スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしいニュース!

小6が心臓マッサージ、父親の命救う

先月31日、東京都内の小学6年男児が、就寝中に突然呼吸が止まった父親に対し、119番の指令室員の指示通りに心臓マッサージを行い、奇跡的に命を救った。

 東京消防庁は「大人でもパニックになる場面なのに、勇気ある行動」として、25日午前、本人を呼んで冷静な行動をたたえた。

 この男児は、東京都杉並区の区立済美小6年の室賀悠君(11)。

 寝室で寝ていた会社員の父、隆さん(42)がうめき声を上げて意識を失ったのは7月31日午前1時20分頃だった。隆さんはまもなく呼吸が止まり、妻の由佳さん(42)が119番。悠君は姉で高校1年の愛さん(15)と自室から駆けつけた。

 「心臓マッサージを教えます」。電話口の星智貴・指令室員(33)の呼び掛けに、由佳さんが「言う通りにできる?」と悠君に尋ねた。悠君はすぐにうなずき、隆さんの横に座った。

 由佳さんは「胸の真ん中を真下に押して」「1秒に1回より速く」と星さんの指示を伝えると、悠君は的確に胸を押し続けた。

 通報から4分後、救急隊が到着。隊員がマッサージを引き継ぐと胸の鼓動が再開し、隆さんは一命を取り留めた。搬送先の病院で突発性の心停止と診断されたが、隆さんは今では、病室で悠君らと笑顔で会話ができるまでに回復した。

 同庁によると、隆さんのようなケースでは、3分以上応急措置を施されないと致死率は50%に達する。「適切な措置がなければ命を落としたケースだった」。担当医師はそう話し、悠君をたたえた。25日朝、由佳さん、愛さんとともに同庁を訪れた悠君は「心臓マッサージは初めてだったけど、お父さんを助けられて良かった」とはにかんでいた。

(2009年8月25日14時32分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090825-OYT1T00723.htm

朝 なかなか起きてこないから見に行くとなくなっていた 
そんな悲しい話を聞くことがあります 
突然死の中でも家でなくなることが多いそうです
それが それがですよ! 救えることが立証されましたよ
しかも わずか11さいのわが子が父親を救ったのです
夜中にご主人の異変に気がついたこと 
すぐにかけた消防の指令室員が的確な指導をおこなったこと
通報から4分で救急車が着いたこと
すばらしい救命のリレーが命をつないだんですね
再びの命におめでとう!です

先日 夏休み企画として親子AED講習会を開きました
小学低学年のお子さんも数多く参加してくれましたがそれが上手!なんです
となりでお母さんと一緒に スタッフの掛け声どおり 胸骨圧迫から人工呼吸へ
胸をみながら2回の吹き込み ふぅ~ふぅ~ 
おもわず うまい!といってしまったほどです
でも 胸骨圧迫30回を繰り返すと体力的にもきついものがあります
大人でもそうですよね 
心臓の変わりがいかに大変なものか それに気がついてくれたらと思います
それと同時に なにもいわずもくもくと動き続ける自分の心臓にたいしても
感じてもらえたらと言葉をかけました
小学生だって できることがあります 
小学生だって 命について感じることも充分できます 
社会の一員として これからはもっと救命講習会への参加ができるようにしていきたいと思います
スポンサーサイト

すべてオッケー

お手柄連携プレー、室蘭イタンキ浜でサーファー助かる

サーファー、看護師、救急隊員の連携プレーが40代の男性サーファーの一命を救った。

事故は、8日午前11時30分ごろ、室蘭市東町のイタンキ浜で起きた。サーフィンをしていた女性が、波に流されている男性を見つけた。「おぼれている」と周囲に救助を求めて浜辺に引き揚げた。

 男性は既に心肺停止の危険な状態だった。サーフィンに来ていた中に救急隊員と看護師がいた。すぐに心肺そ生を施し、他のサーファーは119番通報した。間もなく救急隊が駆け付け、AED(自動体外式除細動器)を2度実施。自発的に呼吸できる状態に戻った男性は、市内の病院に搬送され、現在、意識が回復しているという。

 現場は、岸から20~30メートル付近で波は穏やかだった。深さは約1メートルと浅かった。男性を知る人は「男性はベテランサーファー。おぼれるはずがない」、近くにいたサーファーも「波のない中で、急に倒れるように海に落ちた」と証言。「心筋梗(こう)塞(そく)のような病気では」と推測する。

