スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命ボランティアREM

秋の森疾走、勝山クロカンマラソン 1416人が健脚競う

第5回勝山恐竜クロカンマラソン(勝山市、市教委、実行委主催、福井新聞社共催)は25日、福井県勝山市のかつやま恐竜の森(長尾山総合公園)の遊歩道を中心としたコースで行われた。県内外から健脚自慢1416人が出走、アップダウンの続く木立の中を駆け抜けた。

 県立恐竜博物館に隣接する芝生広場で開会式が開かれ、大会長の山岸正裕勝山市長が歓迎のあいさつ。第1回大会からゲストランナーとして参加している元五輪銀メダリスト君原健二さん(68)に「かつやまマラソン大使」を委嘱した。

 倉橋光一福井新聞社営業副本部長ら来賓が厳しいコースに挑む選手たちを激励し、前回大会まで3連覇中の鯖江市の加藤智江さん(53)を特別表彰した。5年連続で出場している勝山市の村田浩顕さん(45)家族5人が元気よく選手宣誓した。

 小学1年親子、2年親子2キロの部を皮切りに3、5、10キロの30部門が次々にスタート。君原さんは2キロ親子の部と10キロの部に出走し、一緒に汗を流して交流した。

 朝からさわやかな青空が広がり、コースが日陰に入ると心地よいほど。乾いた路面も走りやすく、杉木立にランナーたちの息づかいと声援の声が響いていた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=8800

F1020181.jpg

本当にさわやかなマラソン日和の一日でした
歩くだけでも息のきれる山道を元気に駆け上がってくるランナーたち
汗いっぱいの苦しい顔
親子で走ってくるほほえましい光景  
人間ってすごい 
生きるってすごいな~と思いました
救護をわすれるくらい感動してました

アップダウンの山道ゆえに転ぶランナーが何人かいて
救護室は傷の手当ににぎわっていました
走り終えたランナーたちはそれぞれの思いを胸にかえっていきました
また 来年ね 

その言葉 重いですよね また 来年 
一年は短いようでいろんなことがあります
来年もまた元気で走れるように心から祈ります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。