スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽にAEDを覚えよう

AED:大切さ、演奏の合間に訴え 下関シーモールでバンドイベント /山口 

突然心停止した人の心臓に電気ショックを与えて救命する自動体外式除細動器(AED)の大切さを、バンドの楽曲と共に訴えるイベント「Chain of survival vol・4 in 下関」(実行委主催)が23日、下関市竹崎町のシーモール下関専門店街であった。

 広島大学病院の貞森拓磨医師(38)が昨年広島市で初開催。今回は「救急救命コース」がある東亜大学(下関市)が主体となり、7バンドが参加。各楽曲の合間にAEDの使い方の講習があり、多くの人が熱心に取り組んだ。

 貞森医師は「いたるところにAEDは設置されている。『使えて当たり前』というぐらいに周知できれば」と話していた。

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20100524ddlk35040224000c.html

ボランティア活動しているときに AEDライブをしたときのことを思い出しました
1回目はそれこそ 小さな会議室を2部屋つなげたようなところで
友人がギターで歌をうたい その歌を聴きにきたひとたちの命を守りたいという彼の
願いで 知り合いの救命しさんたちが寸劇を披露し 観客約20名みんなで
アクターを使って 心肺蘇生法を一生懸命体験してもらいましたね

2回目は 地元の会館を使いましたから100名ほどの方にきていただきました
ライブも何組かのバンドやソロの方も数人きてくださいましたし
歌も AED講習会も盛り上がりましたね 
ただ 寸劇が救命しさんたちのほうが上手だとつくづく反省をしたのを覚えています

今回の広島大学病院の貞森先生がいわれるとおり AEDが『使えて当たり前』になってほしいし
それと同時に心肺蘇生法も『できて当たり前』になってほしいですね
一次救命はできて当たり前なんだとつくづく感じたのは
医学部や看護科では教えていないそうですね 
専門科でのカリキュラムにはいらない 
つまり 一般人としてできて当たり前のことだということなんでしょうね

救命講習会としっかりした講習会もいいのですが バンドイベントのように
楽しんで覚えていくような企画もいいですよね
スポンサーサイト

風疹症候群

天使ママ友達のカニママさんからうれしいお知らせがきました


今日はお知らせです
5年ほど前に秋田書店より「for Mrs.」より妙子のことがコミックになりました
その時読んでくださった方もいると思いますが
私のHPに載せてありますhttp://taekolove.lolipop.jp/comic.htm

同じ内容でこのほど再録される事になりました
「for Mrs.スペシャル増刊 病と闘う女たち 2010年 07月号 [雑誌]」
http://sinkan.net/?asin=B003JCL7GM&action_item=true
5月17日発売日です
もしよろしかったら書店にて購入して読んでやってください
よろしくお願いします



カニママさんの長女 妙子ちゃんは
妊娠初期にカニママさんが風疹にかかったために風疹症候群の 
心臓病・聴覚・視覚の障害を持って生まれ18歳2ヶ月で旅立っていきました
一本の予防注射をしていたら妙子ちゃんは障害を持つことなく生まれてきたはずです
妙子ちゃんとカニママさんの願いは予防できることがあることを知ってもらうことです
風疹症候群は予防できます
カニママさんの声を聞いてあげてください

風疹自体は恐ろしい病気では有りませんが、妊娠中に妊婦さんが風疹にかかると
お腹の赤ちゃんに重い障害がでます
胎児に白内障・難聴・心臓疾患といった障害を起こします。
5ヶ月までは絶対と言って良いほど障害が残ります。
5ヶ月を過ぎても残る場合があります。
一番最後の障害が聴覚障害と言われています…
はっきり言います…妊娠初期に風しんにかかった場合は、
目も見えず耳も聞こえない+他の障害です。
せっかく授かった大切な命に、過酷な運命を背負わせないでください。
だからと言って、決して 妊娠中絶を勧めているのではありません。
また障害を否定しているのでもないのです。
妊娠中絶をして欲しくないから予防接種をお願いしているのです
障害は不便ではあっても決して不幸ではないと思っています。
でも、これから産まれてくる
大切な命には 健康で元気にと願わずにいられません。
私は妙子に出会えて幸せな時を過ごすことが
出来て大変幸せでした。
妙子の母になれて良かったと思っています。
もっともっと、妙子に生きていて欲しかった。
私と共に笑って欲しかった。
そんな、想いで一杯です。
だから、私のような想いを誰にもして欲しくないと
思っています。

