スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年ありがとうございました

北広島市総合体育館 設置1カ月AED、早くも救命に力(12/28 14:29)
 【北広島】市総合体育館でランニング中、突然倒れて心肺停止状態になった六十代男性を、体育館職員が自動体外式除細動器(AED)などを使って救命していたことが二十七日、分かった。市消防署によると、市内で一般の人がAEDを使って救命したのは初めて。同体育館にAEDが設置されてまだ一カ月もたっておらず、早くも効果を発揮した格好だ。

 市総合体育館と市消防署によると、二十一日午後三時五十五分ごろ、館内にあるランニングコースの利用者から「男性が倒れている」と体育館事務所に通報があった。市教委体育課の山田隆二課長ら事務所にいた職員四人が手分けをして、119番通報や救急車の誘導を行う一方、AEDと心臓マッサージによる救命処置にも当たった。

 男性は当初、呼びかけに反応せず、呼吸もなかった。しかし、救急隊が到着した時には、意識こそなかったが、弱いながらも自発呼吸が確認された。札幌市内の病院に搬送され、現在は回復に向かっているという。

 市は十一月二十九日から、市内の公共施設四十七カ所へのAED設置を進め、同体育館は同日設置した。合わせて、市長を含めた全職員を対象にAEDの使い方などを学ぶ講習会を実施しており、今回、救命に当たった職員四人は全員受講していた。

 山田課長は「こんなに早く“その時”が来るとは思わなかった。職員のスムーズな連携と利用者の協力があったからこその結果だったと思う」と話している。(能正明)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/68275.html

2007年も残りわずかとなりました
今年一年 たくさんの出会い たくさんの応援 
ありがとうございました
一般人使用が可能になってから3年 
めざましく救命率が上がってると思います
私が子供のとき教わったことは 人が倒れたらさわるなでした
なにかして なにかあったらどうする でした
そして 娘はそんな状況でこの世を去りました
救急車がくるまでのわずかな時間にできることがあることを
知りました
つながる命があること 救える命があることを知りました
小さな声ですが精一杯声を出し続けることで
たった一人でもいい 耳を傾けてくれる人がいたらそれだけでいいと
素人なりの気持ちを伝えてきました
私にできることは あの時の気持ちを伝えることしかできませんが
来年も 背伸びせずゆっくりがんばっていけたらと思っています
今年一年 お世話になりました
よいお年をお迎えください

スポンサーサイト

HIGEさんからのうれしいニュース


10月31日 とあるラーメン店での出来事でした。
食事のため、ご夫婦で来店し、何を注文するかと決めていた時、突然、60歳前半のご主人が意識を失い倒れました・・・・
たまたま食事に来ていた、ある官公庁に勤務するBLSの心得のある男性がそれに気づき、倒れたご主人のもとに駆け付けると心肺停止状態であったため、携帯していたフェイス・シールドを使用し、マウス・トゥ・マウス併用のCPRを開始して下さいました。

 その頃、「男性がラーメン店内で倒れたらしい」との通報を受け、出動した私は、ラーメン店周辺の救急隊が全て出動中であり、現場まで約10分を要することから、詳しい状況を知るために、通報者のラーメン店に何度も電話をかけましたが応答はなし・・・
 このため、最悪の事態に陥っている事を想定し、AEDをはじめとする救命資器材の全てを準備し、約10分で現場に到着すると、店内で仰向けになった男性に、一人の若い男性が必死にCPRを実施してくれていました。
到着後、バイスタンダーの男性に胸骨圧迫心臓マッサージの継続を依頼、AEDを装着すると、波形は「心室細動」であったため、直ちに除細動を実施しましたが、なおも心室細動は継続していました・・・CPRを継続しながら計3回の除細動を店内で実施しました
車内収容時も私達救急隊の3人とバイスタンダーの計4人で実施しましたが、車内収容後も心室細動は継続、車内でさらに2度の除細動を実施しながら、所用約10分の救命センターに収容しましたが、なおも心室細動は継続していました・・・

