スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育の差でしょうか

横浜市:中学生がレスキュー隊結成

横浜市保土ケ谷区で、災害時などに応急手当を行う中学生が「がやっこレスキュー隊」を結成、今月から訓練に取り組んでいる。参加する中学生は「困っている人を助けたい」と意気込んでいる。

 今年四月、同区が震災時避難場所に指定する四中学校から隊員を募ったところ、約二百人が集まった。夏休みを利用して、今月から集中訓練を開始。三十日まで、同区の職員と消防署員の指導で、心肺蘇生(そせい)法や物干し竿(ざお)と毛布を使った簡易担架の作り方などを学ぶ。

 将来は救急隊員になりたいという市立保土ケ谷中学校三年の木村栄貴さん(14)は、骨折などの応急処置に使用する三角巾(きん)の縛り方に戸惑いながらも、「けがをした人を助け、困っている人の役に立ちたい」と話した。

 訓練を修了した生徒には「がやっこレスキュー隊員」であることを証明する隊員証と、オレンジ色の三角巾が贈られる。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiaug0708484/

札幌:レスキュー隊員が婦女暴行と強盗

帰宅中の女性を乱暴し、財布などを奪ったとして、北海道警札幌中央署は24日、札幌市白石区南郷通、札幌市消防局レスキュー隊員、中沢祐介容疑者(28)を強姦致傷と強盗の疑いで逮捕した。

 市内では昨年4月以降、同様の被害が十数件発生し、中沢容疑者は余罪をほのめかしており、同署で追及する。

 調べによると、中沢容疑者は4月14日午前2時ごろ、同市中央区のマンション駐車場で、帰宅中のアルバイト女性(22)に後ろから近づき、「おとなしくしろ」と口を手でふさぎ乱暴、約5万円入りの財布を奪って逃げた疑い。女性は口を切る軽傷。

 中沢容疑者は「若い女性を襲いたい欲求が強く、借金も数百万円あった」と容疑を認めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000413-yom-soci


この2つの記事は AEDで子どもを救おうのくるみさんからの情報です
みなさんはどう読まれたでしょうか
私は中学生というと14歳ながらも人間として確立しつつあるのにたいして 
このレスキュー隊員は28歳ながら人という動物でしかなかった
そんな風に思いました
この差はいったいなんでしょうね
横浜の中学生が「困っている人を助けたい」と「がやっこレスキュー隊」を結成 中学生ですよ この世に生まれて14年です
子どもは本当に純粋ですよ いい子なんです
いろんな事件や事故に巻き込んでるのは後ろにいる親や環境ではないでしょうか
この子達がこの気持ちを持ち続けていける社会にしてあげることが
今の大人たちの責任ではないでしょうか
それに対して人って弱いものですね 
きっとこの隊員は「魔が刺した」んだろうとは思いますが
欲望のまま弱いものにたいしての乱暴や強盗など許されるものではありません
野生の動物でさえそんなあほなことはしません
動物以下です
この2つの記事をみて 「レスキュー」ってなに?と
おもわず検索をしてみました 救助と書かれていました
人は一人では生きられない 生きているようでたくさんの人に
支えられていると思います
「助け合い」は人を思う心がなければできません
その心を育ててきた過程がこの差をうんだのではないでしょうか
家庭での生まれてからの3年 幼稚園からの学校教育
体の成長とともにそれにそった心の教育 命の教育
絶対必要だと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大人が悪い見本を示し。子供が良い見本を示した。
余りにも違う「レスキュー」の意味だと思います。

私の地元の事件なのでとても恥ずかしいです。
欲望のまま生きる・・・欲望を持っても人に迷惑を掛けるなと言いたいですね。
大人なら尚更自制心を持って行動しなくては成りません。

子供の心は純真です。
それを汚してしまうのも大人の影響が大きいでしょう・・・。
真心を持って人と接する事をそして子供と同じ目線で話し掛ける事が必要だと思います。

むしゃくしゃしていましたが、横浜や和歌山の子供達に救われました。
学校の先生も子供の心を大切に育てて行って欲しいですね。
娘にはそういう部分を期待したいです。

いつも 情報をいただいてすみません
でも このニュースはぜひ みなさんに読んでもらいたいとおもいました 今日もネットで集まり何の罪もないひとをひどい殺し方をしたニュースで流れていました 
人生いいことばかりでは決してありませんが 辛いことがあったときやたらかみつくだけだったら それは人間ではありませんよね どうストレスを解消できるか それができることが動物との違いだとおもうのですが・・・ 
ピュアな子ども達をなんとか守っていきたいです

こんにちは、と久しぶりにのぞいて見ましたが、札幌にとんでもないレスキューが・・・・・同業者として、恥ずかしいです・・・
人命救助が仕事なのに、被害者の方の心にとんでもなく深い傷を残してしまうなんて・・・・・。最低ですね・・・・。
横浜の中学生のレスキュー隊は、最高です!!
すばらしいですね、救命を通して、命の大切さや人としてのあり方を追求して欲しいです。
また、救命に関することは、子供のうちから始めて、大人になった時に自然に救命処置ができるようになるといいですね。
何か、指針になるようなものがあるといいのですが・・・・・・
人は千差万別だから一筋縄では、いかないですよね。

千葉のボブさん おはようございます

>救命に関することは、子供のうちから始めて、大人になった>時に自然に救命処置ができるようになるといいですね。
さくらが願っているのはそういうことです
そばにいる知らない人が倒れたときでも体が自然にその人のそばにいって声をかけてあげる 救急車がくるまでのわずかな時間に自然に救命措置ができる そういうことは一日や2日ではできないことですよね 
だからこそ 学校教育での繰り返しのBLS教育が必要だと思っています 

難しい問題ですね

教師だろうが、警官だろうが何だろうが生きている
もの(余り表現良くないかも知れないですが。。)
本能を持っています、それを抑えるのが人間です。
それを制御するのが大人です。
ズバリ言うと性欲、食欲、睡眠欲は人間の本能だから
ある程度しょうがない事だとは思いますが人を
傷つけるようなやり方は断固として間違っています。
ただ、全ての大人がそんな人たちだけではないって事は
分かってもらいたいです。
救助する人間だからとかそう言う話ではないと思います。一人の人間としてのモラルでは。。。
横浜の話は今、僕の住んでいる所はAEDの設置がかなり遅れていると思います。少しは見習ってもらいたいと思います。若い人たちがどんどん取り入れて行く事により学校での事故死も防げるのではないかと思います。

がくさん こんにちわ
おっしゃるとおりです つまりは一人の人間としてのモラルですね 突然のことがあったとしてそばにAEDがあっても私には関係ないからと見てみぬふりをしていては救命率はあがらないことにもつながっていきます たった一人のあなたの命を守るためにすこしずつでも意識がかわってくれたらと願っています
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。