スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験学習

250人の子どもがAEDなど体験学習 大阪で「救急防災フェスタ2009 AEDを学ぼう」開催


心肺蘇生法やAEDへの関心は高まっている(20日、大阪ATCホールで) 救命救急の大切さを学ぶイベント「救急防災フェスタ2009 AEDを学ぼう」(主催・特定非営利法人 大阪ライフサポート協会、後援・大阪府他)が2009年9月20日、大阪ATCホールで開催された。

秋の大型連休に合わせて行われた同イベントには250人の子どもたちが参加(主催者発表)。さまざまな体験ブースが設けられ、通報、心肺蘇生法(CPR)、AED(自動体外式除細動器)などを体験学習した。スポーツ中の子どもの突然死の原因として「心臓震盪(しんとう)」が注目され始めているなか、AEDの学校への設置も増えてきているものの、使い方が分からないという子どもは多い。

心臓突然死による死亡者数は、年間5万人にも上る。一般の市民による救命活動で、多くの人の命が救われる可能性があるという。特別協賛したフィリップス エレクトロニクス ジャパンの関本太郎CRS統括部長も、「突然の心停止を起こした尊い命を救うために、一般市民の方に心肺蘇生法やAEDの使い方を知っていただくことが必要」と、今回のイベントの意義を語った。

http://www.j-cast.com/mono/2009/09/21050074.html

子供たちがAEDの使い方を知ることはとても大切だと思います 
学校に設置されても 現在 講習会を受けているのは教師がほとんどだと思います
学校というところは先生の数より圧倒的に子供たちの数のほうが多く
子供たちになにかあったとき そばにいるのは教師より生徒たちではないでしょうか
その子供たちがすぐに救命チームを組み 自分たちの仲間 友達の命を
つなげていく 
そして それが単なる技術だけでなく 仲間の命をつなげようという心をも育んでいかなければ
根付いていかないと思います
イベントも各地でどんどん広まっていくとうれしいのですが
それよりなにより 学校教育の中でイベントではなく 教育の中に自然と培っていけたらと
思います
そして 何枚もの講習会カードより 18歳になったときにたった一枚の
正真正銘のBLSカードをもって 社会人となることがひつようではないでしょうか


スポンサーサイト

命のバトンを渡すために


9月9日、救急の日でしたね
最近 ニュースがすごい流れで毎日いろんな情報がとびかっているので
1週間前のことがものすごく前の話のように感じることがあります 

それだけ 私はぼーっとしているのかもしれませんが
ちょっと 遅くなったのですが 救急の日について調べました

 9(きゅう)と9(きゅう)で「きゅうきゅうの日」、すなわち「救急の日」です。
 「救急の日」は、救急業務及び救急医療に対して皆様方の理解と認識を深めるていただくともに、
救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に昭和57年に定められました。以来、毎年9月9日を
「救急の日」とし、この日を含む1週間を「救急医療週間」(本年は9月8日~14日)として、全国各地において応急手当の講習会を中心とした救急に関する様々な行事が実施されています。
(総務省消防庁のHPより転載)

地元でもあちこちで講習会が開かれたと思いますが
娘が通った中学校で保健委員が中心としたAED講習会が文化祭の中開かれました
時間も限られていて 部活の中でも危険度が高いスポーツクラブの部長 副部長を対象に
保健委員が指導にあたりました
その日のために 夏休みから私が指導をさせていただき 仲間の命をつなぐためには
どうしたらいいか なにができるかを伝えていきました

当日は3つのグループにわかれ 各クラブが2人一組なって はじめ 前のクラブが行ってる蘇生法をみる そのあと 体験していくということを順番におこなっていきました
3つのグループにはライセンスをもったスタッフに入ってもらい間違いないか 見てもらい 
なるだけ 口はださないようにしてもらいました
子供たちの会話の中に「おれが死にそうーになったら助けてくれる?」との問いに
「まかせとけ~」と 頼もしい答えが返ってきてました

子供たちはとても上手です 覚えるのも早いです 
でも 忘れます  
今回は限られたメンバーだけだったので できれば全員への講習会が必要だとおもいます

その後 こんなニュースが入ってきました


救急車現場到着に7・7分 過去最悪、総務省消防庁調べ


 救急車が通報を受けてから現場に到着するまでにかかった時間の2008年の全国平均は、前年より0・7分遅い7・7分で、データがある1984年以降のワースト記録を更新したことが8日、総務省消防庁の調べ(速報)で分かった。医療機関による救急搬送患者の受け入れ拒否問題が影響したとみられる。

 通報から患者を医療機関に収容するまでの時間も、1・7分遅くなり過去最悪の35・1分。98年の26・7分から10年間で8・4分も延びており、救命救急現場の深刻な実態が浮き彫りになった。

 消防庁は「搬送先が決まらないと、救急隊が待機場所である消防署へ戻るのが遅くなり、結果的に次の出動や現場到着が遅れる悪循環が起きている」と指摘。来月施行の改正消防法は、救急と医療の関係者が事前に搬送のルールを取り決めることなどを定めており、搬送時間の短縮を目指す。

 また、救急車の到着までに、居合わせた人が心臓マッサージなどの応急手当てをしたのは、心肺停止状態の患者の40・7%に当たる4万6149人。実施率は前年より1・2ポイント増えた。

 特に、04年から一般の使用が認められた自動体外式除細動器(AED)が使われるケースが増加。心疾患の急病に限った428人についてはAED使用の1カ月後の社会復帰率は38・8%と、前年から3・3ポイント増えた。
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20090908010006321.asp

よくみてくださいね 
救急車の到着までに、居合わせた人が心臓マッサージなどの応急手当てをしたのは、心肺停止状態の患者の40・7% 
すごいですね~ のびましたね 
7年前はみているだけの人が多かったのですからね 
しかも AED使用の1カ月後の社会復帰率は38・8% 

救急車が到着するのに7.7分 と遅くなってますが もちろん 一分一秒でも早く着てほしいのですが どんな速い救急車よりもそばにいるあなたにはかなわないと思います

いってらっしゃいと安心して見送られる社会にー本当にそう願います
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。