風疹の予防接種を1人でも多くのかたが受けてくださること、
風疹症候群の障害をもったお子さんが産まれないこと、
これが妙子が私に残してくれた宿題だと思っています。
皆さんの周りのかたに是非このことをお伝えください、
宜しくお願いします。
 カニママさんのHPより抜粋

知ることで予防できることがあります
そして 知ることで救える命 つながる命があります
これから結婚される方 これから 赤ちゃんをとお考えの方 
ぜひ このコミックをお読みいただきたいと思います

歯医者さんの心意気

歯医者さん 救命拠点に
中京歯科医師会 100ヵ所にAED設置


京都市中京区の中京歯科医師会は、会員の100医療機関すべてでAED(自動体外式除細動器)の設置を始めた。歯科医師や歯科衛生士らスタッフ、家族を対象に、使い方を身に付ける講習会を開いており、診療所内だけでなく地域の一次救命の拠点にしたい意向だ。

■スタッフや家族 操作習熟へ

 4月から操作を学ぶ講習会を計8回開催し、いずれかに参加した会員にAEDを渡している。5月中に配備を終える。同会によると地域の歯科医師会がこぞってAEDを導入する例は聞いたことがないという。

 同会でAEDを設置済みの会員は、3月末時点では4人しかいなかった。医療機関として責任を果たすとともに地域社会に貢献しようと、一斉導入を決めた。事業費は約2千万円で共済会の積立金を利用した。

 4月26日の講習会では、夜の診療を終えた歯科医師やスタッフら約30人が集まり、AEDの取扱業者から、電極パッドを胸に張る際の位置や注意点などを人形を使って説明を受けた。

 各診療所は玄関など住民の目に留まる場所にAED設置を示すステッカーを張り周知する。AEDは診療所の待合室や診療室などの目立つところに置く。

 高岡昇会長(56)は「一次救命は時間が勝負となる。地域で発生した不測の事態にも迅速、的確に対処できるよう操作を習熟したい」と話している。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100513000075&genre=K1&area=K1C


地域住民の命を思う歯科医師さんたちの熱い思いがとてもうれしいですね

友人に歯科衛生士さんがいます
娘の一周忌だったと思います
お参りをすませ 資料をポンと差し出し
「AED ひろめよ!」と真顔で話し出しました
資料には「あなたは愛する人を守れますか?」とありました
歯科医師会でAEDの講演会があり これは絶対必要だと思ったんだといってくれました
そのころ AEDという言葉さえなかなか覚えてもらえず
なかには 物売りと間違われたり いかがわしい会にでもはいったのかと思われたり 
そんな中 真剣にAEDを広めようといってくれた友人の言葉に
どれだけ励まされたか 心強かったことを思い出します
患者さんになにかあったら自分にもできることが知りたいと
彼女もAED講習会を受けてくれました

そして 命のバトンにはたのもしい歯科医師がいます
彼がそばにいたら絶対安心です 
彼が携帯しているものはAED ポケットマスク 携帯フェイスシールド
いろいろな救命グッズ 数々の資格 そして熱い心

医師も歯科医師も白衣を脱いで 見えてくる命はみな同じ
京都の歯科医師さんたちの思いが全国に広まるようにと願います

五木マラソン大会

F1030164.jpg

今日は美浜・五木マラソンが開催されました
参加者はナント4271名の方がエントリー
今回は第22回ということで「ふうふ」にちなんだ夫婦の特別企画もありました
お天気もマラソンにはいいお天気 気温も上がらずランナーたちには優しい風が吹いていました

