スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日へつなぐいのちのバトン

こんにちは、HIGEです。

本日はBLSとAEDの普及に関する漫画が掲載されたコミック誌のご紹介です。

本年1月、都内神田にて開催された「AED普及啓発シンポジウム」ならびに同シンポジウムの後に開催された、さくらさんと輿水先生を囲んでの懇親会にご参加くださった漫画家の河崎芽衣先生の読み切り長編(100ページ)作品が、12月3日に秋田書店から発売される主婦向けコミック「フォア・ミセス1月号」に掲載されます。

芽衣先生は以前にも、さくらさんこと川崎真弓さんの活動を描いたドキュメンタリー「千の風とともに~Hello Again」という作品も同誌に発表されています。
(この作品は天国にいるわが子への中に掲載されています。)
http://www.akitashoten.co.jp/index2.html
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%93V%8D%91%82%C9%82%A2%82%E9%82%ED%82%AA%8Eq%82%D6%81@%8FH%93c%8F%91%93X

作品のタイトルは、「明日へつなぐいのちのバトン」というタイトルで、巻頭カラーで掲載されるそうです。
物語の多くは、様々な実話に基づいたノンフィクションで構成されています。

作者である河崎芽衣先生にお聞きしたところ、本年1月に開催された神田でのシンポジウムと、その後の懇親会に参加した際、ご参加していた多くの皆さんの「命のバトンをつなげたいと願う熱い想い」に触れ、「私にも何かできることをしたい。」と強く感じたことが今回の作品の執筆につながったそうです。
執筆に際しては、私が毎年夏に開催している「エルトラックサマーキャンプBLS講習会」もご見学なさり、丁寧な取材をなさっていらっしゃいました。

(神田シンポジウムの詳細はこちらをご覧ください。)
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hige/TOKYO-SINPO.HTM


ということで 心臓震盪や心肺蘇生法についてかかれてますコミックが発売されます
河崎芽衣さんとはすごくご縁があって 現在 沙織は芽衣さんちのアシスタントとして居候させていただいてます
 実は沙織は漫画家さんのアシスタントになるのが夢でした その夢を芽衣さんがかなえてくださいました
 取材にこられたときにそのことを知った芽衣さんは快く「じゃーうちでアシスタントしてもらいましょう」と
 沙織の写真を持って帰ってくださいました
 その後 ずっと写真をおうちにおいてくださって いろんな取材にもつれていってくださり
 今年は富士山にもつれていってくださりました 
 親としてありがたいことだし 芽衣さんの優しさに頭の下がる思いです

その芽衣さんを今年2月に東京シンポジウムにお誘いし そのときに輿水先生や岩田さんをご紹介しました
心室細動となる可能性として スポーツの時に起こりうる心臓震盪 
これは予防することで防げることだと思います
しかし なかなか普及にはいたっていませんし スポーツする人たちの救命に対する意識が薄いように思います 
スポーツをがんばる人たちは自分の体に自信があり 鍛えることばかりに目がいってますが
人の体は神の領域ですからね
その神の領域から守るためには予防し 予備知識を持つことだと思います
そのことを漫画として わかりやすくストリーに仕上げてくださいました

どうか 身を守ることを覚えてください
仲間の命を救うためにできることを覚えてください
そして 仲間たちと共に同じ時を生きてください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。私は福島市在住46歳既婚男性で後藤明信(ゴトウ アキノブ)と申します。  実は先月3日に中1の二男を亡くしました。サッカー試合中の突然死でした。何が起こったのか今でも理解しきれてませんし、悔しさと辛さの日々を家族全員送っております。  ネットで同じ様な経験をなさっている方のサイトを探しては読ませて頂いておりますが、今回さくら様のブログに行きつき、「神田シンポジウム」での講演を読ませて頂きました。そしたら私の二男と非常に似た状況だったので、思わずコメントさせて頂いております。  二男は、3日の朝サッカーの試合にいつものように出かけていきました。午後私の携帯にクラブの代表者から「痙攣起こして心肺停止で、今救急車呼んでます」という恐ろしい電話が入りました。AEDはというと≪グランドから100Mほど離れた管理棟にある≫為コーチが急いで取りに行ったそうですが、結局AEDを使ったのは到着した救急隊員だそうです。その後ドクターヘリで大学病院に搬送されましたが、一度も呼吸再開しませんでした・・・まさにわけのわからない突然死でした。
息子は検診で一度も引っかかったこともなく、スポーツ万能で陸上部ではないのですが、福島市の大会で100M走優勝もしましたし、サッカーも、俊足で中1で172cmの長身という身体能力、それにテクニックもありチームの中心選手でした。間違いなく県内のサッカー強豪高校からオファーがくる存在と誰もが認めていました。それなのに何故?当日もいつもと変わりなく出かけて行ったのに・・・
原因が分からないままにしておけない、ずっとこれからもどうして?何故?っていう状態にしておけないと思い、断腸の思いで病理解剖してもらいましたが、結果は「わからない」でした。ただ、今も細胞レベルでの検査は継続中で、「細胞レベルでは基礎疾患があるかもしれない。もしあればそれが原因。但し、細胞レベルでもわからないかもしれない。」と言われてます。 また「もしAEDがベンチにあったら助かった可能性はありますか?」の問いには「可能性はあった」とのことです。 AEDは管理棟にありベンチまで往復2分位はかかる・・意味ない!! そもそもAEDって1秒でも早く使用して初めて効果のあるものですよね?備え付けてあるだけでは全く意味がないし、これって突き詰めれば国が指導徹底しないからこうなったんじゃないかって、今は国が息子を見殺しにしたっても考えてしまいます。    スポーツだけではないのですが、せめてスポーツの現場ではベンチなりなんらり即AEDが使える状態にしておかないといけない・・切実と思います。    さくら様の思いも私の思いもおそらく同じだと思います。私なんかでも、もし何かのお役に立てるなら立ちたいと思います。息子の為にも・・・     福島市・後藤明信  

No title

後藤様

はじめまして 管理人のsakuraです
そして 沙織の母親です 
最愛のお子様を旅立たせてからまだ一ヶ月あまり ・・・・・本当に
なぜ なぜ なぜ それだけです 
うちの娘も病歴などなく それほど速くはないのですが中学校では陸上部でしたから 周りの知り合いも亡くなったのが沙織だとだれも信じてくれないほどでした

お話からすると AEDが到着するまで心肺蘇生法はおこなわれていなかったのではないでしょうか 心肺蘇生法が継続しておこなわれていればAEDによって蘇生の可能性が大きくなります 

AEDはあれば万全ではありません あってもつながらないこともあります

今はAEDがあれば という思いから そばにいる人が「なにかしてあげよう 命をつなげたい」という思いをもってほしいと思っています

これからがお辛いと思います 
人に聞いてもらうことで少しは落ち着くこともあります
よかったら  sakuraroom@ej.chu.jp にDMいただければと思います

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。