スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうなのですが・・・

救急蘇生術:人工呼吸は不要 心臓マッサージに効果あり 

20070927k0000e040082000p_size6.jpg


突然意識を失って倒れた人を蘇生させるための応急手当は、心臓マッサージだけで効果があり、従来勧められてきた人工呼吸は必要ないことが、日本救急医学会関東地方会の研究班(班長、長尾建・日本大駿河台病院救命救急センター長)の調査で分かった。こうした人の救命には、そばにいた人の蘇生措置が大きな役割を果たす。人工呼吸には、口と口の接触に抵抗感を持つ人も多く、蘇生措置の実施率向上にもつながりそうだ。

 研究班は02~03年、関東各地の58病院と救急隊の協力を得て、そばに人がいる状態で突然心臓が止まって倒れ、救急車で病院に運ばれた18歳以上の患者4068人を調べた。そばにいた人から人工呼吸と心臓マッサージを受けた患者が712人で、心臓マッサージだけを受けた患者は439人。救急隊到着まで蘇生措置を受けなかった患者が2917人だった。

 倒れてから30日後の時点で、介護なしで日常生活が送れる状態に回復した割合は、両方受けた患者が4%、心臓マッサージだけの患者は6%で、人工呼吸なしでも変わらなかった。一方、蘇生措置なしの患者は2%にとどまった。

 患者の約9割を占めた救急隊到着時に完全に呼吸が停止していた人に限った分析では、回復率は心臓マッサージだけの患者が6%だったのに対し、両方受けた患者は3%で、心臓マッサージだけの患者の方が回復率が高いとの結果になった。

 また、蘇生措置の6割以上は一般の人が、残りは通りがかった医師ら医療関係者が実施したが、効果に差はなかった。

 人工呼吸は不要との結果について、長尾班長は「呼吸が止まっても12分程度は血液中の酸素濃度がそれほど下がらないことや、心臓マッサージの際の胸の動きで、空気が肺に送り込まれることなどが考えられる」と話している。

 心臓マッサージは、患者の意識がないことや呼吸が止まっていること、あえぐなど普通ではないことを確かめた後、両方の手のひらの付け根を患者の胸の中央に重ねて押す。体重をかけ深さ4~5センチまで胸をへこませた後、力をゆるめて元に戻す。これを1分間に100回のペースで繰り返す。救急隊が来るか、AED(自動体外式除細動器)が届くか、患者の体が動くまで続ける。1人では消耗するため、2分程度をめどに交代で行うとよいという。【高木昭午】

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070927k0000e040070000c.html

そういう情報は今年にはいってから聞こえるようになってきました
人工呼吸となると 口と口ですから
知らない人となると抵抗がありますし 感染のこともあります
救命において第一に考えなくてはいけないのは
「自分の身を守る」ということです
ここでちょっと頭においておかなければならないのは
子どもの場合 心臓が止まるケースより呼吸が止まることによって
意識を失って倒れることが多いそうです
そういう時には人工呼吸が必要だと聞きました
一般の方が抵抗をもちながら人工呼吸をするよりも
的確な心臓マッサージのほうが効果があるのなら余計なことを
しないほうがいいのでしょうが
子ども達の命を守るべき教職の方 保育士の方には
キチンとした心肺蘇生法を覚えてほしいと思います
先生たちにお願いしたいのは
キーホルダータイプのフェイスシールドの携帯です
なにもないことを祈りながら 万が一のときのために



スポンサーサイト

できることがあります

20070925175425.jpg


救急救命措置、専門医が検証 福井
9月25日午後5時53分

福井市消防局は25日、全8救急隊を対象に救急救命シミュレーション訓練を市防災センターで行った。現場到着時の対応から情報収集、心肺蘇生(そせい)処置など一連の救急活動を専門医が検証。組織全体のレベルアップを図った。

 全救急隊が一堂に会して実施するのは初めて。中、南、東、臨海、西、清水、美山、越廼の各署救急隊24人が参加。福井大医学部付属病院の寺澤秀一副院長が訓練内容を検証した。

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=1879

福井の救命士さんたちは寺澤先生のもと めちゃめちゃがんばってます
自分たちの技術のレベルアップへの努力はもちろんですが
いろんなアイディアをだして 一般の人にもっと救命の意識を
もってもらおうともしています
↓のような連係プレーが成功したのも 
第一走者はもちろんですが第二走者以下医療関係者の日々の鍛錬の成果でもあると思います
でも 第二走者の救命士さんたちがどんなに優秀でも
私達 一般のそばにいる人たちがパニクッているようでは
どうしようもないのです
連絡を受けてからの出動なのですから
現場にいる私達 一般の人たちのすばやい対応をすることが
もっとも大切なことではないでしょうか

