スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精一杯の努力

宮市、悲痛…同僚試合中に倒れ危篤


17日のFA(イングランド協会)杯準々決勝で、日本代表FW宮市亮(19)が所属するボルトンはトットナムとアウェーで対戦。その試合で悲劇が起きた。

1-1の前半41分、ボルトンMFファブリス・ムアンバ(23)が接触プレーもない状態で突然、その場に倒れた。心臓発作とみられ、人工呼吸やAED(自動体外式除細動器)などピッチ上で心肺蘇生(そせい)処置を受けたが、意識不明のまま担架で運ばれ、ロンドン市内の病院に搬送された。

右MFとして先発した宮市ら両チームの選手たちが驚きと悲しみにくれる中、試合はそのまま中止。審判団の判断で延期が決まった。

ムアンバはコンゴ出身でイングランド国籍。ボルトンは18日、ムアンバは競技場で心停止となり病院で心臓が再び動き出したが、依然危険な状態にあると発表。オーウェン・コイル監督(45)はBBCスポーツで「非常に深刻だ」とコメントした。また、20日のイングランドプレミアリーグ・アストンビラ戦(アウェー)も延期となった。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20120319/pre12031905030000-n1.html

悲しい出来事がおきました
肉体的にも精神的にもトレーニングを積んだ選手 開始前のチェックにも引っかからずに
スタートしたプレイ中での出来事です

突然の出来事の中 ピッチの上での心肺蘇生法の処置を受け搬送されました
その上 同僚の心のケアを考え試合が中止となりました

とても危険な状態であるとのことですが
すばやい対応で救える命への可能性へとつながりました

娘の頃と決定的な違いは倒れた選手を場外にださずにその場で救命を行なっていることではないでしょうか
この記事を読みながら たしかに意識が変わってきたと思いました
技術だけでなく 目の前の命を大切に思い救おうという強い願いがそこにあったと思います

この試合関係の方たちは真摯に受け取りみんなで命がつながることを祈っています
娘とともにAED普及を訴え このようにみんなで命を思う試合になってきたこと
それだけでも娘は喜んでいるのではないかと思っています
一日も早い回復を心から願っております


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

その場での処置

なるほど、たしかに、サッカーでは、倒れたら、場外に出して、処置が通常ですよね。
それが変わっているというのは、大きな意識の変化、対応の変化だと思います。

No title

pacemaker0714 さん

すばやい対応をしたといっても 倒れた選手を場外にだすための作業の時間だけでもかなりのロスです その場で試合を中断してでも
命に向き合うべきですね やっと そういう意識まできたんだと思いました
嬉しいことです
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。