スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてオッケー

お手柄連携プレー、室蘭イタンキ浜でサーファー助かる

サーファー、看護師、救急隊員の連携プレーが40代の男性サーファーの一命を救った。

事故は、8日午前11時30分ごろ、室蘭市東町のイタンキ浜で起きた。サーフィンをしていた女性が、波に流されている男性を見つけた。「おぼれている」と周囲に救助を求めて浜辺に引き揚げた。

 男性は既に心肺停止の危険な状態だった。サーフィンに来ていた中に救急隊員と看護師がいた。すぐに心肺そ生を施し、他のサーファーは119番通報した。間もなく救急隊が駆け付け、AED(自動体外式除細動器)を2度実施。自発的に呼吸できる状態に戻った男性は、市内の病院に搬送され、現在、意識が回復しているという。

 現場は、岸から20~30メートル付近で波は穏やかだった。深さは約1メートルと浅かった。男性を知る人は「男性はベテランサーファー。おぼれるはずがない」、近くにいたサーファーも「波のない中で、急に倒れるように海に落ちた」と証言。「心筋梗(こう)塞(そく)のような病気では」と推測する。

 救助に協力したサーファーたちは「救急隊員や看護師による的確な措置と、周囲の人たちも通報などで協力してくれた」と胸をなで下ろしていた。

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2009/08/09/20090809m_03.html

海水浴の88歳男性が死 愛知

9日午前9時30分頃、愛知県蒲郡市三谷町大島の東浜海水浴場の沖合約10メートルで、同市形原町、無職鈴木利平さん(88)が急に手足をばたばたさせているのを、海の家の男性従業員(26)ら3人が見つけた。3人で男性を海岸に引き上げ、AED(自動体外式除細動器)で蘇生(そせい)を行ったが、意識が戻らず、同市内の病院で死亡が確認された。
 愛知県警蒲郡署の発表によると、現場は水深約1・5メートル。波はふだんよりやや高めだったという。鈴木さんは毎年1人で同海水浴場に来ており、この日は朝8時30分頃、「今年も来たよ」と海の家の男性従業員に声をかけた後、1人で海水浴を楽しんでいたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090809-OYT1T00458.htm


またまた 水の事故です
「おぼれるはずがない」 と言い切れるはずがないですね
やはり 自信のある人たちは慢心しがちです
これまでもなんともなかったからといって 今回も大丈夫ということはないと思います
ありえないことはいつだっておきる
ありえないことなんてないんだと思います

救急隊がもってきたAEDで蘇生できたのはとてもよかったですよね
時間がたてばたつほど後遺症もでてくるでしょ
海の家でのAEDの設置が臨まれます
しかし AEDがあっても悲しい結果になることもありますが
命の瀬戸際でそばにいる人たちが精一杯の愛をかけてくれたことは
残されたものにとっては前にすすめることができると思います

そして 忘れてはいけないのは救命の結果がどうあったとしても
救助にあたった人たちはその救命は正解だと思うことだと思います
命をつなぐためにがんばったのですから正解です
そして その心を次につなげてほしいと思います


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。