救える命 つながる命があるのです
あきらめないで最後の最後まで望みを捨てないで
精一杯のことをしてあげれるような社会であってほしい
そう願っています



やればできるってこと

理想的な救命連携で九死に一生 運動会で男性が心肺停止

越前町越前地区で九月十五日、運動会の最中に倒れて心肺停止になった六十代の男性が、その場にいた住民の素早い救命処置と通報によって、駆け付けた救急隊に引き渡され一命を取り留めた。救急医療週間(九-十五日)期間中の出来事だけに、鯖江・丹生消防組合は「“命の連鎖”がつながった理想的な連携プレー」として、救急にかかわった住民への感謝状を検討している。
 消防組合によると男性が倒れたのは十五日午後二時二十分ごろ、小学校での綱引き競技の直後。居合わせた住民の看護師三人が役割分担して心肺蘇生(そせい)を試み、通報を受けた越前分遣所の救急隊に引き継いだ。
 救急隊は自動体外式除細動器(AED)と人工呼吸で救命処置し、地元の病院に搬送。県防災ヘリが別件で出動していたため、石川県の防災ヘリによって医療体制が整っている県立病院まで運んだ。この間、約一時間。
 同組合は「住民、消防、病院の連絡体制がうまくかみ合った。どれ一つ欠けても命はつながらなかった」と話す。
 同組合では「救命措置が必要なケースはいつ起きるか分からない。何があっても冷静に対処できるよう、各地域で開く救命講習会にはぜひ参加してほしい」と呼び掛けている。

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20070926/CK2007092602051547.html

うれしいニュースです
現場にAEDはなかったんですね
それでも有効な心肺蘇生法があれば命はつながるんですね・・・
それと やはり そばにいる人の思いですね
こういうニュースが流れると
あの時にはやはり意識が低かったんだな~というどうしようもない
思いがわきあがってきます
精一杯のことをしてあげれたら 結果はどうあれ
悔いはすこしは軽くなります
・・・精一杯のこと・・・してもらえたのかな・・・
あのとき つながらなかった命が今回つながったのは
声をだしてきたことは間違いではなかった
そう信じたいです



やるじゃない 生徒諸君

松江商生徒が乃木地区AEDマップ作成


乃木地区のAEDマップを作成した松江商業高保健委員会のメンバー
 突然の心停止を回復させる機器として急速に普及するAED(自動対外式除細動器)について、地域ぐるみで理解を深めるため、松江市浜乃木8丁目の松江商業高の保健委員会メンバーが、周辺の設置状況や使用方法を分かりやすく示したマップを作成した。

 マップでは、学校周辺の公共施設などAEDが配備されている11カ所を紹介。連絡先や詳細な設置場所が写真入りで示されており、使用方法も図解で明示した。マップは市の施設に置き活用してもらう。希望者には同校で配布する。

 同校の保健委員会は、AEDの設置が全国的に広がっているのを受け、1、2年生24人で7月下旬にマップ作りを開始。3班に分かれて配備状況を調べ上げた。さらに全員で8月下旬に消防署によるAED講習会を受講。理解を深めた。

 1年の奥原栞さん(16)は「AEDは設置場所が分からないと意味がない。マップを使って、いざという時に備えてほしい」と話し、指導した伊藤奈津子養護教諭(27)も「マップを通して学校内と地域にAEDを広めたい」としている。

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=441576006&from=top

ここにもいましたね
AEDに興味をもって それをみんなも知る必要があると感じてくれたようです
マップを作るなかでAEDを設置するだけでも意味がないことを
感じてくれたでしょうか
次は ぜひ 校内での生徒たちによるAED講習会
開いてほしいですね

っと ここで 保健委員を中心にしたAED講習会を毎年がんばってる
中学校があります
娘が卒業した中学校です
養護の先生が「継続することが大切」と今年で3回め
AEDもみんなが分かる場所に設置してあります

DSC00237.jpg


文化祭に毎年 保健委員がクラブの部長 副部長を集め
各クラブ20分 指導していきます 
次に体験するクラブが前のクラブが体験しているのを見学してます
見学20分 体験20分です
保健委員は2人1組で対応にあたります

