スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人連携 浴客を救助



 福井市の鷹巣海水浴場でおきた水難事故で同市臨海消防署は9日 救助活動にあたった海水浴客3人に感謝状を贈った
3人は会社員 小寺悠太さん(20) 看護学生 田中久美子さん(19) 看護し 三上美紀さん(27)
6日 午後4時ごろ 遊泳中の小寺さんが沖合い10メートルの水深約2.5メートルに沈んでいる県内の45歳男性を発見
砂浜に引き上げて 田中さんと三上さんが連携して人工呼吸を行った 3人は知り合いではないが連携した処置で男性は呼吸を回復 一命を取り留めた
贈呈式で前田清司署長から感謝状が手渡された 小寺さんは「救出は初めてだったが必死だった 一歩踏み出す勇気が人命救助につながってうれしい」 人工呼吸は初めてという田中さんと三上さんも「命の危機にある人をほっておけなかった」「何かできることが有ると思い現場に急いだ」と振り返っていた


福井新聞のローカルニュースですがすごいニュースです
沈んでいる男性を発見できたことも奇跡のようなことで その後見知らぬ人同士が救命チームをつくり
心肺蘇生法で一命を取り留めた すばらしいことです!
「何かできることがあるとおもい現場に急いだ」
傷病者を引き上げ きっと騒然となったのでしょう
その声をきいて駆け寄った 
この思い 自らの思いで駆け寄ったのです
きっと 恐かったでしょうね 
顔色も蒼白になった男性の命の瀬戸際を必死に引き戻したのです
45歳 お子さんがいたとしてもまだまだお父さんが必要です
きっと ご両親 ご兄弟 その方を大切に思う人たちがたくさんいらっしゃいます
再びの命がつながって本当によかった
楽しい海水浴が辛い思い出にならなくて本当によかったです

このような底辺の救命意識を少しずつ広めてきたのは福井の救急医療に関係する方々のご尽力です
福井の救急のレベルが高いだけにこれまでなかなか底辺にいくまでが遠かったのですが
それを各関係機関が講習会を繰り返し周知していっていることがすこしずつ芽がでてきたのではないでしょうか

見知らぬ人同士が目の前の命を救うために救命チームを作る
そのような社会が目標でした
すこしずつ近づいていってるようです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしいですね

理想の形が福井では実現できてるんですね。
県全体で取り組んでこられた成果が、色んな形ででてきているんだと思います。
見知らぬ人が連携して、救命処置を行う。

こういうニュースが全国紙の一面に載ってもいいと思うんですが。
もっともっと違う形で、みんなにしってもらうこと、大事だと思ってます。

No title

pacemaker0714さん
コメントありがとうございました

そうですよね このニュースが全国版で流してほしかったです
見知らぬ人たちが目の前の命のためにチームを組む
あたたかい思いがなければできないことですからね
これからも地道に皆さんと共に伝えていく それしかないですね
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。