スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任せろ 海の安全

三国ライフセービングクラブ活躍

 夏真っ盛りの坂井市三国町の海水浴場で ライフセーバーの民間団体「三国ライフセービングクラブ」が 水難の未然防止にかつやくしている。
10年前のロシアタンカー重油汚染除去をきっかけに発足して9年目
7月にはおぼれた浴客を救助 
一命をとりとめ ”海の守り神”として感謝された。
メンバーは大半が冬場に同町の海でサーフィンを楽しむ県内の若者で20代から30代の男女約30人 オフの夏場にボランティア感覚でライフセービングを引き受けている
海水浴が急増する土、日曜日にはメンバーを増やし サンセットビーチへ5~10人 浜地へは2~3人が出動する
午前8時半に砂浜の清掃とミーティングから始め 海水浴客の遊泳や磯遊びを監視 ビーチの安全に気を配っている
(略)
海開き前には全員が消防署の救命講習会を受け 心肺蘇生法やAED(自動対外式除細動器)の使い方 止血法などを学んでいる 今年7月中旬にはサンセットビーチでおぼれ 意識がなかった県外の障害者をキャプテンの山村貴弘さんが心臓マッサージなどを繰り返し 一命を取り留めたこともある
(略)
大井代表は「欧米と違い日本のライフセービングは 実はボランティア頼み 数年前にはサンセットビーチで幼い子が水死する事故もあった 救助できる人材を育てることも必要だが 監視を通じ 未然に事故を防ぐことがクラブの大きな役割と思う」と話している (福井新聞より)


福井県坂井市三国町という海水浴場でのことです
砂浜での救助活動やけがの手当てなどのほかに 
迷子預かりや観光の問い合わせなど砂浜の“何でも屋”でもあるという
浜での救護となると 遊ぶ人は危険なことなど2の次できっと
楽しむことが第一だ
でも 海は大自然という魔物 危険と背中合わせだということを
しっかり認識しなければならない
楽しんでいるとき注意をされると腰をおられるような思いをするかもしれないが 
それは死を意味することだと素直に受け入れてほしい
彼らはボランティアで防げる事故 防げ得る死から守ってくれているのだから 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。