スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLS教育 確かな一歩


救命、全市立小で新年度から講習 家族にも伝え態勢強化…大阪・豊中


大阪府豊中市は8日、2010年度から全市立小学校で救命講習を行うと発表した。全国初の試みといい、小学生の頃から命の大切さや救命技術を身に着けてもらうことで、救命態勢を充実させる。

 「ジュニア救命サポーター事業」。小学5年か6年生を対象に、上半身だけの人形などの簡易キットを使って、救急救命士が心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)の使い方を指導。講習は授業1コマ(45分)、修了した児童はオリジナルの受講証が贈られる。

 市では、児童に簡易キットを貸し出し、習った救命技術を家族に広めてもらうほか、専門家と連携して、全国基準となる、小学生向け救命講習のカリキュラムづくりも目指す。

 消防庁の統計などによると、管内人口10万人以上の消防本部のうち、豊中市は、面積に占める救急車や救急救命士の数が1位。市民が目撃した心臓疾患による心肺停止の症例のうち、1か月後まで生存が確認された割合を示す救命率は23・7%で、都道府県で1位の富山県(17・6%)より高い。覚知から救急車の現場到着までの平均時間は4・2分と、全国平均(7・1分)よりかなり早い。

 市は、10日の消防出初め式で〈救命力世界一宣言〉を出して、トップクラスの救命環境を市民に広くアピールしたい考え。浅利敬一郎市長は「多くの市民の協力を得て、安心安全のまちをさらに推進したい」と話している。

http://osaka.yomiuri.co.jp/edu_news/20100109kk02.htm


新学習指導要領の中に平成24年からつぎのような記載が入りました

文部科学省HP 新しい学習指導要領にあります保健体育より
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/chukaisetsu/index.htm

『 心肺停止に陥った人に遭遇したときの応急手当としては, 気道確保,
人工呼吸, 胸骨圧迫などの心肺蘇生法を取り上げ, 実習を通して理解できるようにする。
なお, 必要に応じてA E D ( 自動体外式除細動器) にも触れるようにする。』
今回の改訂で『実習を通して』という一文が盛り込まれました。


授業の中で繰り返し 技術とともに なぜ 人を救うのか 
なぜ 命が大切なのか 
平和な日本において 命があって当たり前の社会において
人として 目の前の命にたいしてなにができるのか
自分の持つ手と心しかない場所で なにができるのか
年齢に応じて ゆっくり たしかに伝えていく
それは10年先 20年先にしかみえてこないことだけど
いま はじめなければ と子供を失った母は思うのです
全国の校長先生 どうか お願いします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね。

少しづつ、教育の現場も変わっていってるんですね。
いい動きは、ほかにも広がってほしいですね。

No title

pacemaker0714さん

すこしづつですが 無理のなり変わり方をしてほしいと思っています
子供たちにもゆっくり 年齢に合わせた命の教育を伝え 気がついたら身についていた そういう教育が理想ですよね
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。