スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念・・・

長距離走後の女児死亡事故 学校側AED使用せず

 さいたま市北区の市立小学校で9月、6年生の女児=当時(11)=が長距離走の練習中に倒れ死亡した事故で、学校側が校内に設置されている自動体外式除細動器(AED)を使用しなかったことが14日、同校などへの取材で分かった。

 市教委などによると、事故があったのは9月29日。午後4時5分ごろ、駅伝大会に向けた長距離走の練習中に女児が倒れ、養護教諭が同8分に119番通報。同13分に救急隊が到着したが、既に呼吸がなく心肺停止状態だった。救急隊は持参したAEDを使用し、同28分に病院に向け出発した。女児は病院に搬送された後も意識不明の状態が続き、翌30日夜に死亡した。死因は不明。

 同校によると、教諭らは女児を保健室に運び、様子を見守っていた。校内にはAEDが設置されていたが、女児が倒れた直後は脈があり呼吸も確認されたため、使用しなかった。

 同校ではAEDの使用講習会を実施していたが、「呼吸と脈がないことを確認した場合にAEDを使用する」という設定だったという。市教委は今後、第三者の専門家による検証を行う方針。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/111014/stm11101412440002-n1.htm


またしても悲しい事故です
救急車が到着したのは5分後 その時にすでに心肺停止だったという 
だったら その5分間にそばにいた人たちは何を見ていたのだろう
死線期呼吸(あえぎ呼吸)を呼吸ありと見間違ったのだろうか・・・
いやいや 先生を信じたい

見守る? もしも 瀕死にあるわが子なら見守るだけだろうか 

AEDを使用していたら結果は違っていたはずだ

医療関係者でさえ 見間違う死線期呼吸 
一般人が判断している時間があったらAEDにまかせればいいのだ
なぜ なぜ 使わなかったのか
まさか 死ぬとは思わなかったなどといわせない
命を預かる使命感をもつべきだ 
憤り 怒りをかくせない 

子どもは2度と帰ってはこない
どんなに探しても どんなに叫んでも
2度と抱きしめることもできないのだ・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。