スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AED 街角の奇跡

AED 街角の奇跡―「勇気」が救った命の物語AED 街角の奇跡―「勇気」が救った命の物語
(2010/12/10)
田中 秀治、島崎 修次 他

商品詳細を見る


内容紹介
駅や公共施設でよく見かけるようになったAED(自動体外式除細動器)。でも素人の自分にはこわくてとても使えない……と思ってはいませんか? 誰かの勇気が、助からなかったはずの「いのち」を救うことがあります。これは、AED(自動体外式除細動器)と誰かの勇気が救った命のお話です。


この書籍の制作が進む中 出版会社の担当者の方からこのブログにコメントをいただきました
AEDで助かったいくつかの命の物語(物語といいましてもすべて実話です)を核に、AED普及の過程・AEDがなぜ必要なのか・AEDをつくっている人たちの物語・AEDのメンテナンスの必要性などについて触れていくつもりでおります。
そこで、AEDがあれば助かったかもしれない命の物語としてさくら様の娘さんのお話をお伺いすることはできますでしょうか?

その後 何度かメールを交わし直接お会いしての取材となりました

現在 いろんなところで目にするようになったAEDがいろんな方の願いや努力で設置されていった中
その設置されるようになった過程の一つとして 娘のことにスポットをあてていただき
この本の巻頭「はじめに」にブログ「命のバトン」のことや AED普及に至ったこと 
そして 命をつなぐ心を育てたいという思いになったことなどを記載していただきました

街角で奇跡を起こしてきた数々の体験を語る前に 救える命 つながるはずの命があったことを
そして 命のバトンの願いを記載していただいたことに感謝申し上げます

難しい医学書ではなく 誰もが身近に感じられ AEDの普及に必ずや一役買う書籍となっています
ぜひ 御覧いただければと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございます。

明けまして、おめでとうございます。
最近サボってまして、12/31にこの記事を読み、本屋に走り、先ほど読み終わりました。
すばらしい本ですね。いろいろ感じたことは、またブログに書き込みたいと思ってます。
残念なのは、この本が大手書店の二階の専門書コーナー医学コーナーにおかれていたこと。一応平積みでしたが、一階のもっと一般の人が手にとるところにおいてほしいと思いました。
アマゾンでは、中古ですでに結構でまわってるってことは、かなり売れているということだとは思いますが。
知らないこともたくさんあり、刺激を受けたこともたくさんあります。
新年最初に読んだ本が、この本になり、これを生かす一年にしたいと思います。

No title

pacemaker0714さん

あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします

AED 街角の奇跡 さっそく読んでいただきありがとうございます
書店でどう並んでいるのかみていなかったので びっくりしました
ちょっとわかりずらいですね 
AEDというと医学っぽいですからね 書店の方もそう思われたのかもしれませんね ちょっとお願いしてみようかな

AEDが一般の方にまだまだ浸透していないということでもあるんでしょうね
まだまだ 伝えていかなければと思います
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。