去年は引き気味の保健委員でしたが今年は積極的で
文化祭の前2日間 レクチャーをしたのですが自分たちでも
救命の流れを何回も練習していました

彼らは中学生 小学校では一度も体験していません
この中学校では2年生に救命講習会を受講させています
それだけです
だから 伝えることは「救命は一人ではできない」からすべて一人で
がんばろうとは思わないで 大きな声で仲間を呼ぶこと 
救急車をよぶこと 
それをメインにしました
それが次につなげることになるのです
もちろん 救命の流れも上手でしたよ
心臓マッサージもひじをまげないで すばやく的確に
グランドで倒れたとき 救命チームをすぐに組んで
仲間をみんなで助けよう 
そんな気持ちがいっぱいの講習会になりました


DSC00235.jpg



遅すぎる対応

都道府県連に安全対策求める=高野連
 
1日に大阪・PL学園高で、練習に参加した同校中学部3年生が送球を胸に受けて死亡した事故を受け、日本高校野球連盟は12日、中学生の練習参加に対する安全対策を徹底するよう、各都道府県高野連に文書で通知した。自動体外式除細動器(AED)を使った緊急処置講習会を受講したり、胸部を保護するパットの着用などを求めている。 (了)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000207-jij-spo

やっと 日本高野連から都道府県に安全を求める文書が通知されました
いつも思うのですが・・・
死という代償がなければ動かないものなのでしょうか・・・
情報というものにはいいものも悪いものもありますが
命を守るための情報には子どもを預かるものはたえず
耳を傾け 自分のチームには必要かどうか考えるべきです
今年の5月から胸部パッドも発売されましたよ
あなたのチームから笑顔が消えることがないように
なにをするべきか よ~~~く考えてください
お願いします

お知らせ

今日はお知らせです
いつもお世話になってる救命ドットコムの門田さんからの情報です

レーダル社から来る9月14日より、付属のDVD教材と簡易マネキン・AED訓練キットを用いてCPRとAEDを自己学習できる新しい教育パッケージ『CPR&AEDパーソナルトレーニングキット』の発売が開始されます。


photo2.jpg



DVD教材をみながら簡単にCPR(心肺蘇生) AED(自動対外式除細動器)をまなぶことができます

教材の内容は全て(財)日本救急医療財団が策定した最新版の救急蘇生ガイドラインに対応。マネキンは小児の心肺蘇生訓練にも対応しています。
アレルギーの方も安心して使用できる、ラテックスフリー。

aed_t.jpg



構成品
AEDトレーニングキット
訓練用マネキン
インストラクションDVD
テキストブック
マネキンワイプ(2枚)
模擬携帯電話
トレーニング修了登録ご案内資料


製造
レールダルメディカルジャパン株式会社

価格
1セット(箱入) 税込み¥3,990

http://e-qq.info/

門田さんからのコメント

DVDももう見ましたが、日本で作成されたもので
外人がでているのではと思っていたのでほっとしました。
トレーニングビデオもよくできているなと関心しました。
小児向けや、チョーキングやなどオプションで選べるトレーニングも
ついていて素晴しい内容です。
この商品は、低価格モデルで海外などでは
すでに販売されておりましたが、CPR用でAEDのトレーニングは
入っておりませんでした。
それを、日本向けに全世界初のAEDも含めたトレーニングにしております。
海外では、AEDの操作は簡単なのでトレーニングの必要性が低く
ビデオを見るだけでAEDの講習を終わるところもあるそうです。
そのかわり、CPRの教育はすごいようです。

と 門田さんからのコメントにもあるように
海外では心肺蘇生法などの一次救命の教育の基盤が
なされているのですね
ただ 日本ではまだまだ救命講習会は講習会であって教育では
なされていません
つまり CPRとともにAEDの使い方も学んでいくというのが状況です
でも さくらが思うにAEDという器械の登場によって
やっと日本における救命というのがいかに軽いものだったか
もう一度 考え直せといわれているように思うのですが
AEDのおかげでそばにいる人の命を思う心
人は一人では生きていないのだということを投げかけてくれた
そう思います

このセットは安いのが特徴ではないでしょうか
各学校に30体おいても今までのトレーナーセット一台分くらいでしょう
学校内においてぜひ心肺蘇生法をおよび一次救命学びながら 
AEDの使い方を学んでほしいとおもいます

