スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防げ得た命

車横転し小2死亡 常磐道で6人重軽傷
 
 27日午前7時50分ごろ、福島県広野町折木の常磐自動車道下り線で、小学生男児など7人が乗ったワゴン車が橋の欄干に衝突し横転、車外に投げ出された茨城県土浦市烏山5、小学2年野上恵佑君(8)が頭などを強く打ち死亡した。

 県警高速隊によると、ワゴン車は茨城県土浦市のフットサルスクールのもので、茨城県つくば市の小学6年男児(11)が腕の骨を折る重傷。運転していた土浦市摩利山新田の会社員、高橋俊明さん(26)と、茨城県内の7―9歳の小学生男児4人も軽傷を負った。

 同隊は、男児らの大半がシートベルトをしていなかったとみているほか、自動車運転過失致死傷の疑いもあるとみて高橋さんから事情を聴き、事故原因を詳しく調べている。

 同隊によると、現場は片側1車線の緩やかな左カーブで事故当時は雨で路面はぬれていた。野上君らは2泊3日の予定で、福島県浪江町の「マリンパークなみえ」に合宿に向かう途中だったという。〔共同〕(07:04)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080728STXKA036127072008.html


命を守るということで 気になったので記事を書きました
スポーツ少年団やスポーツスクールでは遠征はよくあるとおもいます
そして たいてい 監督やコーチさんが車を借りたり 自前の車をだして移動を
しているのではないかと思います
今回 シートベルトのことが記事もなっていたので
ぜひ 見てほしい動画があります
JAFのHPで公開しているJAFライブラリーです

http://www.jaf.or.jp/library/fr/f_index03.htm

車内でなにがあったのかわかりませんが 車を走らせたら運転者の責任です
でも 引率者がもう一人いたら 車内の安全確認もしっかりできたのではないかと思います
運転者にすべてを預けるのですから 少しでもその負担を軽くするためにも
各個人が安全にたいする意識をもつべきだとおもいます

失った命は2度とはもどらないのです
どんなに泣き叫ぼうが 怒りまくろうが2度とだきしめることは
できないのです
命にたいしての意識 安全にたいする意識 
他人事ではなく 自分自身の身をまもるためになにをすべきか
この夏休み 親子でたまにはそういう話をしてみてください
みんながみんなの命を守り 生き抜くことができるようにみんなで
共にかんがえてみてほしいと思います
スポンサーサイト

ちゃんと見ていてね

プリティくるみさんのところからの記事です

新潟市:AED、おぼれた女児の命救う

26日午後1時25分ごろ、新潟市中央区神道寺南の新潟市鳥屋野総合体育館プールの25メートルプール(水深1-1.2メートル)で、同市中央区の女児(5つ)がおぼれた。女児は一時心肺停止に陥ったが、監視員らが自動体外式除細動器(AED)や人工呼吸などの蘇生(そせい)措置を行った結果回復、命に別条はないという。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008072600314

新潟から声を出して 出した声は確実に広まってると思います
新潟だけでなく 彼女は各地を走り回りました
彼女のまいた救命の種はきっと根付いていくとおもいます

うぶみさん ちゃんと見ていてよ 

根付いた種が大きな花を咲かせるためには
あなたの力が必要なんだからね 



シンポジウムのお知らせ 

シンポジウム

「AED普及 啓発シンポジウム」

1.テーマ 「助かる命 安心・安全のまち福井」

2.趣旨 
  2004年 7月1日 厚生労働省は都道府県および関係省庁に 心停止した人のいる現場に
  居合わせた一般市民のAED使用が認められるようになり 現在 福井県ではAED設置率
  全国1位にランクされています しかし 救命率はこの順位に比例していません
  そこで AEDの現状と有効性に関する認識を深めてもらうとともに AED導入・使用方法習得の
  必要性を解説し 各現場の方々はもとより スポーツをする子ども達のリスクマネジメントを考え
  スポーツをする子ども達やその保護者を募り 効果的な心肺蘇生法を体験することにより 
  「大切な命を守る」その一歩を踏み出す勇気(命のバトン)を伝えたいと考えています

3.日時 
  平成20年9月20日(土) 13時~16時半

4.会場
  福井県福井市西開発4-202-1
  福井県自治会館

5.入場料  無料

6.参加者  200名 スポーツ少年団(指導者・保護者) 高校生運動部関係者 一般市民

7.主催 財団法人 日本救急医療財団
  主幹 福井フェニックスライオンズクラブ
  後援 厚生労働省 福井県教育委員会 福井市教育委員会 福井テレビ 福井新聞
      福井県AED普及啓発協議会 命をつなぐ心を育てる会「命のバトン」 救急ボランティアREM

