スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助成金支援

子ども健全育成へ 

 NPO法人 モバイルコミュニケーション・ファンド(MCF)からこどもの健全育成にかかわる市民団体を支援する「2011年度 ドコモ市民活動団体への助成事業」の対象に本県から2NPO法人が選ばれ 22日 金沢市のNTTドコモ北陸支社で目録贈呈式がおこなわれました。

選ばれたのはとNPO法人「Jely Beans」と NPO法人「命のバトン」
NPO法人「Jely Beans」は海外から専門の講師を招き指導者育成に役立てたい
NPO法人「命のバトン」としては近隣市町のスポーツ団体を対象として、AEDを用いた心肺蘇生法講習会(無料)活動に役立てたいと思っています

 わたしたちは特に、野球やミニバスケットボール等の球技において、ボールが胸部に当たり心臓しんとうを発症することも稀ではなく、この時、AEDを使った心肺蘇生法で適切な対応ができないと子どもの命を救うことが出来ません。
一方、スポーツ少年団等のリーダー養成講習カリキュラムには、心肺蘇生法が組み込まれているものの、実際現場に遭遇したとき適切な対応が出来るか疑問があります。
また、常に講習会を受講した指導者が傍にいるとは限りません。
傷病者が子どもである場合、常に傍にいるのは子ども達又は保護者なのです。


【期待される効果】
・子ども達が、AEDを使った心肺蘇生法をマスターできる。
・子ども達が、「命」の大切さに気付くことができる。
・「命」の大切さに気付くことによって、人の「命」も大切に思えるようになり、他人を思いやる心を育むことができる。
・また、学校教育(別途)を含め、繰り返し実践教育することによって、確実にマスターできる。
・心肺蘇生法をマスターすることによって、バイスタンダー(救急現場に居合わせた人)として、救急救命し、子ども達の「命」を救うことができる。
・日本の救急救命率が向上する。
・広く普及することによって思いやりのある社会が実現する。
・子どもの命を直接救う技術の普及啓発活動を通して、様々な要因から発生する不幸な事件を未然に防止し、子ども達の命を守ることに繋げて行きたい。

といろいろ期待するところはあるのですがただ ただ 子どもを守りたい 守るための活動です
ドコモの皆様 ありがとうございました
活動の幅が広がり 救命意識を広げることができると思います
がんばります


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。