スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウム2

ありがたいことです
画像が一枚もないんですと話したら 参加してくれた仲間がちゃんとおくってくれました
あらためて紹介していきますね

シンポ5
ここが福井県自治会館です とてもきれいで使いやすい施設です

シンポ6
ここにもちゃんとAEDが設置されていましたよ

シンポ2
会場内の様子です ここは第一会場です

シンポ7
全員に配布したパーソナルキットです

シンポ1
プリティ長嶋さんは自らスタッフとしてはいってくださいました 第一会場だけでなく 第二会場にも
顔をだして 会場を盛り上げてくださいました 細かい気遣いをしていただき感謝しています

ジャンバー
これ これです 命のバトンのジャンバーですよ♪

シンポ3
輿水先生とその仲間たちからのお花です 
この中には 新潟のうぶみさんもいるんですよ
みんな~~ ありがとうね

シンポ4
そして 札幌の俊平くんのご両親が立ち上げられたNPO法人 命を守る会「絆」さんからいただきました ありがとうございました

本当にたくさんの方に支えられたシンポジウムでした
感謝 感謝です
スポンサーサイト

とっさの救命 市民実践 AEDシンポに300人 福井

心肺蘇生(そせい)に効果のある自動体外式除細動器(AED)の普及・啓発を訴えるシンポジウム(福井新聞社後援)が20日、福井県福井市の県自治会館で開かれた。

 スポーツ少年団や中学高校の運動部指導者、保護者、学生ら約300人が参加。医療関係者の講演やパネル討論、心肺蘇生法の体験講習会を通じ、一般市民でも命を救うことができるAEDの有効性について理解を深めた。

 AEDは心肺停止した人に電気ショックを与える医療機器。2004四年から一般市民も使用できるようになり、県内では8月末で1029台が設置されている。シンポジウムは日本救急医療財団(東京都)と福井フェニックスライオンズクラブ(LC)が開いた。

 「助かる命 安心・安全のまち福井」をテーマに救急医療の専門家らが講演。同財団理事長の島崎修次・杏林大教授は、心肺停止状態の際は「治療が1分遅れると生存率が10%下がる」と説明。救急車が現場に到着するまでの間(平均約6分)にすぐに処置することが必要と強調、AEDの普及を呼び掛けた。

 心肺蘇生法の講習会では、参加者が1人ずつ人形を使って体験。福井市東消防署の救急救命士松浦治和さんの指導で意識・呼吸の確認、人工呼吸、心臓マッサージを練習した。また10人ずつグループになりAEDの使い方を学習。音声案内に従い胸にパッドを張り付け、電気ショックを与えるボタンを押すまでを体験した。

 福井大医学部3年の手塚日暖さん(21)は「街中で必要になった場合、AEDを探したり、救急車を呼ぶなどの役割分担を居合わせた人同士がスムーズにできるかどうかが課題になるかもしれない」と話していた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=5151


ごめんなさい 
当日 走り回っていて 画像が一枚もないし会の全体像がつかめませんでした
朝9時半に会場に入ってから 10時半にAED講習会のスタッフミーティング
11時に全体ミーティング 
12時に講演していただく講師の先生方とのミーティング
会場では参加者さんたちの入場がはじまっていました
その後も さくらはなぜか走り回ってました
プリティ長嶋さんの講演だけは聞きたいと そーっと会場にはいり
その熱い講演を聞かせていただきました 
演台もプロジェクトもなし 巨人の星のテーマにのって バットとグローブをもっての登場です
わかりやすく 心臓震盪の話や現場でそばにいるアナタが必要なんですと
笑いをまじえ 会場の雰囲気もなごやかなものになっていました
でも その講演をきいたあと また会場からでて走り回り
次に会場に入ったのはAED講習会になっていました
はじめておそろいのジャンバーを作りました 
命をつなぐ心を育てる会「命のバトン」 と書かれたジャンバーです
メンバーが通路に第一会場に22名 第二会場には7名 わかれ
指導にあたりました 
第一会場220名 第二会場70名 
いっせいに行なう心肺蘇生法 その後 次の説明にはいると水をうったような静けさ
会場一体の講習会はすばらしいものでした

初めての企画で内容的には未熟なものですが
参加者のみなさん 命のバトンスタッフ REMのスタッフそして 福井フェニックスライオンズクラブさん
みなさんの力が一つになった そんなシンポジウムになったとおもっています
厚く 厚く御礼をもうしあげます
ありがとうございました

「つながる命があります 救える命があります 
一人でも多くの方によって 救命が必要なときに心肺蘇生法を行ない AEDを使うことで
一つでも多くの大切な命が救えることを心より願っています」

講習会 

aed1.jpg

8月24日 親子のためのAED講習会
大切な家族を守るためにできることを一緒に考えていきましょう と夏休み始まった頃に
呼びかけたのですがお盆をすぎたころでも参加者は2組4人だけでした
知り合いや友人にも声をかけたのですが人を集める難しさを勉強させていただきました
当日にはガールスカウトの方も参加してくれて 結局24名の方に集まっていただきました
小学生の子ども達ははじめての講習会らしくて それでもとても上手にできていましたよ


講習会1

8月31日 上級救命講習会
福井市の防災センターにおいて 東消防署の救命士さんたちによる講習会が行なわれました
募集をかけて 2日で定員40名を超える44名があつまったそうです
意識の高い人たちの集まりです
皆さん 熱心で質の高い講習会に参加できました 
たのしかったです♪

講習会2

そして 今日 9月7日 地元の中学校の文化祭で保健委員会が中心となって
AED講習会がありました
3日 4日の夕方から1時間ずつ 計2時間のレクチャーさせていただきました
当日 保健委員の生徒さんたちは見事に指導者としてがんばりました
見学にきていた保護者の方も 保健室にはいってこられ体験されていました
この中学校での取り組みは今年で4回目
養護の先生が「継続は力也です 続けていきたい」とがんばってらっしゃいます
とてもすてきな先生で わたしはとことん応援していきたいと思っています

講習会つづきで毎週忙しくしていましたが昨日は沙織の22回目のお誕生日でした
なにもなかったら きっと あれこれと沈んでいただろう私を
これだけ忙しくしてくれたのはあの子の仕業だと思っています
私一人ではここまでこれませんでした
これからもたくさんの仲間とそして沙織とともにゆっくりやっていこう
そう 心おだやかに思えました

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。