スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい情報番組を

学べるニュースショー

大切な人の命を救うための!AEDの正しい知識
最近街角でよく見かけるようになったAED。あなたはちゃんと使えますか・・・?
突然、目の前で大事な人が心肺停止に陥ったら!?命を救えるのはあなたしかいない!
全国でAEDにより助かった事例と共に、学ぶべきAEDの正しい知識を紹介します。

初めての人でも操作できるように、AEDには音声ガイダンスが付いている
普段からAEDの設置場所を覚えておくと、不意の事態に対応できる
電気ショックが必要かどうか、AEDが音声で判断してくれる。
必要でなければボタンを押しても電流が流れないようになっている


http://www.tv-asahi.co.jp/manaberunews/contents/review/cur/index.html

 
スポーツ救命救急」のHIGEさんからのお知らせです

本日、テレビ朝日系列19:00より放映された「学べるニュースショー」の内容について、一部誤解を招くような内容がありました。

1、AEDは「止まった心臓」に電気ショックを与え蘇生させる機械ではありません。

 番組において「AEDは止まった心臓に電気ショックを与えて蘇生させる機械である。」という表現がありましたが、これは適切な表現ではありません。
 AEDは、心停止直前に発生している「心室細動」や「無脈性心室頻拍」に対し、電気的な刺激(電気ショック)を与え、細動(ケイレン)を取り除き、心臓が再び正常な拍動を取り戻すための手助けをするための機械です。
 心臓が正常な拍動をしていない、これらの状態も広義には「心肺停止状態」といいますが、心臓の拍動が完全に停止してしまった状態である「心静止」とは区別され、「心静止」状態でAEDを装着しても「ショックが必要です」というメッセージは流れず、電気ショックは実施できません。
 よって「心静止」状態になった方を蘇生させることはできません。「心室細動」を起こしてから数分間で「心静止」に至りますが、「心室細動」の発生から「心静止」に至るまでの間に使用するという表現が適切です。

2、救急車の最新全国平均現場到着時間は「6.9分」です。

 119番通報してから救急車が現場に到着するまでの平均時間を「6分30秒」と放送していましたが、最新の調査結果では「6.9分」であり、約7分です。
 心室細動発生から、約7分もの間、何の応急手当もなされない場合、心室細動は停止し心静止となってしまう場合が多いことから、倒れた方の傍にいる方(「バイスタンダー」といいます。)による早期の心肺蘇生法(特に「胸骨圧迫心臓マッサージ」)とAEDの使用が「救命」には重要となってきます。

3、AED使用前後の胸骨圧迫心臓マッサージが重要です。

 番組の再現シーンの中で、AEDを取りに行くまでの間、倒れた傷病者に何の応急手当もせず、AEDのみを使用しているような場面がありましたが、現在のBLS(一次救命処置)の世界基準である「ガイドライン2005」では、AED使用前と使用後の心肺蘇生法、特に「胸骨圧迫心臓マッサージ」が最も重要であることが明記されています。
 番組内で紹介されていた新潟県のプールにおける5歳女児の救命事例では、AEDしか使用されていないような再現シーンでしたが、当時の記事(下記参照)のとおり、AEDだけではなくBLSも実施されています。

【当時の記事ここから】
◆AED、おぼれた女児の命救う=一時心肺停止、監視員らが使う-新潟◆
 26日13時25分ごろ、新潟市中央区の新潟市鳥屋野総合体育館プールの25メートルプール(水深1-1.2メートル)で、同市中央区の女児(5つ)がおぼれた。
 女児は一時心肺停止に陥ったが、監視員らが自動体外式除細動器(AED)や人工呼吸などの蘇生(そせい)措置を行った結果回復、命に別条はないという。【記事ここまで】

 また、番組内で引用されていた心肺停止からの時間経過と救命の可能性を示す「救命グラフ」も、倒れてから何の応急手当もなされなければ、曲線のとおり急降下していきますが、胸骨圧迫心臓マッサージなど、適切なBLSが早期に開始されることによって、ゆっくりと降下していくことが前記の「ガイドライン2005」に唱われています。

以上のことから、番組内では、あたかもAEDさえ使用すれば誰でも簡単に救命ができるような表現がされていましたが、「AEDだけでは救えない」ということ、AEDが倒れた傷病者の元に届き、解析を開始するまでの心肺蘇生法(特に胸骨圧迫心臓マッサージ)と、電気ショックを実施した直後からの適切な「胸骨圧迫心臓マッサージ」があってこそ、「命」を救えるということをどうかご理解頂きたいと思います。

4、解析開始~ショック実施時には、必ず傷病者から離れましょう!

 番組内では、「AEDが心臓の動きを調べはじめたら傷病者から離れましょう。」という注意事項のみしか放送されませんでしたが、心臓の動きを調べることを「心電図解析」といいます。心電図解析の結果、電気ショックが必要な心電図波形(心室細動など)だった場合、はじめてAEDは自動的に充電を開始し、電気ショックの準備を開始しますが、この時、AEDの操作者はもちろん、周囲の人達が傷病者に誰も触れていないことを必ず確認してから電気ショックのボタンを押して下さい。
 再現シーンの中で、胸骨圧迫心臓マッサージ中にAEDで電気ショックを実施しているように見えるシーンがありましたが、AEDによる心電図解析開始時には、「心電図を調べています。患者から離れて下さい。」というアナウンスが流れます。このアナウンスの開始から電気ショック実施までの間は、「胸骨圧迫心臓マッサージ」は中断し、誰も触れていない状態となりますので、どうか誤解なさらないように注意して下さい。