 救命センターでは、たくさんの医師が救急隊の到着を待ちかまえてスタンバイして下さっており、私達救急隊とともに処置室では、1時間以上にもわたる必死の救命処置が行われた結果、この男性の「命の灯」は消えずに残りました
そして 倒れた男性が、快方に向かい社会復帰できることになったと入院先の先生からご連絡を頂きました。
ラーメン店に「AED」は設置されていませんでしたが、救急隊が到着するまでの10分間、たった一人で絶え間ない胸骨圧迫心臓マッサージを継続して下さったバイスタンダーの方のおかげです。本当に良かったと思います。



先日、出席した勉強会で、こんなデータが紹介されていました。バイスタンダーCPRの実施率と生存率の調査結果です。

【目撃者がいる心肺停止事例でのバイスタンダーCPR実施率】
シアトル   62.2%
ニューヨーク 36.5%
ロサンゼルス 38.0%
SOS-Kanto  28.3%
大阪市    23.5%

【目撃者がいなかった心肺停止事例でのバイスタンダーCPR実施率】
シアトル   55.9%
ニューヨーク 32.0%
ロサンゼルス 28.2%
SOS-Kanto  28.0%
大阪市    データなし

【心肺停止事例からの生存率】
シアトル   32・0%
ニューヨーク  5.3%
ロサンゼルス  6.9%
SOS-Kanto  10.5%
大阪市     6.5%

注)「SOS-Kanto」は関東地区の心肺停止事例の統一調査データです。

このデータを見れば判りますが、目撃の有無にかかわらず、50%以上のバイスタンダーCPR実施率となっているシアトルの生存率が32%と群を抜いており、今更ながらバイスタンダーCPRの実施率が生存率に大きく関わっていることが判ると思います。
目撃の有無に関わらず、バイスタンダーCPRの実施率が50%まで上がれば、日本でももっともっとたくさんの方の命が救えるようになるはずです。
ひとりでも多くの方に救命講習会を受講して頂き、命のバトンをつなげて欲しいと思いますとともに、さらに多くの方にBLSを普及していけるよう頑張りたいと思います。




救命された男性は回復され社会復帰できる見通しになったとのことです
ただ この救命事例の影に悲しい光景がありました
そのことをぜひしってください
たしかに私達は日常 他人の中で社会生活をしています
家族も同様に仕事や学校へと他人の中へと入っていきます
愛する家族は他人に守られてるということを知ってください
あなたはあなたの大切な人にずっとついてはいられないのです
自分のそばにいるアカの他人の命を守れるということはすなわち 
愛する人も守られる社会になるということです
もしも 倒れた人が自分の大切な人なら横目でラーメンなど食べていられないと思います
いつ どこで倒れるかなんて 誰にもわからないんです
安心して 愛する人に「いってらっしゃい」と見送れる社会に
一人ひとりが考えていけたらと思います





CPRを継続しながら計3回の除細動を店内で実施しましたが、その際、信じられない、悲しい光景を目の当たりにしました。
 お昼時を過ぎていたため、店内は5割程度の入りでしたが、店員は、普段通りに客の注文を聞き、今まさに消えかかっている「命」を消さないため、必死の活動をしている私達と、涙を目一杯に溜め、不安げにご主人を見つめる奥様の脇を、ラーメンの乗ったお盆を持ち行き交っていました・・・店内にいた他の客も、ラーメンをすすりながら遠巻きに自席から見ているだけ・・・レジではいつも通りに勘定を払う客と、いつも通りにレジを打つ店員・・・
この「信じられないほど悲しい光景」
まだまだ・・・本当にまだまだ、この国の多くの人の意識はとても低いものであり、「救いたいという心」は、シアトルに及びようもないほど足りないものなのか・・・と涙が出てきそうな程辛く、悲しくなりました

つながるぞ 命

心肺停止の2人を相次いでAEDが救う JR新神戸駅など2007年12月13日

 今月9日夕、神戸市内で相次いで心肺停止に陥った2人の男性がいずれも駅備え付けの自動体外式除細動器(AED)で命をとりとめていたことがわかった。2人が搬送された兵庫県災害医療センター(同市)は、後遺症が残らないとみており、「公共施設のAEDが非常に有効に使われたケース」としている。


