スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願い

安全な秋葉原へ一歩 AED1台寄贈

東京・秋葉原で今年6月に起きた無差別殺傷事件を受け、「街に安全を取り戻そう」とAED(自動体外式除細動器)設置に向け、募金を行うグループがいた。集まった金額は約13万円。足りない分は自分たちのポケットマネーで補い、来月、JR秋葉原駅前の案内所に1台寄贈する。しかし、ネット上で執拗(しつよう)に攻撃され、募金活動中止に追い込まれるなど紆余(うよ)曲折があった。(安岡一成)
                   ◇
 「私たちの大切な秋葉原の街のために立ち上がろう」
 事件直後、番組制作会社社長、崎野千佳志さん(45)は有志約20人で「AKIBA AID 2008」を設立、AEDの設置を目指して募金活動を開始することを計画した。
 当時、現場ではAEDの設置場所が分からず、約200メートル離れたJR秋葉原駅まで走って取りに行かなければならなかった。「救命にあたった医師からAEDの到着が遅かったと聞いた」ことが活動を思い立ったきっかけだった。
 事件のあった翌週の週末から募金活動を開始。活動状況と集まった額は専用ブログで公開した。崎野さんは「秋葉原は仕事場であり、幼少期を過ごした故郷。何か役に立ちたかった」と話す。

 ≪ネットに批判の書き込み≫
 しかし、この活動がネット上で攻撃のターゲットになってしまった。「アキバ」という場所柄、有志の数人がコスプレ姿でテレビなどで大きくとりあげられたことを機に、ブログなどに批判の書き込みが相次いだ。参加メンバーに、かつて秋葉原の歩行者天国で女装姿でモデルガンを乱射、万世橋署から厳重注意を受けていた人物がいたことも拍車をかけたとみられる。
 この男性は活動からはずれたが、批判の矛先は収まらずエスカレート。「募金を流用した」「暴力団とかかわりがある」などの中傷や米ネット検索大手グーグルの「ストリートビュー」サービスを使って、崎野さんの自宅が特定できる情報が流された。活動に参加したタレントのあまね飛鳥さん(26)は、ブログに気持ち悪い書き込みが1日に100件以上あり、「怖かった。悪いことはしていないのに」と打ち明ける。

 ≪わずか1カ月で中止≫
 活動は約1カ月で停止。それでも集まった13万1620円と崎野さんらの一部寄付で、AED1台を購入。事件から半年後となる来月、秋葉原無料案内所に寄贈する。
 崎野さんは「善意の思いが中傷のターゲットになり、一時はもうこりごりという気持ちになってしまった。寄贈まで半年がかかってしまったが秋葉原は週末、1万人以上の人が訪れる。たった1台のAEDだが、アキバの安心に寄与できれば…」。
 一方、案内所も事件直後に「入院中の被害者に花を贈ろう」と募金を実施し、3日間で約5万円を集めた。ただ、個人情報保護を理由に警察に入院先を教えてもらえなかったため、絆創膏(ばんそうこう)などの応急処置グッズ10点が入ったポーチを22個購入。案内所のスタッフが9月から4個を携行し、残りは今月11日、地元小学校などに贈った。
 大きな傷跡を残した、秋葉原の無差別殺傷事件。休止になった歩行者天国の復活のめどはたっていない。しかし、安全な「アキバ」を目指した“草の根活動”は続いている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081125-00000058-san-soci

救える命のためになんとかできることをやろうと立ち上がった人たちの善意が
なかなか伝わらず 本当にご苦労されたことを思うと心が痛みます

テレビで流れた惨状現場 言葉ひとつでず足のすくむ思いでした
そんな中 救命に参加されていた一般の方々の姿がみられ
一人でも多くの命を救いたいとの願いが少しずつ広まっているととてもうれしかったのを覚えています

「AKIBA AID 2008」がたった1ヶ月で停止されたことはとても残念です
それでも AEDを一台寄贈できることができたのも少数でも心ある方の願いそのものだとおもいます 
AEDとともに一次救命としてできること 心肺蘇生法や応急措置など知っていればつながる命のための知識も普及してほしいとおもいます
そして 無残にも絶たれてしまった命のためにも秋葉原が安心安全の町へとなるように願っています
スポンサーサイト

