スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいニュース

学校プールで小1死亡=夏休みで開放中-福島

9日午後2時半ごろ、福島県相馬市中村桜ケ丘の市立桜丘小学校のプールで、同市中村高池前、同校1年阿部成秀君(6)がうつぶせに浮かんでいるのを、近くにいた児童が見つけた。阿部君は病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。県警相馬署は、阿部君がおぼれたとみて、詳しい状況や死因を調べる。
 調べによると、プールは縦25メートル、横15メートルで、水深は深い所で1.05メートル。阿部君の身長は113センチだった。
 同校によると、プールは夏休み中、土日とお盆を除き児童に開放。当時約40人が来ており、教諭2人と監視員2人が監視していたという。 

最終更新:8月9日22時1分


夏休みに入って楽しいはずの毎日が一変しましたね
もう 言葉もありません・・・悲しみより怒りがこみ上げてきます
朝のテレビのニュースでは次のように語っていました
ここの小学校はプール学習ではなく プール開放といって子供が自由に
遊びに来るというものです 
監視員は元給食職員を夏休みの間に臨時雇用 
25分遊んだら5分の休憩をとらせていたようです
発見者は遊びにきていた子供の親が
浮いている阿部君を発見したそうです

大切なことは 発見してからです
ありえないことはおこるのです でも その後の対応がとても
重要なんです
監視員に対して 救急法の講習会はしておらず
まして AEDはありませんでした
つまり なにもしていないのです
ただ あわてて 救急車を待っただけだったのでしょう
どんなに優秀な救命士でも止まった心臓は元にはもどせないのです
どんなに優秀な医師でも止まった心臓に命を吹き込むことは
できないのです
止まりかけた 止まった時間が短ければ短いほど
若い命は再び時を刻むことができるのです
それができるのは そばにいた人だけです!
むずかしいマニュアルを何冊つくってもなにもできないのでは
意味がないと思います

子供が浮いていた・・・ すぐに引き上げと同時に救急車の要請
心肺蘇生法の実施 絶え間ない胸骨圧迫と人工呼吸
戻れ 戻れと祈りながら
精一杯のこと してくれましたか?
そこに愛がありましたか?

ニュースの最後のコメントが「だれでも使えるAEDがあればと思いますね」
当然です AEDは万能ではないのですが救えた可能性は
あったと思います
今日 市の小学校の校長先生があつまり安全対策の会議が
開かれるそうです 
遅すぎ!ですが阿部君の死が無駄にならないようにお願いします 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。