スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会

学校祭では運動会が快晴のもと行われた
土曜日ということもあってたくさんの父兄がきていた
テントが3つはられていたが満席状態
7つ離れた兄がいるが その子のときにはきている親はパラパラだった
当時は平日ということもあったんだろうが 今はとても熱心だし 協力的だ
日差しが強くテントの中での応援だった
カメラを片手に応援をしていると後ろの席の顔はみたことはあるけれど
話したことはなかったと思う その人が顔をのぞかせながら
「ねぇ ねぇ あなた 除細動器のひとだよねー」
横に座っていた友達がわらいながら 
「そう 除細動器の人よ」(オイオイ^^;)
「聞いたわよ よかったね あっちこっちに除細動器が設置されたって
子供たちにもいってるのよ あれがあれば助かるんだよ」って

いままで知らなかった人が除細動器という言葉を知ってくれた
それが一人でもいい 
沙織の死がそれで意味のあるものになるのなら あの子は笑ってくれるかもしれない
しかし、この3年 一人だけではないようだ
私がおもってるよりたくさんの人が知ってくれたようだ
それは間違いなくあの子の見えない力だ
そう思いながらグランドを一生懸命走る子供たちに
守ってあげるから 精一杯走れ~~っと声援をおくった
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コナミスポーツクラブ静岡での講習

このブログを作成するきっかけ私はコナミスポーツクラブの会員で、静岡のコナミスポーツクラブに応じて通っています。普段はボディ・コンバット(Body Combat)という、格闘系のプログラムぐらいしか参加しています。先週の日曜日、付き合いでしぶしぶAEDの講習会に...

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして、ねっしーといいます。
現在救命士の資格をとるための勉強をしている大学生(♂)です。とは言っても、今は元々の目標であった医師を目指すために大学再受験のための受験勉強をしています(救命士の国家資格は取る予定)。

今日初めてこちらのブログを拝見させて頂きました。一つ一つの記事に気持ちがこめられていて、多くの方に読んでいただけたらなと思いました。『除細動』『心室細動』『AED』、これらの言葉を街で当たり前のように聞くことができるようになればいいなと思います。

ところで、現在私は救急医学に関するブログを書いています。是非こちらへのリンクをトップページおよび記事の中に貼らせて頂きたいのですがよろしいでしょうか?

はじめまして

ねっしーさん はじめまして さくらです
医師をめざしているというくらいですから救急医療に関してもレベルが高そうですね 
さくらはただの普通の主婦です 本当は救急医療に関してはなにもしらないのです が 娘のことで
どうしても一人でも多くの人にしってほしいことがあり 地道ですがネットでの訴えをしてます
リンク よろしくおねがいします
こちらもリンクさせてもらいます 

ありがとうございます

さくらさん、ありがとうございます。
現在はネットが普及して、情報を手軽に手に入れることができるようになりましたから、ネットでの活動は非常に合理的だと思います。
私もブログのアクセスを伸ばして、少しでも多くの方に“救急医療がもっと身近なものである”ことを知っていただきたいと思っています。
私のブログはまだまだ未熟であるにも関わらず相互リンクの形をとって頂きまして、本当にありがとうございます。受験が終わり次第、応急手当などの普及にもっと力を入れたいと思っています。
お互いがんばりましょう。

こちらこそ ありがとう

いいえ こちらこそ
どうぞよろしくおねがいします

専門的知識をもたない地域一般の方はどうしても救急医療に関しては自分たちには関係ないし へたにかかわってはいけないという意識が根強くあります
傷病者のそばにいる人は普通の人ですよね
その人たちが命をつなげていけることをどうやったら
普及できるか 他人事ではなくー 
繰り返し行う講習会が地域に普及していくためには
どうしたらいいのか・・・ 
やっぱり ゆっくりじっくりの草の根運動しかないかな~

ねっしーさん アメリカのパラメディックという職種をご存知ですか?日本でもそういうシステムがあれば救命率あがりますよねー

日本で救急救命士という資格ができたのも、アメリカのパラメディックを見た日本人の発言がきっかけだったそうです。
パラメディックについては、語れるほど詳しい内容は知らないのですが、少なくとも行える医療行為のレベルは救命士に比べてはるかに高度ですし、教育システムも全然違います。
日本でパラメディックのような資格を作るためにはまず教育システムを見直す必要があると思います。専門医の認定などは最近考え直されているようですが、日本において“資格”や“認定”を取ることは大して大変なことではありません。少し勉強して試験に合格すれば受かってしまうようなものが本当に多いです。
救命士という資格の中で、“研修”“経験”や“臨床における医師監視下での試験”などにより資格がランクアップできるシステムを作るといいんじゃないかなんて友人に語ったりしたこともあります。こうすれば救命士の技術も上がりますし、救命士の方たちはみんな『人を助けたい』という気持ちを持っていますから、『もっと高度な技術を身に付けなければ』という決意が生まれ、ランクアップに臨む姿勢が作られるような気がします。
まだ社会の仕組みがよくわからない若造なので、想像のみで物事を口に出してしまうことがよくありますが、いっぱい勉強して現実的且つ説得力のある発言ができるようになれたらいいなと思うこの頃です…

AEDについてもパラメディックについても、おそらくさくらさんの方が豊富な知識をもっていると思います。これからいろいろと勉強させて頂きます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。