スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜひ 受講を

AEDを正しく使える人は3割にとどまる

AED(自動体外式除細動器)に関して、その存在を知っている人は約9割にのぼるが、実際に使えそうな人は3割にとどまるという調査結果が出た。ライフネット生命保険が1月25~28日、全国の15~59歳に「AEDと救急医療に関する意識調査」というアンケート調査を実施し、1000人の有効回答を得た。


 「AED」とは、「Automated External Defibrillator」の略。心室細動を起こした心臓に電気ショックを与え、心臓の動きを正常なリズムに戻すための医療機器だ。最近では救命装置として広く設置されている。

この調査で「AED」が何であるか知っているかを、単語のみを示して聞いたところ、全体では「知っている」は88.3%、「知らない」は11.7%となり、約9割の人に知られていることが分かった。一方、AEDの正しい使用方法を知っているかを聞いたところ、全体では「知っている」30.2%、「なんとなく知っている」44.5%、「知らない」25.3%という結果になった。


 AEDの使用方法や救命講習を受けられる場所を知っているか、受けてみたいかを聞いたところ、全体の29.1%が既に講習を受けたことがあると回答。「知らないが、受けてみたい」42.7%と「知っているし、受けてみたい」8.3%を合わせた「受けてみたい」は51.0%に達した。

救急車の有料化に関しては、全体では「賛成」38.0%(「賛成」8.6%、「どちらかといえば賛成」29.4%の合計)、「反対」62.0%(「反対」25.1%、「どちらかといえば反対」36.9%の合計)という結果になった。


 賛成・反対それぞれの理由を自由回答形式で聞いたところ、賛成の理由としては「安易な利用が減る」「タクシー代わりに救急車を使う人がいるから」など緊急性の低い出動を抑止するのに有効だという意見が大多数を占めた。反対の理由としては「経済的理由で救急車の利用が制限される」「公共のものだから」「他人のために救急車を呼ぶことが難しくなる」などが多く挙げられた。(N)

http://health.nikkei.co.jp/spot/index.aspx?id=MMHEc1000007042011


AEDの認知度はどんどん増えてきています
うれしいことです 
一方、AEDの正しい使用方法を知っているかを聞いたところ、
「知っている」30.2%、
「なんとなく知っている」44.5%、
「知らない」25.3%
なんとも不安な結果となりましたね
AEDはあちこち設置されていて突然のときにあっても使えない状態の可能性大です

AEDの使用方法や救命講習を受けられる場所は
「知らないが、受けてみたい」42.7%
「知っているし、受けてみたい」8.3%
「受けてみたい」は51.0%
ということは 反対に受講場所を知っていても知らなくても受ける気はないが49%

AEDの使い方というよりまだまだ救命の意識の普及が伸び悩んでいるように思います
倒れた方が身内だったり 知り合いだったらどうでしょうか
目の前の倒れた方にもその方を大切に思う人がいらっしゃいます
その方たちの願う聞こえない思いを聞いてあげてほしいと思います



スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。