スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイスシールドの重要性

子どもが心肺停止…すぐの蘇生術有効 社会復帰2.6倍

事故などで子どもが倒れて心肺停止となっても、そこに居合わせた人が蘇生術を試みることで、社会復帰の確率が2.59倍高まることが、わかった。総務省消防庁のデータを石見拓・京都大助教らの研究チームが解析した。一般の人による蘇生が子どもにも有効だと示せたのは、世界でも初めてという。

 主な蘇生術には胸を押して血液を脳に送る胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸の二つがある。子どもでは大人と違って、胸骨圧迫だけよりも、人工呼吸を併せた方がいいこともわかった。

 2005年1月~07年12月、病院外で心肺停止になった17歳以下の5千人以上の例を検討。倒れた場所で、居合わせた人から心肺蘇生を受けたのは2439人。1カ月後、後遺症をほとんど残さず学校などに復帰できたのは110人だった。

 蘇生を受けなかった2719人では同53人。病院到着までの時間といった要因を考慮すると、蘇生がある場合の復帰率は2.59倍となった。

 倒れた主な原因は、水におぼれるなど心臓病以外のトラブルで、全体の7割。この場合、1歳以上の子に胸骨圧迫と人工呼吸を併せた時の復帰率は7.2%で、圧迫だけの時より5.5倍高かった。心臓が原因の時は差がない。

 成人では、胸骨圧迫だけで人工呼吸を伴うのと同等の効果があることが、国内外の調査でわかっている。石見助教は「教育関係者や家庭の親など、子どもと接する人には人工呼吸を含めた蘇生法を身につけてほしい」と話す。結果は英医学誌ランセット電子版で報告した

http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201003170227.html


成人の講習会では 3つのプッシュが大切といっています
119へプッシュ 胸骨をプッシュ そして AEDへプッシュ
それは成人の場合 心臓が原因の割合が高くポンプの役割を果たさず、
全身(特に脳)に血液を送れなくなることによって死亡するので
「まず通報」して救急車の手配をしてから胸骨圧迫やAEDの使用ということをおねがいしています

しかし 子供の場合は倒れる(意識を失う)瞬間を見てなければ、
「呼吸が原因では??」と疑い、人工呼吸&胸骨圧迫をした方が、復帰率が高くなります
そして できれば通報の前に 2分間の人工呼吸&胸骨圧迫をした後、119番通報が良いのです
が 蘇生法に夢中になって通報を忘れるということだけはやめてくださいね
こういう場合でもやはり そばにいる人みんなでチームを組むことで すぐに蘇生法を始められるし
同時に119に通報できますよね 

そしてぜひ 感染防止として とくに学校関係の先生たちには
携帯フェイスシールドをぜひ持ってほしいと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。