神戸市営地下鉄三宮駅に設置されているAED=13日午前、神戸市中央区で
 山口県の男性(57)は9日午後5時半ごろ、JR新神戸駅の改札前で肥大性心筋症のため不整脈になり心肺停止状態になった。偶然通りかかった市内の病院の女性看護師3人が、駅員に指示して駅に備えてあったAEDを装着。ちょうど駆けつけた救急隊員が作動させ、呼吸と脈が回復した。妻(53)は「お陰様で普通に話ができるようになった」と喜ぶ。

 同じ日、神戸市北区の男性(69)は市営地下鉄三宮駅のホームで心筋梗塞(こうそく)で倒れ、心肺停止状態に。居合わせた市内の病院の女性看護師が、駅のAEDで助けた。男性は「99%だめとされる状態から命拾いさせてもらいありがたい」と話した。

 地下鉄三宮駅は05年7月、駅長室にAEDを1台設置。使われたのは初めてだった。JR新神戸駅は昨年11月、上下線ホームと改札口横に計3台を置いていた。今回が3回目の使用例という。

 専門家によると、心肺停止になった人を、普通の生活ができるまで回復させるには、通常10分以内に心拍を再開させることが必要だという。阪神大震災を契機に、03年にできた同センターには、開設から今年7月までに711人の心肺停止患者が搬送されたが、社会復帰ができるまで回復したのは22人に過ぎない。

 小澤(こ・ざわ)修一センター長は「数年前であれば、今回のようなケースは亡くなるか、『植物状態』になってもおかしくなかった。一般の人にもAEDの使い方がもっと広まれば」と話している。

 <自動体外式除細動器(AED)> 心臓の心室がけいれんして血液を流すポンプ機能を失う「心室細動」が起きた際、胸付近の2カ所に電極を張りつけて電気ショックを与え、正常な動きに戻す機器。厚生労働省は04年7月、緊急の場合、一般の人が使用しても医師法違反に当たらないとの見解を出し、駅や空港、学校などへの配備が進んでいる。音声ガイドで操作方法を教えてくれる。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200712130020.html

AEDの普及活動をはじめたとき 友達が
「それって電気ショックでしょ? 素人が使って大丈夫なの?
心臓が破裂して またショックをかけたらどうするの」と怪訝な顔でいいました
そして
「あのね 人は死ぬものなのよ」と
いいようにとれば きっと人はいずれ死ぬのだから一日もはやくあきらめなさいと
元気づけてくれたんだろうと思います

先日 怪訝そうにいっていたその彼女が 
「上級救命講習会受けてきたよ つながる命があるのなら
私も手伝うから」
そのあとも彼女の地域では講習会が開かれたそうです
その時の彼女のコメント
「救急隊の方もいそがしいのか 30人くらい集まったのに
AEDトレーナーが一台なのよ 触らない人のほうが多かったの
こんな講習会は考え物よね」

その時は「せっかくいったのにね」っといったのですが
しばらくして それより彼女の変わっていく様がとてもうれしくなりました
怪訝そうに私をみていた彼女の意識がどんどん変わっていった
きっと AEDってなんだろう と
彼女なりに関心をもってくれたんだろうと思います
たとえ 人は死ぬものだとしても
そばにいる人が「知る」ことでつながる命があるということを受け止めてくれた

心を動かすことはそう簡単ではないけれど
神戸でも今までなら最悪の事態になったかもしれないことが
そばにいる人の思いでつながる命 救える命となった
再びの命 できれば娘にあげたかった
その思いをこれからも伝えていけたらと思っています