8・  プログラム 
  司会 福田布貴子(福井テレビ アナウンサー) 

  基調講演  島崎修次 日本救急医療財団理事長
  座長     丸川征四郎 AED普及啓発検討委員会委員長

  講演   新井芳行  日本体育協会公認スポーツドクター
       「あなたは愛する人を救えますか?」 -福井県AED普及啓発協議会の成果ー
    
        高山裕喜枝 福井大学医学部 救急部看護師
       「いざという時の心肺蘇生法」- 救急医療現場からー

        プリティ長嶋  市川市市議会議員
       「その命を救えるのはアナタです」-私がAEDを広めようとした理由ー
     
        後藤 慎   フィリップスエレクトロニクジャパン アカウントマネージャー
        「AEDってすごい!!」

  パネルディスカッション 

  心肺蘇生法講習  指導 松浦治和  福井東消防署 救急救命士
              スタッフ    「命のバトン」メンバー 救急ボランティアREM


北陸ではじめてのシンポジウムを開催することになりました
慣れないことばかりで 不手際が多々あることはわかっています
が 非医療従事者が財団のサポートを受けて 一般市民の目線で「共に考える」
シンポジウムを行ないたいとおもっています
この会をスタートに 福井市民が救命に対して一歩を踏み出せるように
精一杯 頑張りたいと思います

参加希望の方は 住所 氏名 所属名(会社名) ご職業をご記入の上 送信してください 

sakuraroom@ej.chu.jp

最高気温38.6度 

毎日 暑い日が続いていますがみなさん 
お元気でしょうか
今日 気象庁によると、京都府舞鶴市で今夏全国最高の38.6度を記録したそうです
日中 車の温度計が41度となっていました 
どうなってるんでしょうね 
これだけ高いとたしかに北極の氷もとけちゃうでしょうね
本当に 明日のエコでは間に合わない ですよね

これだけ暑いと毎日熱中症の話がでてきますね
よくわからないのが
熱中症、熱射病、日射病の違い

「熱中症は外気においての高温多湿等が原因となって起こる症状。高温障害。

日射病は炎天下にスポーツや激しい労働をしたようなときに汗がたくさん出て、体の水分が足りなくなってしまい、心臓へ戻ってくる血液が少なくなって心臓が空打ちをしてしまう病気です。「脱水状態」の事

熱射病は体の熱を十分に発散できないで、熱が体にこもってしまい、高い体温に体が対処し切れなくなった状態です。」

だそうです それでめまい感やクラクラと立ちくらみするような時は、熱中症の始まりと考えて、
すぐに水分・塩分を補給しましょうね


「意識障害が起きて熱射病と思われる時の処置は緊急を要する。救急車を呼ぶ一方、素早く体温を下げるために、

涼しいところに運び、足を高くして寝かせる
水分を飲ませる(コップ一杯の水に塩一つまみ、砂糖五つまみを加えると吸収されやすい)
体温を下げるための処置を講じる
手足や全身に水をかける
ぬれタオルを首筋や脇の下に当てる
うちわで扇ぐ
霧吹きで身体に水分を吹きかける
氷を脇や股に挟んで、熱を放散させる
などしなければ生死にかかわる。
意識がなく、心停止状態にある場合は、①救急車を呼ぶ、②心臓マッサージを行う、③救急車到着前にもAED(自動対外式除細動器)を探して、使用する」

と 書いてありました

毎日 あついね~といっていても 症状の区別や処置の仕方は
よく覚えてません 
普通の人はそんなものだと思います
でも ちょっとした心がけで予防できるのですから

「傘・帽子を持参
戸外は日陰を歩く
水分摂取(スポーツドリンク)
吸湿性の良い服装をする(汗をよく取る服装)
自宅では窓を開けて風通しを良くする」

覚えておいてくださいね




救われた命輝く

大阪桐蔭、コールド勝ち
第90回全国高校野球選手権記念北大阪・南大阪大会は6日目の14日、2回戦10試合が行われた。北では優勝候補の大阪桐蔭が投打に相手を圧倒して完勝。南でも頂点を狙う大体大浪商と東大阪大柏原が、いずれもコールド勝ちで3回戦に進出した。13日も1、2回戦18試合があり、南では高石が延長10回サヨナラで接戦を制した。15日は6球場で2回戦12試合が行われる。

救われた命輝く

 ○…昨春の試合中、自動体外式除細動器(AED)による救命措置で一命を取り留めた飛翔館の上野貴寛主将(3年)は最後の打者となり、「助けてくれた人たちの思いを大切に感謝の気持ちを忘れずに生きていきたい」と涙をぬぐった。

