スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14年前


14年前の朝 5時46分 大きな揺れがあった
飛び起きた 地震! おきて 地震と大騒ぎをしたことを覚えてる 
その日は主人は出張ででかけていて 子供3人を守らなければと気をはっていたのかもしれない
小学生の長男が冷静に外をみながら 「これ 震度4にちかいよね」
下のちびも起きてきた が 横で寝ていた沙織はグーグー寝ていた 
なんという無神経な子だこと・・・ 起きなさい!地震よ 余震がくるかもしれないよ

すぐにテレビをつけると 神戸 大阪あたりが震源らしいことがわかった
テレビから流れるニュースのたびに 震災の大きさがひろがり 死者の数がどんどん増えていた
6434人の方が亡くなられた
家族を失った人 最愛の伴侶を失った人 親を亡くした子供たち そして 子供を亡くした親たち
それぞれが地獄の14年だったと思います
4年まえ 本屋さんで震災から10年たったとき震災で遺族になった方たちの本を手に取りました
家族全員なくしたお母さんの「これからは私の人生を歩んでいきます」という言葉をみつけた 
それでも「私の人生」などあるんだろうか・・・と心に残った
でも その言葉はずっと心の片隅で消えずに私を前に進むきっかけになったのかもしれない 

兵庫の河村先生が「愛する人を救えますか?」とよびかけ 震災ですべてを失った人たちは
それでも 人と人はつながってるとそばにいる人たちを救うのは私たちだと救命について
どんどん講習会が開かれたそうだ
形あるものはいずれなくなっていくが温かい心は語りつながっていく
生き残ったものの宿題だろうか

同じ目線の体験、児童に伝える──阪神大震災当時小学生の新人教諭
小学生の時に阪神大震災を経験し、昨年小学校教諭となった女性が、教諭として初めて迎える「あの日」を前に16日、勤務先の全校児童に自分の震災体験を話す。14年前、登校できずに過ごした不安な日々、半月ぶりに見た友の笑顔――。「当たり前のように友人に会える生活が、幸せであると伝えられれば」と考えている。

 兵庫県芦屋市立岩園小学校の教諭、林温子さん(23)は、同市内の小学3年の時、被災した。自宅マンションの被害は軽微だったが、同じ市内の祖父母の家が全壊。避難所となった学校は休校になり、約2週間を自宅で過ごした。「早く友達に会いたい」。思わず学校に様子を見に行ったこともあった。

 学校が始まってもクラスメートは半分ほどしか集まらず、当時の作文には「早く皆そろって百人一首がしたい」と書いた。この作文は今でも大切にしている。担任教諭が子どもたちを元気づけようと遊んでくれたことも印象深い思い出だ。液状化現象で泥だらけの校庭の隅で皆で遊んだ大縄跳びも忘れられない。

 大学1年で進路を決める時、脳裏に浮かんだのはこの時の心象風景。「あの時の先生のように、子どもたちが学校を楽しいと思えるようなクラスをつくりたい」

 夢を実現し、昨春、岩園小に赴任、2年生の担任に。昨年末、受け持ちの児童35人に震災体験を話す機会があった。

 「地震の瞬間は怖くなかったけど、つぶれている建物を見て悲しくなったよ」。林さんの言葉に真剣な表情で耳を傾ける子どもたち。「先生のおばあちゃんたちは無事だったんですか?」「揺れはどのくらい続いたんですか?」。教室中に質問が満ちた。

 話をするまでは「震災を知らない子どもたちには難しいかもしれない。ちゃんと聞いてくれるだろうか」と不安もよぎったが、手応えを感じた。

 16日は震災を学ぶ「防災集会」で、1年生から6年生までの約770人を前に再び体験を話す。今回は人数が多いうえ、年齢も幅があるが、「話のすべてが理解されなくてもいい。震災を学ぶきっかけになってくれたら」と意気込む。

 子どもたちは当然全員が震災後の生まれ。親の世代も、移動などで震災体験のない住民が増えている。同校の36人の教諭の中で、児童と同じ年代に震災に遭遇した人は少ない。次の世代に語り継ぐために教師として何ができるか。林さんは「児童と同じ子どもの時に震災を体験した自分が話すことで、1人ひとりが震災について自分なりに考えてくれたらうれしい」と話している。
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news004492.html



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK阪神・淡路大震災秘められた決断

逃げるのか? 罵声を受けられた消防士さんや行政関係者 最後の方で市民自らの防災意識改革の重要性が報じられたと思います。水・食料・トイ...

阪神大震災14年:的確な行動と判断を 各地で防災訓練 /奈良

 ◇災害時の避難・救命学ぶ  阪神大震災から17日で14年。県内でも16日、大和郡山市や香芝市で防災訓練があり、災害時の避難や救命処...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。