 最近、フジテレビ系で放映されていた「コードブルー・緊急救命」というドクターヘリのドラマで、傷病者へ電気ショックを実施した際、傷病者に触れていた研修医が心停止になるというシーンが放送されていましたが、心臓にショックを与え、心室細動を取り除くだけのエネルギーが傷病者の体に流れる訳ですから、誰かが傷病者に触れていた場合には、同じような事故が起きる危険性があります。
 ですから、AEDを使用する際には、「解析開始」のアナウンス開始から「ショック実施」までの間は、AED操作者はもちろん、周囲の人が誰も傷病者に触っていないことを必ず確認した上で使用して頂きたいと思います。

5、プールや浴場などではパッド装着前に装着部位(前胸部)の水分を拭いて下さい。

 放送では紹介されていませんでしたが、プールや浴場などでAEDを使用する際、AEDのパッドを貼る前胸部が水で濡れている際には、パッドを貼る前胸部だけ拭いて水分を除去してからパッドを装着して下さい。
 濡れたままパッドを貼ってしまうと、本来ならば心臓に流れるべき電流が、濡れた前胸部の水分に流れてしまい、心臓への電気ショックの効果が下がってしまいます。

*************************************

 他にも細かい部分まで言えばキリがないくらいですが、取り急ぎ目に付いて注意を促さなければいけないと思った点のみ再度UPしました。

 テレビ放映は、「AED」を知ってもらうこと、その理解を深めてもらう点では効果的ですが、このようにあやふやな放送をされてしまうと、誤った知識の伝播に繋がります。
 過去にも幾多のAED関連番組がありましたが、今回のように訂正のUPをしたのは、この番組が初めてです・・・
 AEDは傷病者の「命」はもちろん、取扱いを誤れば、救護者の「命」にも関わってきます。通常、このような番組には医学的見地からコメントするコメンテーターなどに同席してもらうのが常識ですが、そうした配慮もなかったことが残念です。
 確かにAEDは、誰でも使用できるという簡便さが利点ではありますが、それのみに目を向けるだけではなく、使用に際しての「安全面」には十分配慮して頂くとともに、AEDの特番などを製作する際には、「命」に関わることを伝えるという自覚を持ち、しっかりとした医学的考証に基づいた正しい知識を伝える番組作りをして欲しいと強く感じました。

 参考までに、正しいAEDの使用法を動画でご覧頂ける「J-PULSE」のサイトを下記にご紹介致します。
 このサイトに行きますと「AEDを用いた心肺蘇生法」というコーナーがありますので、そこをクリックして頂きますと「ガイドライン2005」に則った正しいAEDの使用法が動画でご覧頂けますので、この動画をご覧頂き、正しいAEDの使用法をご理解頂きたくお願い致します。(なお、このJ-PULSEの動画ファイルはDLが可能ですので、DLして知識の習得をして頂ければ幸いです。)
J-PULSE
http://j-pulse.umin.jp/



適当なさくらはAEDを知ってもらうためにはよかったな~と思ってました
たしかに 番組中 ? ? と気にはなりましたが・・・
AEDが一般使用可能になって4年 適当ではすまされないですね
だめなものはだめといえるようにならなくてはーと反省しています
テレビ局のほうでも 問い合わせが多いようで事の重大性を改めて感じています
でも たくさんの方にみていただいて どこが問題なのかを改めて考えていくには
いい問題提議になったとおもいます
テレビをみて 納得された方もいらっしゃるとおもいますがHIGEさんの言われることを
今一度 しっかり聞いてくださいね 
そして 自分でなにが誤解をまねくようなことだったのか 確認してください
わからなかったら どんどん質問してくださいね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この番組、録画して家族全員で見ました。確かに色々と気になる点がありましたが、こうして、詳しく書いていただくと、また勉強になりました。
ただ、さくらさんと同様、少しでも多くの人が、まずは、その存在を知り、使う気になってくれたら、いいなと思いました。
家内の知り合いは、パッドを貼るところまでは、できたものの、やっぱりスイッチを押せなかったんだそうです。今回の番組はそういう方の、あと一歩の背中は押してくれるんじゃないかなと期待します。

娘は、黙ってまつてないで、心臓マッサージしなきゃ、って突っ込みいれながら見てましたが。心臓の位置も違うっていってました。(あれは、わざとわからない男性が違う場所を押す設定だったとは思いますが)

pacemaker0714 さん こんばんわ
娘さんの突っ込み うれしいですね 知らなければいえないことですからね
あの番組が 一般の人の背中を押してくれるようならいいのですが・・・
さくらの願いは命をつなげなければと一歩前に出てくれるようになってほしいと願っています そのためにAEDや心肺蘇生法 そして 応急処置を知ってほしい思っています

お久しぶりです。
この番組の予告では、AEDを多くの人に知ってもらうチャンスだ!と思い
自分のブログでも宣伝させてもらいました。
が、実際番組を見て正直がっかりでした。

勿論、『AEDは誰でも使える』『操作が簡単』と言う事は、
皆さん、覚えてくれたかと思いますが、
番組内容には、疑問な点が多すぎに感じました。

さくらさんの、言うとおりですよね・・・

いつも思うのですが、番組スタッフにAEDの使い方を理解している者は
居ないのでしょうか?
専門家からのインタビューとか流すわりには知らな過ぎ!!

メディアには、本当の事を伝えて欲しいです。
一時の視聴率アップの為だけに『AED』って言葉を
使って欲しくないのが、本音なんですけど・・・・^^;

さやさん 
まったくですね 報道するときにはもっとちゃんと調べてほしいですよね
でも おかしいと疑問をもってくれる人がいるということのほうがうれしいですよ
報道を鵜呑みにしないで ちゃんと自分で確かめる 
一次救命やAEDは医療や医学ではないのですからね
人として当たり前のこと それをわかってもらえたらと思っています

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。