スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設置率 

AED配備の学校4割 都道府県で格差大きく
1月24日20時41分配信 産経新聞


 心臓発作時に電気ショックで心臓の動きを正常に戻す医療機器「AED」(自動体外式除細動器)を配備している国公私立の幼・小・中・高校は平成19年度末で約4割の見込みであることが23日、文部科学省の調査で分かった。配備率は全般的に上昇しているが、都道府県格差が目立っている。文科省では「学校は地域の拠点でもあり、全校に配備してほしい」としている。

 文科省が昨年6~8月行った調査によると、19年度中に配備または配備予定の学校は40.0%(小学35.4%、中学58.2%、高校91.1%)だった。配置に費用がかかるため学校の数が多い小・中学で低かった。

 内訳は「配備済み」が24.5%(小学18.1%、中学38.3%、高校67.8%)、「配備予定」が15.5%(小学17.4%、中学19.9%、高校23.3%)だった。

 公立学校の都道府県別配備率をみると、富山(83.4%)をトップに埼玉、福井、山梨、東京の5都県が7割を超える一方、奈良(11.1%)、岩手、大分など7県が2割を割り込んだ。国公私立間での格差も大きく、国立は90.2%、公立が43.0%に対し、私立は26.6%にとどまり、私立の低さが目立った。

 文科省では「財政力や自治体の意識の差が数字に表れているようだ」として全校配置を求めている。

                   ◇

 ■AED(自動体外式除細動器) 心臓発作時に電気ショックで心臓の動きを正常に戻す医療機器で、人工呼吸、心臓マッサージと組み合わせることで救命に役立つ。費用は1台あたり数十万円とされる。平成16年7月の厚生労働省通知で医師だけでなく一般市民も使えるようになり、空港や駅などの公共施設で配備が進んでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080124-00000945-san-soci

北日本新聞 富山のニュースから
AED設置、県内51・2% 文科省全校調査、年度内には83・4%
2008年01月25日

 授業中や部活動中に心不全を起こすなどした子どもを救命するため、二〇〇六年度までに自動体外式除細動器(AED)を設置している国公私立の小中高校や幼稚園などは計一万二千九百五十校で、四校に一校に当たる24・5パーセントだったことが二十四日、文部科学省の調査で分かった。富山県内では三百八十五校のうち、半数を超える百九十七校が設置。設置率は51・2パーセントと全国で四番目に高く、〇七年度中に設置予定の百二十四校を含めると設置率は83・4パーセントで全国トップとなる。

 全校を対象にした調査は初めて。〇七年度中に、さらに八千二百八校が設置予定で割合は40・0パーセントになる見込み。文科省は「緊急時にAEDが有効という認識が浸透してきたのではないか」としている。

 学校種別の設置率は、高校の67・8パーセントが最も高く、特別支援学校65・5パーセント、中等教育学校59・4パーセントと続いた。中学校38・3パーセント、小学校18・1パーセントと学校段階が低くなると設置率も低下し、幼稚園はわずか3・4パーセントだった。

 富山県内では、高校が四十八校全てで設置。特別支援学校は十二校のうち十一校、中学校は65・1パーセントに当たる五十四校、小学校は40・5パーセントに当たる八十三校、幼稚園は三十七園のうち一園で2・7パーセントだった。

 公立学校を〇五年度に調査した結果で比べると、小学校は4・0パーセントから17・5パーセント、中学校は8・9パーセントから35・6パーセント、高校は22・8パーセントから67・5パーセントにそれぞれ増えた。

 都道府県別の公立校の設置状況では、〇六年度までに最も設置が進んだのは福岡県の67・8パーセントで、最も低い岩手県6・5パーセントとは十倍以上の開きがあった。

 石川、島根両県の小学校は一校も設置しておらず、取り組みに大きな差が見られた。

http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20080125/9641.html

ネットでは配信されてなかったのですが わが福井県は57% 全国3位でした
福井新聞から抜粋させてもらうと

内訳は幼稚園 43.8% 小学校51.7% 中学校67.5% 高校100%
07年度中に設置する予定の学校をあわせると割合は78.5%になる見込み

全校を対象にしたものとして06年度までに設置している学校は4校に1校にあたる24.5%
07年度中に設置予定をいれると40.0%と上がってくる
文部省は「緊急時にAEDが有効という認識が浸透してきているのではないか」としている

ただ 他の新聞も記載しているが岩手県の6.5%を最下位とし 石川 島根両県は小学校に一校も設置しておらず 大きな格差が見られる

としている
この数字は意識の格差ともいえると思います

学校現場において 体育の授業や部活 課外授業など机に向かうだけでなく
仲間と共に体験し体を鍛えることで精神を育成していく
これは家庭ではできないことだと思います
しかも 学校においては親は身近にいることは不可能です
親だからといって子供を守ってあげれないこともあるのです
学校において緊急時に有効なAEDをおくことは当然だとおもいます
そして AEDをおくことで見えてくるものがたくさんあることを
しっかり理解してほしいと思います 
そのために学校教育でのBLS教育導入が必須だと思います
もちろん 家庭でもAEDについて 命について他人を思いやる心を
少しでも話あい 使い方を親子で学んでいってほしいと思います
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文科省の調査結果

さくらさん今晩は。岡山の久我です。
鯖江のおかみさん会ではお世話になりました。

文部科学省の調査結果「学校における自動体外式除細動器(AED)の設置状況調査」(PDF原文)
は、以下の三重県のホームページにアップされているようです。
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2008010274.htm
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/200801027412.pdf
まだまだ小学校での普及率が低いです。
さくらさんの言われている通り、学校教育でのBLSの教育導入が必要だと思います。
昨年岡山県の北の地方にある小学校で付近の小学校の先生に対してのNPOのボランティアAED講習に伺ったことがあります。各小学校からたった一人づつの参加でしたが、こられた先生方の意識は高く、子供のために最善のことをしたいと熱心に学ばれていました。私は校長先生にもっと多くの先生に参加していただくようお願いしました。一部の先生を除いてまだまだ意識は低いのが残念です。

この前以下のニュースが流れました。
信濃毎日新聞[信毎web] 1月9日(水)長野県内のニュース
「2005年に下伊那農業高校(飯田市)1年の野球部員男子=当時(15)=が
練習試合で胸に打球を受け、「心臓振とう」を起こして今も後遺症があるのは引率教員
の救命処置が遅れたためとして、男子とその両親が8日までに、県を相手に慰謝料など
総額約1650万円の損害賠償を求める訴えを地裁飯田支部に起こした」

取り返しのつかない事を防ぐために、私も地元での啓蒙活動に励みたいと決意しています。

久我さん 返信が遅くなりましてすみません
鯖江ではお世話になりました
ありがとうございました

学校教育への導入は必須だとは思うのですがそれを先生に全部押し付けるのは酷だとおもうんですよ
今 ゲストティチャーとか非常勤とかのわくで外部からの教育者を導入することも一つの手だとおもうんですよ
誰でも気持ちはあっても あれもこれもとはかかえきれないとおもいます たすけあって できることをやっていく そういう姿勢も子供たちにつながりをおしえる良い機会だとおもいます
裁判は最後の手段です きっとそこにいくまでに辛い思いをされたんだと思います 勝っても負けても辛いものです
憎しみからは愛はうまれませんからね
そのようなことがないように・・・声をだしていきましょう
また お力をお貸しくださいね
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。