子供たちはすごい

北広島市:西部中の救命救急講習5年目 生徒全員、高い習熟度

【北広島】西部中(館岡道宏校長)で全校生徒が救命救急講習を受講するようになって五年目。もしものときに対応できるようにと始めたが、市消防本部によると、在学中に毎年受講させている学校は市内では同校のみ。「生徒の習熟度は高く、緊急時に役立つはず」と高く評価している。
 講習は、突発事故や急病に遭っても、落ち着いて対応できるようにと、総合的な学習の時間に実施している。毎年今の時期、一年生は集中して三時間の講習を受け「普通救命講習受講修了証」を受け取る。二、三年生も復習のための講習を二時間受ける。今年は二十六日までに全校生徒百六十九人が講習を受け終わる予定だ。

 十四日は一年A組の二十五人がビデオで心肺蘇生(そせい)の必要性を学んだ後、四グループに分かれて自動体外式除細動器(AED)の使い方など、実技講習も受けた。市消防本部大曲出張所の職員四人が見つめる中、生徒たちは真剣な表情で、急病人に見立てた人形に声を掛けて意識があるか調べ、心臓マッサージに取り組んでいた。

 受講後に修了証を手にした合田智喜君(12)は「倒れた人がいたら、冷静に応急処置をしてあげたい」と話していた。同出張所職員の橋本充康さん(32)は「二、三年生は手際も良い。一年生はまじめに取り組んでいる」と頼もしそうに子供たちを見つめていた。

 館岡校長は「受講時間を確保するのは難しいが、子供や地域にとっても良いことなので続けていきたい」と話している。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/130261.html

すばらしいですね
中学生が入学し 卒業までの3年間 繰り返し講習会を行うことによって
無理なく覚えることができると思います 
現在 残念ながらカリキュラムに組み込まれてはおらず 各学校によって格差ができてしまいます
この学校のような毎年行う学校と 3年間まるでしない学校とでは当然 子供たちの命に対しての意識はちがってくるのではないでしょうか 
現在 学校教育カリキュラムの中に応急処置という言葉はあっても
AEDという言葉もBLSという言葉はどこにも組み込まれていません
つまり 先生たちの意識ひとつにかかってるということだとおもいます
友達が 仲間がそして家族がなにかあったとき自分にも何かできることがあることを
知ってもらえたらうれしいです


広まってるな~

全新幹線にAED搭載へ=年度内に配備完了-JR東
JR東日本は6日、東北・上越・長野・山形・秋田各新幹線の全131編成に、心室細動で心停止を起こした人に電気ショックを与えて蘇生(そせい)させる自動体外式除細動器(AED)を備え付けると発表した。
 乗客も使用できるよう、各編成一カ所のデッキなどに設置。来年2~3月に搭載を完了する。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008110600744

新幹線にはもうAEDが配備されてると思っていたから 
あら~まだだったんだ・・・・とちょっと意外でした
当然 乗客乗務員は講習会を受けてると思います
次の駅に着くまでは救急車への受け渡しは不可能ですからね
これで新幹線を利用される方も安心ですね


震災想定し初の合同訓練/川崎市中原区で警察と消防、消防団

災害発生時に関係機関が連携して人命救助に取り組むことを目的に、中原署と中原消防署、中原消防団の合同訓練が五日、川崎市中原区の中原署庁舎で行われた。警察官と消防士ら約百四十人が参加した。三者の合同訓練は初めて。

 中原署庁舎を六階建ての雑居ビル「中原小杉ビル」(仮称)と見立てた上で、震度6強の揺れで四階から出火し二人が逃げ遅れたと想定。消防隊がはしご車で男性一人を救出したほか、負傷者をストレッチャーに乗せてロープで下ろした。

 中原署員は初期消火訓練や、自動体外式除細動器(AED)実習を実施。また、大規模災害での多数遺体の取り扱いについて習熟訓練も行った。

 中原署の田尻栄治署長は「緊張感のある訓練で三者の連携ができた」、中原消防署の本田義雄署長は「中原区は多摩川に代表される自然環境に恵まれる一方、高層マンションなどの都市環境が発達しているため、災害時は関係機関の連携が不可欠」と話していた。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiinov08111/

お~~ 中原区ね
神奈川県には長男が住んでいるのでうれしいですね
警察と消防 そして地元の消防団の方たちが共に命をつなぐために集まっての訓練ですからね
長男もマンション住まいですからこういう訓練は離れている親としては心強いですよね
マンションにすむ方たちも講習会へといってくださるとより連携がスムーズにいくようになるでしょうね
すこしずつですがみんなでみんなの命を守ることが広まってくれたらと願うだけです

