スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドライン

先日 Sakura's RoomのHPをみていただいた方からメールをいただきました

「ホームページのコンテンツの中で心肺蘇生法を紹介されている
ページがありますが、2005年にガイドラインが改定され現在心肺蘇生法は
胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の割合に変更されています」

お恥ずかしい話 HPの除細動器AEDは2003年に書き始めたものでなんと心臓マッサージ15回と
なっていました
2005年の変更で30回になっていたのに・・・・
しかも あちこちのブログでは2010 ガイドラインの話で花が咲いているというのに
HPの更新 がんばりますね

参考にここ のぞいてみてください

JRC版
http://www.qqzaidan.jp/jrc2010.html

日本語版ハイライト
http://www.heart.org/idc/groups/heart-public/@wcm/@ecc/documents/downloadable/ucm_317340.pdf

読んだのですがわかったような わからないような
福井BLSにいってみると

新しいガイドラインにそったコース教材がリリースされるのは来春からです。
それまでの移行期間は旧教材と補足資料を使って2010とするような内容が、
要所のブログなどでささやかれています。
まだ正式な通達があった訳ではないので見通しも立っていない状態ですが、
ガイドラインにこだわらずに
  一歩踏み出す勇気と心
  勉強を続けるという精神
を大切にして下さい

これですね! 一歩踏み出す勇気と心
きっとガイドラインって 雲の上のえらい先生たちがたくさんの救命事例などのデータを照合しながら
より 完全社会復帰へと向かうための蘇生の手順を考えてくれているんだな~と思います
だから これも知ることによってより効果的な心肺蘇生法となるんですね

ただ だからといって15回の胸骨圧迫をしたからといって失敗ではないですよね
救命において失敗は なにもしないこと ですからね
目の前の命をすくうための勇気をもつためにも 
より効果てきな心肺蘇生法を学ぶためにも
ぜひ ぜひ 講習会をうけてくださいね
スポンサーサイト

最多7927人、市街地を疾走 福井マラソン

F1030275.jpg



第33回福井マラソン(福井新聞社、福井市、福井陸上競技協会主催、特別協賛・富士通)は3日、福井県福井市中央公園近くのフェニックス通りをスタート、福井運動公園をゴールとする日本陸連公認コースで行われた。昨年よりも1047人多い大会史上最多の7927人が出走。秋の気配が感じられる福井市街地を駆け抜け、さわやかな汗を流した。

 ハーフ(21・0975キロ)と10キロ、5キロの3コース34部門(チーム対抗戦含む)で健脚を競った。

 福井市中央公園で行われた開会式では、大会長の谷口忠応福井陸協会長が開会宣言。副大会長の吉田真士福井新聞社専務が「日本海側最大規模の大会に育てていただき感謝している。景色を楽しむ余裕を持って走り、楽しい思い出をつくってほしい」とあいさつした。名誉大会長の東村新一福井市長、西川一誠知事もランナーを激励した。

 家族3世代で5キロの部に出場した福井市の林利二さん(74)、息子夫婦の林浩仁さん(43)理以子さん(41)、孫の虎之介君(12)が「多くのランナーと力いっぱい走り抜きます」と声を合わせて選手宣誓した。

 競技は午前9時のハーフ公認を皮切りに同一般、5キロ、10キロと次々とスタートを切った。ハーフ公認のスタート時点で天候は曇り、気温23・6度、湿度60%、南南東の風5メートル。スタートを切ったランナーたちは県都の目抜き通り「フェニックス通り」いっぱいに広がり、秋風に乗ってゴールを目指した。沿道やゴール地点の福井運動公園には応援の市民も詰め掛け、さわやかな汗が光るランナーたちと笑顔を交わしていた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/23994_67.html

昨日行われた福井マラソンに救命ボランティアREMとして救護にあたりました
予報は曇りのち雨 雨具の用意をしてでかけました
気温も高めだと思っていたら心地よい風によって気温も上がらず
ランナーにとっても爽快な走りとなったのではないでしょうか
救護していても苦しそうな顔も少なく本当に走りを楽しんでる方が多く見られました

元気に走るあなたを守りたい
倒れたら すぐに駆け寄り声をかけたい
そして 命をつなぎたい
ただ それだけの願いです
ランナーたちが笑顔で家族のもとに戻っていく
当たり前の幸せが本当は当たり前じゃないことに気がついた方
どれだけいらっしゃるでしょうか
まぁ そういうことに気がつかないほうが普通でしょうが

いつか・・・わたしたちのような会がなくなり
沿道の応援者たちが救命チームを組めるように
そんな社会 そんな大会が一日もはやくきてほしいですね


そして 遠くからお手伝いとして救護参加くださった菰野応急手当普及員の会の皆様
ありがとうございました
とても心強かったです

 
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。