光客と外国人の4人で、車を移動させた。ひどいけが。「素人が触ったらあかん」。見守ることしかできず、救急車を待った。サイレンは聞こえるが、なかなか来ない。じりじりしながら、時を過ごした。

■「協力心強い」

 市消防局によると、最初の救急隊の到着時には、すでにすべての負傷者の周囲に2、3人の住民や通行人が介抱したり励ましの声をかけていた。仙波明広報係長は「呼びかけをするだけでも立派な救助活動。市民の協力は心強かった」と感謝する。

 一方、うまく介抱できなかったり、後に多くの負傷者の死亡が確認されたことで、無力感を抱く人も出ている。

 大和大路四条交差点角の食品販売店従業員坂田竜一さん(30)は、手当てに使えるものはないかと店内を探したが、見つからなかった。「救助できなかった自分が情けない」。別の飲食店員の男性(37)は「あまりの惨劇に、みんな固まっていた。自分の無力さを思い知った」と打ち明けた。

 「事故当時の映像が流れる度に胸が苦しくなる」「当日の夜はまったく眠れなかった」。介抱に当たった人からは、こんな声が漏れる。

 祇園縄手繁栄会の秋山敏郎会長(65)は「現場周辺の住民のショックが大きい」と懸念する。住民の心の傷をケアするため、東山区役所と市消防局は、医師を招いた相談会を予定している。

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20120421000017


痛ましい事故がおきました
防げ得た事故だったのではないでしょうか
たくさんの尊い命が絶たれてしまいました

ニュースで現場で救護の様子が流れる中 Gパンをはいている男性が胸骨圧迫をしていました
数人の普通の洋服を着ている方が動いている様子が流れていました
一般市民の方でしょうか それとも 医療関係の方でお休みのところだったのでしょうか
悲惨な現場で一歩前にでる勇気を持つことは並大抵なことではありません
10年前だったらきっと離れたところでみているか 携帯で現場の様子を写しているかでした
この数年で市民の救命意識は大きく変わってきたと思います
救える命をつなげたい
その思いが行動につながっていったのではないでしょうか

しかし 住民の方や手当に当たった方たちからショックを受けた言葉がでたことは
これまでの救命講習会において アフターショックについてお伝えしてこなかった結果ではないでしょうか
負傷者を救護することには少なからずリスクを背負ってしまうこと
どんな人でも結果がどうあれ悩みます 
なくなれば自分の手当になにか手落ちがあったのではないか
なにもできなければできないで自分を責める

仕事でもなく 対価もなく リスクを背負ってでもそばにいる方に手当をおねがいしているのは
たった一つの命の瀬戸際でその人を思うきこえない声をきいてほしい 
自分の大切な人なら 大切な家族なら考えるまでもなく何かをするのではないでしょうか
大きな声で命を愛おしむのではないでしょうか
そばにいる人が知らない人でも命を愛おしむ大きな声で何かをしてくれたなら
悲しい結果となろうと旅立たなければならなかった命も 残されたものも少しは前に進めます

救命においての失敗は何もしないことです
救命に関わった方たちがそのことを心の傷とならないようにみんなであなたの行ったことは
正解です! ◎ですよ ありがとう!と賞賛してあげてください

ああすればよかった こうすればよかった と落ち込む自分をいやいや たいしたやつだよ
すごい勇気だったよとほめてあげてください
そうしなければ救命の輪はそこで止まってしまいます
そうならないためにもあたたかい応援をしていかなければと思います

テレビで流れた現場はあり得ない惨状でした 
その中で協力されていた市民の方たちの思いはこれからもつながっていくと思います

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

命のバトン ーSakura Blogー さんの記事「救命の輪」

今、AEDはいたるところに設置してあります。 倒れている人を発見したら、走って探してください。お願いします。 その時は、近くにいる人に救急車を呼んでもらえるようお願いしてく

コメントの投稿

非公開コメント

アフタヘショック

救命においての失敗は何もしないことです

そうなんですよね。わかっていても、ここに書いてあるようなことは、自分でもそうなってしまいそうな気がします。

でも、もし遭遇したら、何かしたいという気持ちは持ってます。
先日の悲惨な事故、あの時の状況を改めて、こうして読むと、いろいろとかんがえさせられます。

リンクさせてください。

No title

pacemaker0714 さん

いつもコメントありがとうございます。
アフターショックについて まだまだ伝え切れていないと思います
普通救命講習会では技術面に重点をおいていますからね でも心肺蘇生法は一次救命の中の一つです 一歩前にでる勇気を伝えるときにはその勇気の中には
リスクも背負うことも伝えていかなければと思っています 
一次救命といっても とても広い範囲で知らなければと思います
むずかしいですよね でも だからといって救急車を待っているとつながる命も救えないですから やはり 一歩前にでる勇気を持ってもらいたいです

リンクよろしくお願いします。 これからも傷病者の発見からアフターショックについても伝えていきたいと思います

初めまして

初めまして。リドックス55と申します。茨城県水戸市を中心に応急手当の講習会のボランティア活動をさせてもらっています。このブログは同じ活動をしているボランティアの茨城県久慈郡の益子さんから教えていただきました。自分は何気ない気持ちで普通救命Ⅰの講習を受け、サオリさんのDVDを見ました。その時、一般人の自分でも何か出来るのではないか?と思い色々調べて益子さんと同じ応急手当普及員の講習を受け
資格を取りました。今は自分の休日を利用して講習会に出来るだけ参加して受講生の皆さんに応急手当ての大切さを自分なりに教えているつもりです。これからも自分なりに頑張って応急手当の大切さを教えて行きたいと思います。
サオリさんのお母さんも頑張って下さいね。
 もし良ければ友達になって頂けませんか?

No title

リドックス55さん 
メッセージをありがとうございました 返信が遅くなりすみませんでした

益子さん お元気でしょうか とてもお世話になりましたし力をいただきました
命のバトンもNPOといっても以前のままのボランティア活動で スタッフ一同 熱い思いしかありません 一つでも多くの命が 救える命がつながる社会をめざしてがんばっています 遠く離れていてもめざすところは同じですね 
ぜひ これからもよろしくお願いします。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。