スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切ないのち

<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う

山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。

 この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。

 あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。

 「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

 「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

 飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

 下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。【尾垣和幸】

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1159231&media_id=2&m=2&ref=news%3Aright%3Apickup


最近 よく耳にするようになりましたね
簡単にその日の気分で動物を飼って あきてきたり 手に負えなくなると簡単にすてる
そういう無責任な飼い主がいると

毎年全国で三十数万匹の犬猫が捕獲・収容され約三十万匹が行政により殺処分されているそうです
二酸化炭素による窒息死を国がやっているのです。毎年全国で30万匹もの犬・猫が殺処分されているのです。
ただ全ての自治体が二酸化炭素による窒息死を行っているわけではありません。
幸い福井県は注射液での安楽死を行っています。
「動物たちにぬくもりを!」http://blog.goo.ne.jp/wanwan3111より
しかし、二酸化炭素による窒息死を行っている自治体が圧倒的に多いことは事実だそうです
犬や猫たちはもがき苦しみながら死んでいくのです
動物愛護管理法(動物の愛護及び管理に関する法律)という法律があるそうですが
動物たちが幸せになるための法律であってほしいと思います

犬や猫 いろんなペットたちはおもちゃではないのです
この国の命に対する思いがこういうところにもでているのではないでしょうか
山口県の16歳の高校生のせつなるメールが命をつなげてくれました
命に対してのメッセージを受け取る受信機は大小さまざまではあるのでしょうが
人としてきっと皆さんは もっていると思います
自らの想い 命を思う心 
すべてを取り払い みえてくるものはそれぞれのたった一つの命です
私たちはいろんな意味でもっと知らなければならないことがたくさんあるのではないでしょうか

きっと 今日も消え行く命があります
でも 明日はひとつでも多くの命がつながるようにできればと願います
スポンサーサイト

古武術介護

古武術介護、搬送に応用

3月18日千葉版記事


トイレの洋式座いすにすわった人を抱え上げて搬出するやり方を見せる飛鋪宏典さん=千葉市中央区の市消防局中央消防署

 腰などへの負担が大きい救急搬送に、介護現場で使われる古武術を応用した方法を取り入れようと、千葉市消防局中央消防署生浜出張所の救急救命士飛鋪(ひ・しき)宏典さん(45)が実践している。専門誌に成果を発表し、「同じ悩みを持って働いている人の参考になれば」と話す。


 飛鋪さんは、2007年の夏に救急搬送の際、倒れていた人を持ち上げようとしてぎっくり腰になった。当時は千葉駅周辺の繁華街を抱える中央消防署本署の勤務で、24時間にわたる1当番の平均で6回ほどの出動があった。「また腰痛になって周りに迷惑をかけてしまったら」と、不安を抱えながら勤務していた。


 そんなとき、古武術を応用して無理なく人を抱き起こす「古武術介護」をテレビ番組で見た。介護福祉士の岡田慎一郎さん(37)のアドバイスで、高齢の女性が寝たきりの夫を移動させる様子を見て、「搬送でも生かせるのでは」と思ったという。


 さっそく岡田さんの講習に参加して協力を頼み、腰痛を防ぐ搬送方法を考案することになった。


 重いものを持ち上げる時は通常、肩や腕に負荷が集中する。古武術介護は、身体全体で重量を支えるのが基本。救急搬送では、傷病者をストレッチャーに乗せたり、床やいすから起きあがらせて運んだり、と特殊な動作が多い。家族や同僚の協力を得て、休日や休憩時間に練習を重ねた。


 同年12月ごろから現場で実践を始め、その後、ぎっくり腰が再発したことは一度もない。年末年始の忘年会・新年会シーズンに、泥酔して洋式トイレに座ったまま動けなくなった人を1人で搬出しなければならない場合などに役立つという。


 今年1月には、専門誌「看護学雑誌」にこの搬送方法を発表。岡田さんも、「もともと自由な発想で生まれた方法なので、様々な場面で応用してもらえるのはうれしい」と語った。


 飛鋪さんは「古武術を応用した搬送方法について、まだ医学的根拠は確立されていないが、不安を解消できるのは大きい」と話す。今後も同じ悩みをもつ隊員に紹介していきたいという。

http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000001003180003

こぶじゅつかいご 
聞きなれない言葉につい引き込まれました

よく救命講習会のとき 自分より大きな男性のときって大変ですよねという
声をききます
なるべく 自分にリスクのないようにするためには力まかせでなく
体に負担のないようにするためには腕だけでなく 体全体を使うようにと
しかし そうはいってもなかなかうまくいくものではなく
いい方法があればと思っていました
そういう思いもあってこの古武術介護ということばが気になりました
ポイントを知ることだけで いろんな場面で活用できると思います
自分にリスクを負わないためにも「知ること」が必要ですね
ぜひ 知ってほしいと思います

フェイスシールドの重要性

子どもが心肺停止…すぐの蘇生術有効 社会復帰2.6倍

事故などで子どもが倒れて心肺停止となっても、そこに居合わせた人が蘇生術を試みることで、社会復帰の確率が2.59倍高まることが、わかった。総務省消防庁のデータを石見拓・京都大助教らの研究チームが解析した。一般の人による蘇生が子どもにも有効だと示せたのは、世界でも初めてという。