 救助に協力したサーファーたちは「救急隊員や看護師による的確な措置と、周囲の人たちも通報などで協力してくれた」と胸をなで下ろしていた。

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2009/08/09/20090809m_03.html

海水浴の88歳男性が死 愛知

9日午前9時30分頃、愛知県蒲郡市三谷町大島の東浜海水浴場の沖合約10メートルで、同市形原町、無職鈴木利平さん(88)が急に手足をばたばたさせているのを、海の家の男性従業員(26)ら3人が見つけた。3人で男性を海岸に引き上げ、AED(自動体外式除細動器)で蘇生(そせい)を行ったが、意識が戻らず、同市内の病院で死亡が確認された。
 愛知県警蒲郡署の発表によると、現場は水深約1・5メートル。波はふだんよりやや高めだったという。鈴木さんは毎年1人で同海水浴場に来ており、この日は朝8時30分頃、「今年も来たよ」と海の家の男性従業員に声をかけた後、1人で海水浴を楽しんでいたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090809-OYT1T00458.htm


またまた 水の事故です
「おぼれるはずがない」 と言い切れるはずがないですね
やはり 自信のある人たちは慢心しがちです
これまでもなんともなかったからといって 今回も大丈夫ということはないと思います
ありえないことはいつだっておきる
ありえないことなんてないんだと思います

救急隊がもってきたAEDで蘇生できたのはとてもよかったですよね
時間がたてばたつほど後遺症もでてくるでしょ
海の家でのAEDの設置が臨まれます
しかし AEDがあっても悲しい結果になることもありますが
命の瀬戸際でそばにいる人たちが精一杯の愛をかけてくれたことは
残されたものにとっては前にすすめることができると思います

そして 忘れてはいけないのは救命の結果がどうあったとしても
救助にあたった人たちはその救命は正解だと思うことだと思います
命をつなぐためにがんばったのですから正解です
そして その心を次につなげてほしいと思います


自然は甘くありません

水の事故 全国で6人が死亡
全国の海や川では2日レジャーによる水の事故が相次ぎ、長崎県と福井県の海水浴場で中学生と小学生がおぼれて亡くなるなど、全国であわせて6人が死亡しました。

2日朝8時半ごろ長崎市高島町の海水浴場で、学校の部活動のレクリエーションで来ていた中学1年生の伊野竜希さん(13)が遊泳中におぼれ、監視員などに引き揚げられましたが、まもなく死亡しました。また、福井県高浜町の海水浴場では正午すぎに小学2年生の堀井虹希くん(8)の行方がわからなくなり、まもなく深さ1.2メートルの海中で見つかり、病院に運ばれましたが死亡しました。このほか宮城県塩釜市では、午後3時半ごろ水上バイクが桟橋に衝突し、運転していた無職の今崎幸成さん(17)が頭を強く打って死亡するなど、各地で水の事故が相次ぎました。NHKが午後8時現在で各地の放送局を通じてまとめたところ、全国であわせて6人が死亡しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014666791000.html

福井 海水浴場で小学生が水死

2日正午すぎ、福井県高浜町の「和田海水浴場」で、大津市の会社員、堀井良規さん(31歳)の長男で、小学2年生の虹希君(8)の行方がわからなくなりました。虹希くんはおよそ1時間半後に海岸からおよそ7メートル離れた水深1.2メートルの場所でおぼれて沈んでいるのが見つかり、近くの病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。警察の調べによりますと、虹希君は両親と3人で大津市から車で海水浴に訪れ、両親が海水浴場に隣接しているバーベキュー場で昼食の準備をしている間に姿が見えなくなったということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/k10014664411000.html

楽しい夏休み 楽しい海水浴 のはずが・・・・
やるせなく 悲しいを通り越して 憤りです
どうか 自然を甘くみないでください
仕方ないで終わらせないでください

梅雨があけ 夏本番です
これからの1ヶ月 海へ 山へ 自然と触れ合うことはとても大切なことです
しかし 危険との隣り合わせであり 死と背中合わせであること 忘れないでください
周りの大人たち そばにいる仲間たち 
あなたたちがそばにいる人たちの命を守ることができるということは
あなたの命も守られてるということ
みんなで命を守るためにできることをしっかり覚えてください

予防できます 
いろんな場面を想定し 予防してください
そして ありえないことが起きても精一杯の勇気と愛で
どうか どうか 命をつないで 再びの生命を そして共にいきる時間をつないでください
お願いします
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。