昨年4月30日の春季近畿地区大会府予選。2年だった上野主将は投手としてマウンドに上がり、左胸に打球の直撃を受けた。一時心肺停止状態となったがAEDで救われ、後遺症もなく今春から主将の大役を任された。

 7点を追う七回、「勝つ気持ちを捨てない」と力を込めて放った打球は三塁ゴロとなり、懸命に一塁に滑り込んだがゲームセット。「3年間、野球をやり続けることができて幸せでした」と高校生活を振り返った。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20080715-OYT8T00110.htm


飛翔館高校の上野君がキャプテンを勤めぬいたこと
これは奇跡でも 幸運でもない 
スポーツを推進し 応援することは子ども達の命を守ることができて
はじめて成り立つのではないでしょうか・・・
スポーツは少なからず リスクを負うものです
でも 精神を鍛え 肉体を鍛え 仲間意識を培うすばらしいものだと思います

あの時 呼吸が止まり 冷たくなっていく子どもを抱いたお父様は「もう あかん」
そうおもったそうです
でも 最後の最後まであきらめない気持ちが子どもの命をつなぎとめたんでしょうね
側にいる人が「AEDないんか?」の声 AEDを取りに走り 
救命士さんが蘇生 
すばらしい救命リレーじゃないですか

やればできるんです 
人はあたたかい 
命の瀬戸際で精一杯の愛をあげることができたら
その思いは必ず届くはずです

うらやましいですね・・・
あの子がすごした最後の季節 夏が本番を迎えました

海はいいよね

くるみさんのブログにとてもためになる記事がのっていましたので
紹介させてもらいます


水難救助:救命胴衣の装着やプールで教室 
 
 水難事故が増える夏の行楽シーズンを前に、和歌山市和田の市立三田小学校で3日、水難救助教室があった。和歌山海上保安部の職員8人が、5年生約70人に救助法などを指導した。
 職員は救命胴衣の装着や簡単な救助法などをプールで実演。代表の児童が救命胴衣をつけて服のままプールに入ったり、身の回りの物を使った救助を体験するなどした。警備救難課の加地建・専門官は「友達がおぼれた時は、その子を勇気づけながら大人に助けを求め、身近にある浮く物を投げて安心させて」と話した。
 縄を付けたペットボトルによる救助を体験した小川統也君(10)は「あせってうまく投げられなかった。事故があった時は、持っている物を使って助けたい」と話していた。
 同保安部などによると、県内の磯や岸壁で釣り中の事故件数は07年17件、08年は2日までに9件発生。計10人が死亡しており、ほとんどが救命胴衣を着用していなかったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080704-00000164-mailo-l30

浮くっちゃボトルの記事は下記です。
夏休みの自由研究で一個作ってみませんか?

http://loveaed.blog31.fc2.com/blog-entry-1910.html

 ↑ とてもこれいいと思います 
グループや町内会などで海に出かけたりするときなど みんなで作って 命のことや海やプールは楽しいけれど危険なことを話をしてほしいと思います

訃報


今 ちょっといろんなことが重なっていてかなり忙しい毎日を送っています
あちらにメールをだして こちらに依頼書を書いて などと考えながら
メールをチェックすると

突然のメール失礼いたします。

AED新潟 管理人の○○です。
本日朝 AED新潟代表 清水克子が 脳梗塞で永眠いたしました。

私もただ今聞いたばかりで動揺しておりますが、
取り急ぎご連絡いたしました

・・・・息をするのを忘れるくらい「永眠」という文字から目が釘付けになってしまいました

清水克子さん 「AEDをすすめる新潟の会」をつくりAED普及を共に
がんばってきた大切な仲間です
志信くんを想い 志信くんのつながるはずだった命を次につなげるために
共に歩いてきた仲間です

AHAのBLSがとれることをしって 福井までとんできたうぶみさん
胸骨圧迫のとき 泣きながら練習をし 赤い目で
「これ きついよね・・・ でも 志信のようなことが2度とないようにしないとね」と

去年はよく電話連絡もしていて 今年にはいって体調をくずしたことを
聞いていたのですが それでもゴルフにでかけたり
元気に走り回っていました

ねぇーうぶみさん 
出会えてよかったね 
悲しい出会いだったけど 共にがんばることができて
私はうれしかったよ

うぶみさん 志信くんと会えましたか?
はやすぎ!と怒られたでしょうね

って・・・・・・・
本当のことなんだろうか
なんだか信じられないです

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。