スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいニュース

バスケ部活中に倒れ高2男子死亡
 
24日午後0時40分ごろ、千葉県柏市の市立柏高校で、2年の男子生徒(17)がバスケットボール部の活動中、意識を失って倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 柏署や同校によると、男子生徒は午前11時40分ごろから部活動に参加。顧問の男性教諭2人の指導で学校周辺を約3・8キロ走った直後に倒れた。柏署が詳しい状況を調べている。

 岡崎勉教頭は「生徒に持病はなく、安全管理にも問題はなかった」としている。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100224-OHT1T00268.htm

死亡:部活中に生徒倒れる AED使用も回復せず--柏高 /千葉
 
24日午後0時50分ごろ、柏市立柏高校(高林直樹校長)から「部活動中に生徒が倒れ意識不明になった」と119番があった。救急隊が駆けつけると2年の男子生徒(17)が心肺停止状態で倒れており、病院で死亡が確認された。柏署は急性心不全の可能性が高いとみて調べている。

 学校などによると、男子生徒は午前11時40分から約1時間、筋肉トレーニングと約3・8キロのランニングをした直後の午後0時40分ごろ倒れたという。意識がなく脈拍が止まっていたため、教諭2人がAED(自動体外式除細動器)を4回使って救命活動をしたが、心肺機能は回復しなかった。男子生徒の保健記録では健康状態に問題はなく、持病などもなかったという。【中川聡子】

http://mainichi.jp/area/chiba/news/20100225ddlk12040180000c.html

悲しいニュースを聞いてもせつなくてすぐブログに書くことができませんでした
記事を読むとそばにいた先生たちが救命活動をおこなっていました
それでもつながらない命がある・・・

だったら 救命者に対してのリスクを考えるとなにもしなくてもいいんじゃないか
きっと そういう声があるかもしれません

でも でも でも なにもしなかったらなにもはじまらない
なにもしなかったら ただ 見送るだけ・・・
もしも 1%でもつながる可能性があるのならそれにかけてほしい
どうか 戻ってほしい 
大切な人なら もう一度 声が聞きたい もう一度 私を見てほしい
そして もう一度 抱きしめたい
そう願うと思います
どうか 助からなかったら同じじゃないかなどと思わないでください
同じではないのです 
そこにはたしかに愛があったのですから 

その愛と勇気で目の前の命と向き合った先生たちに
どうかあたたかい拍手をおくってあげてほしいとおもいます


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。

助かる命を救いたい!
がむしゃらに「AED]で突き進んできました。

AEDの普及も進み、次の段階に進んだ気がします。
AEDで救えない命がある事も事実!
我々も、救護活動において
「もし、救命に失敗した時の心のケアも考えておいた方が・・・」
という話も出てきています。

「人が人を助ける!」当たり前になって欲しいと思います。
AKIさんのブログ(1年ぶりの更新)でも
子供に対する「命の教育」も考えさせられます。

No title

菰野@会計 さん

AEDに対する技術講習会は今まで以上に開催されるようになったとおもいます しかし とても大切なことは救急車が傷病者を搬送したあと 一人のこる救助者の心の問題です
きっと この先生たちも アフターショックとなっていないかとても心配です そういう状態で外野があーでのない こーでもない 無責任な対応をとっていたら せっかく根付こうとしている救命の意識がくずれていくのではないでしょうか 
一般の人たちへはケアも含めて 救命においてはすべてオッケーだということ まずは拍手を贈り勇気をたたえる必要があるのではないでしょうか そして ともに救命を考える 命をつなぐことをともに考えていくことが必要だと思います 

No title

結果はともかく、拍手を送りたいと思います。
プリティー長島さんの講演から考えると
素晴らしい行為だと思います。

我々一般人は、救護活動において
責任を問われる事はありません。

最善を尽くした結果です。

応急手当されない事の方が問題ですね。
約30%だった応急手当の実施率も
48%に上がり、応急手当の意識は高まっています。
しかし、52%の方が応急手当を受けていない事実!






No title

半分以上の方が講習会を受けられていない
これまでのことを考えたら たしかに意識は上がってはいるのです
でも これを広めていくにはやはり 小学校からの学校教育での講習会ということにつながっていくと思います
小学校の子供たちへとなると 技術講習会というよりそれを含む命の講座ということになるんでしょうね
救命という二文字 奥が深すぎますね
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。