 主な蘇生術には胸を押して血液を脳に送る胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸の二つがある。子どもでは大人と違って、胸骨圧迫だけよりも、人工呼吸を併せた方がいいこともわかった。

 2005年1月~07年12月、病院外で心肺停止になった17歳以下の5千人以上の例を検討。倒れた場所で、居合わせた人から心肺蘇生を受けたのは2439人。1カ月後、後遺症をほとんど残さず学校などに復帰できたのは110人だった。

 蘇生を受けなかった2719人では同53人。病院到着までの時間といった要因を考慮すると、蘇生がある場合の復帰率は2.59倍となった。

 倒れた主な原因は、水におぼれるなど心臓病以外のトラブルで、全体の7割。この場合、1歳以上の子に胸骨圧迫と人工呼吸を併せた時の復帰率は7.2%で、圧迫だけの時より5.5倍高かった。心臓が原因の時は差がない。

 成人では、胸骨圧迫だけで人工呼吸を伴うのと同等の効果があることが、国内外の調査でわかっている。石見助教は「教育関係者や家庭の親など、子どもと接する人には人工呼吸を含めた蘇生法を身につけてほしい」と話す。結果は英医学誌ランセット電子版で報告した

http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201003170227.html


成人の講習会では 3つのプッシュが大切といっています
119へプッシュ 胸骨をプッシュ そして AEDへプッシュ
それは成人の場合 心臓が原因の割合が高くポンプの役割を果たさず、
全身(特に脳)に血液を送れなくなることによって死亡するので
「まず通報」して救急車の手配をしてから胸骨圧迫やAEDの使用ということをおねがいしています

しかし 子供の場合は倒れる(意識を失う)瞬間を見てなければ、
「呼吸が原因では??」と疑い、人工呼吸&胸骨圧迫をした方が、復帰率が高くなります
そして できれば通報の前に 2分間の人工呼吸&胸骨圧迫をした後、119番通報が良いのです
が 蘇生法に夢中になって通報を忘れるということだけはやめてくださいね
こういう場合でもやはり そばにいる人みんなでチームを組むことで すぐに蘇生法を始められるし
同時に119に通報できますよね 

そしてぜひ 感染防止として とくに学校関係の先生たちには
携帯フェイスシールドをぜひ持ってほしいと思います

命をつなぐ講習会へ

命をつなぐ教室~手稲消防団女性団員による救命講習

3月9日(火)、札幌稲北高等学校(札幌市手稲区手稲山口254番地)において、手稲消防団女性団員20人による「命をつなぐ教室」が行われた。

この教室は女性消防団員が日ごろから行っている応急手当の実技指導の経験を生かし、同校の1年生を対象に心肺蘇生法や消防団の活動などを教え、郷土愛護の精神や命の尊さ、お互いが助け合うことの大切さを学ぶ目的で一昨年から行っているもの。

初回の9日は、同校の1年生1クラス40人が参加し、消防団の活動内容や心肺蘇生法について講義を受けたのち、5つのグループに分かれてAEDの使い方を学んだ。 傷病者の人形を用いた実習では、意識の確認を耳元で行い、救急車やAEDの手配をしたのち、気道の確保をして人口呼吸と胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行った。

AEDの自動音声による説明は、チャイムや周囲の音で聞こえなくなってしまうこともあるので、団員からは「大きな声を出して、確認をしながら行うことが大切です」と指導を受けた。 実際の救命活動では、救急車が到着するまでAEDと心肺蘇生法を繰り返して行うことになる。

胸骨圧迫は、1分間に100回の早いテンポで強く行わなければならず、特に女子生徒は全身の力を込めて蘇生法に取り組んでいた。

団員は「いつ皆さんの周りの人たちが意識不明になったりするかもわからない。誰にでも起こりうることなので、しっかりと学んでください」と述べた。

生徒たちは「学校にAEDはあっても実際に使ったことはありません」と言い、休憩時間を返上して真剣に取り組んでいた。

救命講習は、12日(金)まで1年生の生徒全員を対象に行われる。

http://www.city.sapporo.jp/teine/dekigoto/2009/100309.html

全国 いろんなところで救命講習会が頻繁におこなわれるようになりました
それぞれに工夫をこらし わかりやすく 伝わる講習会をめざしています
この消防団の救命講習会は学校において しかも 一クラスごとに行われていることが
もっとも注目することではないでしょうか
これまでは学年を対象に行われていることが多かったように思います
100人以上になるとグループに分けることもむずかしく
マネキンにさわる子供は少なく みているだけで終わることが多かったと思います
教える側は一生懸命伝えようとするのですが 見ているだけ 聞いてるだけでは
なかなか伝えることは難しいと思います
これから どんどん各地で学校教育へBLS導入が組み込まれていくと思います
一クラスずつ できるだけマネキンの数を増やし 命をつなぐとはどういうことか
体験していくことがとても大切だと思います

命をつなぐ教室 とてもいいネーミングですよね
ちなみにsakuraが参加しているNPO「命のバトン」の名前は
命をつなぐ心を育てる会 といいます
長ったらしい名前ですが救命を強制することなく 自らの心で願ってほしい
そういう心を育てていきたい そういう願いからです
命をつなぐ技術と心 伝えていきたいですね
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。