スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命チーム


沼津高専寮生会に AEDなど連係プレー、心肺停止の仲間救う /静岡
 
 沼津市大岡の沼津高専で、心肺停止した寮生の生命を仲間が連係プレーで救った。救命講習の成果を生かし、心臓マッサージとAED(自動体外式除細動器)で蘇生に成功。同市北消防署の長倉俊次署長が先月30日、同高専の寮生会に感謝状を贈った。

 同24日午前6時50分ごろ、同高専のグラウンドで寮生同士でサッカーの試合をしていた時、副寮長の浜村功さん(4年)がシュートを放ったあと座り込むように倒れた。吉川英世さん(同)が駆け寄ったが脈も呼吸もなかった。

 吉川さんは「AEDを持ってきて!」と叫び、講習で習った心臓マッサージを始めた。寮長の遠藤修平さん(5年)は学生寮管理棟からAEDを持ってきて、浜村さんに対して操作。その間に宇佐美力也さん(4年)が携帯電話で消防に状況を説明し、森公哉さん(3年)と伊藤大輔さん(4年)は救急車を最短距離で現場へ誘導した。

 5人とも寮の役員として昨年8月に寮主催の救命講習を受けていた。遠藤さんは「まさか自分が使うとは。周りのみんなが心強かった」と振り返る。浜村さんは病院で治療を受けたが後遺症もなく、現在は検査入院中だ。

 長倉署長は「救命の連係の素晴らしい事例」とたたえる。市消防本部によると、市内で一般市民がAEDを使って救命したのは初めて。【安味伸一】

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090203ddlk22040113000c.html

AEDで子供を救おう のく~ちゃんさんから情報をいただきました
く~ちゃんさんがこの記事の中で一番感心されていたのは「救急車を最短距離で現場へ誘導した。」ということ
私もこれを教えてもらったのは上級講習会だったように思います
救急車の誘導 これが救命への時間短縮のかぎですよね

そして 私が一番よかったな~と思ったのはサッカーの仲間たちが自分たちで「救命チーム」を作り上げたこと 
娘が倒れたときもまわりにはたくさんの先生や仲間たちがいました
でも 見てるだけ なにをしていいのかもわからなかったのです
あれから7年 
人の意識をかえることから考えたら 救命意識はすごいスピードで高まってると思います
一次救命は医療ではなく 人としてだれでもできることだと思います
知ることでできるとおもいます

自分たちの仲間たちの命を守る 
試合に勝つことが同じ目標であるように そのためには誰一人もかけることはできないと思います



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。