命をつなぐこと

messeji

先月末 松山で開催された「生命のメッセージ展」でかけました
娘を亡くし ネットの世界でしか生きられなかったころに
同じように娘を亡くした仲間に出会いました
子供の死を嘆き悲しむより 子供が生きた証を伝え幸せをいっぱいくれた子供たちを
自慢していこうという仲間たちです
その仲間の一人でとっても仲良くしてもらってる美香ママさんが地元愛媛の松山で
開催するということで カニママさんと二人ででかけていきました

会場にいくのははじめてで 白いボードでかたちどられた人型に
声なき声のメッセージ 
一つ一つ読んでいくと 悲しみでおしつぶされそうになってきました

会場 正面にかかれたメッセージ展の言葉がありました

>>>>>生命の重さ<<<<<

「世の中で、一番大切なものって?」
この質問に、多くの人が「人の生命(いのち)」と答えるだろう。

「最も残酷で許せないことは?」
それは、人がその人生をまっとうすることなく、人の手で暴力的に生命を断ち切ることではないだろうか。

人生をまっとうすることなく、人の手で暴力的に生命が断ち切られる悲劇…。

 先ず私たちの頭に浮かぶのは戦争であろう。かつて私たちの国は国家拡大を目指し、大戦を引き起こした。第二次世界大戦後に制定された日本国憲法は「戦争放棄」を謳った世界に類を見ない平和憲法と評価され、私たちの国は、世界一治安の良い国とうらやまれる。しかし、平和であるはずのこの国は、今まさに「交通戦争」のただ中にあるのだ。私たちの生活を豊かにする車は、愚かな使い手により凶器と化し、年間約1万人がその「凶器」に生命を奪われている。一番大切なものが、日常茶飯事のように奪われているのだ。

 交通犯罪だけではない。強盗殺人、通り魔による無差別殺人、ストーカー殺人、暴徒化した若者のリンチ殺人、、。私利私欲を満たすための罪は、戦争と何ら変わりはない。

 生命は取りとめたものの、人生の光りを失った被害者は数知れない。職場や学校で執拗に存在を否定され死を選んだ人、過酷な労働に生命をすり減らす人々。失われた生命を思う時、一見平和に見える現代社会に潜む混沌に、戦慄を覚えずにはいられない。

しかし、悲劇はくり返されている。

 残酷で許せない事件の衝撃は、月日とともに薄れ、またひとり、またひとり新たな事件で生命が奪われていく。犠牲者は忘却の彼方に葬られ、数字というデータの中に埋没させられてしまうのだ。

 「忘却」は神の恩寵であることは確かだが、尊い生命を奪われた犠牲者たちを忘れることは、彼らの死から学ぶという貴重な権利を放棄することではないだろうか。彼らの死、そして確実に存在していた尊い生命をけして無駄にしたくない。彼らが生命を賭けたメッセージは「生命の重み」。

 彼らひとりひとりに家族があり、友人があり、未来があり、夢があり、人生があった。数字に埋没させられた生命ひとつひとつの素顔に想いを馳せ、安らかな冥福を祈ろうではないか。

 交通犯罪はじめ多くの犯罪が、文明社会の慢性病とあきらめてはならない。彼らを想い、犯罪を憎み、「生命の重み」を再確認する契機としよう。過去を振り返り反省すれば、悲劇は減るはずだ。そうでなくてはならない。

彼ら犠牲者は生命を賭けて、私たちを悲劇のない真の平和へ導いている。

彼らの「生命のメッセージ」を、未来の生命へつなげていきたい。


生命のメッセージ展では理不尽な事故や事件で命を絶たれたものたちの声なき声を
届けることで命の尊さを訴えています
それは「命のバトン」でも同じようなことがいえるとおもうのです
命のバトンでは人の思いやりやAEDによってつながる命 救える命があることを知ってもらうことで
命の尊さ 命の重さを知ってもらいたいと願っています
根本的には 「いのち」との対峙なのだとおもうのです
たった一つの命をまもるために 人としてなにができるか どうあるべきなのかを
問い 自らの思いの芽生えを育てることしかないと思うのです

自分の命はそれぞれに与えられた限られた時間です
他人の命も同じです 
でも 健康で何事も無い日常ではその感覚はなかなか生まれては来ないと思います
今があるのは生きてるんだから当たり前
そう思う人が多いのではないでしょうか
今があるのは生き残った命だからこそです 
明日が必ずくるなんて誰にもわからない
彼らのメッセージに耳を傾け  
今ある命を大切に生きてほしいと願います
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。