緊急時の心構え学ぶ 北区・柏野小児童ら
12月3日19時39分配信 京都新聞


 京都市北区の柏野小の5年生が3日、同小で地域の人たちから防火や救命救急の方法を学んだ。担架を作ったり、消火器の使い方を習い、緊急時の心構えについて理解を深めた。
 柏野学区の社会福祉協議会や自主防災会、北消防団柏野分団などのメンバー約20人が、心肺蘇生(そせい)法、救急搬送、消火器の使い方の3つのコーナーに分かれて教えた。
 心肺蘇生法の講習は通常、中学生以上が対象だが、「子どもたちでできることを知ってもらおう」と企画。児童は、まず最初に人を呼ぶことや、心臓マッサージの方法を人形を使って学んだ。布と竹による担架の作り方や、いすを使った搬送方法も実際に練習した。
 また、京都市が進める「我が家の防火診断士」にも挑戦し、北消防署から認定証を受け取った。
 沢井海人君(11)は「布と竹だけで簡単に担架が作れてすごい。自分たちでもできると思う」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000039-kyt-l26

この頃 小学生を対象にした救命講習会のニュースをよく聞きます
普通救命講習会は中学生以上ということになっていますが
地元の救命士さんも小学生でも充分 救命のことを理解できるし
小学校からの命の学習をおこなうべきだという話を聞きました
たしかに胸骨圧迫とかでは低学年では
体力的にむずかしいかもしれませんが
ここでいわれているように「自分たちにできること」をまず知ることが
とても大切だと思います

今日
「学力転落ショック、指導要領・理数一部を前倒し実施へ」
というニュースをみました
ゆとり教育のつけがまわってきたようですね
理数系の授業がふえていくようで総合学習は減っていくようです
あれもこれもとは出来ないと思いますが
心を育てていく命の教育は人が人間になるために不可欠だと思います
ゆっくり育てるためにも小学校での学習として
導入していってほしいと思います


一般人による救命リレー

運転中に心肺停止の男性を5人が救命の連携プレー/川崎

川崎市多摩区の路上でトラックを運転中の男性が心肺停止状態に陥り、たまたま居合わせた通行人が自動体外式除細動器(AED)などを駆使して心肺蘇生(そせい)を施したうえ、救急隊員らに引き継いで一命をとりとめる出来事があった。「救命の連携プレー」に携わった五人のうち二人は、そのまま立ち去った。多摩消防署は「ぜひ名乗り出て」と呼び掛けている。

 判明したお手柄の三人は、いずれも同区在住の会社員竹村聡さん(46)、大学生宝達(ほうだつ)祐平さん(20)、生花店経営片野清さん(59)。

 十二日午後一時二十分ごろ、多摩区役所前の路上でトラック運転手の男性(59)が意識を失い乗用車と接触して停車。市内の会社で自営消防隊に属する竹村さんと、スポーツクラブで救命講習を受けていた宝達さんが別の男性と協力して運転席から救助し、心臓マッサージを行った。

 さらに十月にAED講習を受けたばかりの片野さんがそばの区役所からAEDを持ち出し、別の女性と二回ほど通電。駆け付けた消防隊と救急隊に引き継ぎ、四回目の通電で蘇生したという。

 「隊員が到着するまでの間に、これだけ心肺蘇生術をしてくれたからこそ助かった」と同消防署。二十三日の表彰式で三人は「お役に立ててうれしい」と口をそろえ、片野さんは「講習を受けたばかりなのでAEDの存在を知っていた。もっと大勢の人にAEDを知ってもらえれば」と話した。

 同区役所設置のAED利用は初めてだった。同消防署の山口高広署長は「救命講習の主催者としては大きな喜び。あと二人の方もぜひ名乗り出てほしい」と、二人を捜している

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiinov0711560/

すばらしいニュースです
知ることによってほんのわずかな知識でたった一つの命が
つながるのです
一次救命は医学でなく だれにでもできること
今年は救命リレーが数多くつながったと思います
そばにいた人がたまたま医療関係者であったこともありましたが
一般の人の救命リレーも聞こえるようになってきました
うれしいですよね
いままでは遠巻きにみていたり さわっちゃだめという雰囲気のせいで
今一歩前にでる勇気がありませんでした
そのため 娘の命もつながらなかったのです
でも それは仕方のないことで終わらせたくなかった
仕方のないことではなく やればできることなのですから
だれにでもできること でも 知らなければできないこと
だからこそ 講習会にいってくださいね
たった一つの命 一度きりのこの時をもう一度生きることができる
チャンスをのがさないためにも 
ぜひ 講習会へいってみてください 
おねがいします


カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。