やはり目を見張るのは 安全対策 
医師 看護婦 保健師さんや救急隊や救急救命士さん 地元のボランティアの方をはじめ
救命ボランティアのREM そして 今回 お手伝いに駆けつけていただいた
菰野応急手当普及員の会のみなさんや「ゆうき救命の会」のみなさんもふくめ
約100名のほどの人たちがランナーの命を守りました

F1030165.jpg

↑これは スタート前の打ち合わせです 
円陣囲んで 初顔合わせです 
初顔合わせでも 気持ちは一つ 
絶対 命をつなげるという仲間たちから熱いパワーをいただきました

ランナーたちは日ごろの練習の賜物でしょうか
いつになく快調で足を引きずる方も少なく 路上で休む方もなく 
大成功に終わることができました

目の前を走り抜けるランナーたちにもいろんなスタイルがあります
軽快に走る人 友達と仲良く走る人 黙々と目線を下に走る人
とてもつらそうに走る人 汗びっしょりになって走る人
沿道の応援している人に手をふりながら走る人
いろんなスタイルがありますがみなさん一生懸命がんばります
走ることが苦手な私にとっては がんばって!と応援しかできませんが
その「がんばって」には がんばった結果なにかあっても
必ず あなたを助けるからね だから 安心して走ってね
そういう思いをもって応援しています

今日 がんばったランナーたちも沿道で応援した人も
今日の走りを次につなげて その走りを生きる力にかえて
来年も会いましょうね


大会運営に携わった関係方々 本当にお疲れ様でした
そして ありがとうございました
力をいっぱいいただきました 

安心の町へ

福井市消防局、管制システム更新 携帯電話通報に対応、GPSから位置確認

 福井県福井市消防局は新しい消防情報管制システムの運用を開始し、30日報道陣に公開した。GPS機能付き携帯電話から通報があった場合、通報者の位置を把握することができる位置情報受信装置を導入。より迅速に火災や事故、災害現場に駆け付けることができるようになった。

 更新されたのは市消防局の管制センターのシステム。昨年6月末から作業に取り掛かり今年3月に完了、4月から運用を開始している。事業費は約10億2500万円。

 これまで携帯電話から通報があった場合、通報者との会話でしか現場の位置を確認できなかった。通報者が取り乱していたり、通り掛かりで周囲の地理に詳しくなかったりして、位置の把握に手間取ることがあった。

 同装置の導入により、GPS機能付き携帯電話からの通報は、より短時間で通報者の位置を特定でき、速やかな現場到着が可能になった。同機能が付いていない携帯電話からでも、電波を中継する基地局の情報や電波の強弱から、ある程度の位置を絞り込むことができるという。救急車や消防車など出動車両にも最新の端末を導入し、現場との位置関係が把握できるようになった。

 このほか、IP電話や固定電話から通報があった場合、住所や氏名などが同じ端末で照会できるようになった。障害者からの通報メールもこの端末で受信できるようになり、作業の効率化が図られた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/index.php?page=article&storyid=21230&storytopic=1



福井はとても自然が多く アウトドアを楽しむことができます
これから川釣りや海 山へ出かけることが多くなるのですが
なにかあったときにすぐに自分の居場所が伝えられなかったりすることが
多いと思います
そういうときにこのGPSシステムはとても有難いシステムだとおもいます

消防へ連絡しても消防の方も現場を把握できない 通報者も場所を伝えられないとなると
当然到着時間がかかってしまいます
現在では 携帯電話が普及し現場からの連絡が可能となっています

学校でもスポーツ関連の部活の大会もおおくなり また 遠足 宿泊学習や修学旅行などの課外活動も
多くなってきます 先生はできればそのようなときは携帯を常備し 万が一のときに備えてほしいと思います

福井でのシステムはとても心強く 安心 安全の町への大きな前進ではないでしょうか
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。