救命コムでも販売を開始する予定で進めているそうです
質問などがあれば問い合わせてみてください

悲しい 悔しいニュースです

胸に硬球受け、中3死亡 PL学園野球部
2007年09月02日02時06分

 1日午後2時半ごろ、大阪府富田林市新堂のPL学園高校野球グラウンドで、高校生に交じって硬式野球の練習をしていたPL学園中学3年の軟式野球部員、熊谷雄飛(ゆうひ)君(15)が硬球を捕ろうとして、胸付近に球が当たった。同市内の病院に搬送されたが、約7時間後に死亡した。熊谷君はこの日、硬式野球部の練習に初めて参加していた。

 富田林署の調べでは、熊谷君は送球練習で二塁付近にいて、三塁付近から高校1年の部員が投げた硬球を捕ろうとした際、受け損なった球が胸付近を直撃した。転がった球を拾って一塁に送球した後、前のめりに倒れたという。

 現場近くに居合わせたトレーナーが心臓マッサージを施す一方、練習を指導していた同高校硬式野球部の藤原弘介監督が携帯電話で119番し、市内の病院に搬送された。この日の練習には、高校生46人と中学生3人が参加していたという。

 グラウンドには、心臓に電気ショックを与えて救命措置を施すAED(自動体外式除細動器)はなく、約1キロ離れた体育館に副部長が車で取りに行ったが、戻った時には救急車が到着していたという。4月には大阪府岸和田市の飛翔館高校グラウンドで、試合中に打球が投手を直撃したが、AEDによる処置などで一命を取り留めた。

 日本高校野球連盟によると、中高一貫校の生徒の場合、高校3年生が引退した後の新チームの練習に、中学時代の最後の公式戦を終えた3年生が参加しても差し支えないという。

 PL学園高校の高木文三・野球部長によると、熊谷君はPL野球部でのプレーを希望して、4月に岩手県陸前高田市から転校。寮生活を送っていた。「ご両親の気持ちを考えると、大変申し訳なく思う。何が問題だったか、校長も含めて学内で協議したい」と話した。

http://www.asahi.com/national/update/0902/OSK200709010061.html

何が問題って そばにAEDを置いておかないからです
これだけ 輿水先生はじめ心臓震盪から子どもを救おう会の岩田さん 
AEDで子どもを救おうのくるみさんが声を大にして訴えつづけているのに
スポーツを監督管理している大人の怠慢です!
心臓震盪の場合 少なくとも心臓に疾患があるわけでなく
心臓は元気いっぱいなんです
だから AEDがそばにあってすぐに使っていたら 
障害のない社会復帰はもちろん 野球だってできたはず
PLで野球をしたいと親元はなれてがんばった雄飛くんを 
なぜ PLは守って上げられなかったのか
悔しくて 悔しくて仕方ありません
それと・・・もう一つ 忘れてはいけないのは
その現場にいたチームメイトたちの心です
送球相手の高校1年生の生徒のことです 
こんなことはもう繰り返しては絶対だめです
どうか どうか大好きなスポーツが
もうできない状況にだけはしないでください 
スポーツでは勝つことともう一つ 仲間の命を守ること 
そのことをぜひ 考え直していってほしいと思います
そして安易にAEDを設置しても AEDを使えなかったら
命は守れないことをわすれないでほしいと思います

安部首相もAEDを体験

伊豆市で防災訓練を視察

安倍晋三首相は1日、静岡県伊豆市を訪れ、東海地震を想定した防災訓練を視察した。防災服姿の首相は、陸上自衛隊の野外手術用設備や災害ボランティアによる炊き出し、津波被災者の捜索訓練などの様子を見て回った。
 また、電気ショックにより心停止状態からの回復を図る自動体外式除細動器(AED)の実演テントでは、首相自ら救命訓練を体験。首相は「これでいいですか」と手順を確認しながら、緊張した表情でマネキンの胸に除細動パドルを取り付けていた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007090100270

「これでいいですか?」  
忙しい総理としては仕方ないでしょうね
知らないより知ることは大切ですから体験してもらったことは
重要なことですよね
でも 本当にAEDを認識してもらえたのでしょうかね
この小さな器械とそばにいる人の勇気と愛で命がつながるんですよ
どんなに大金を積んでも どこにも命は売っていません
ホントにわかってもらえたんでしょうか
とても心配。。。 
まぁ 総理は守られてる存在ですからね
でも ほら 高円宮さまは守られなかったですからね
皇室の方の命も 閣僚の命も 私達庶民の命も同じですよ
肩書きをすて 職をすて 名前をすててたら
ほら みんなすっぴん命 
防災の日にもう一度 生まれてきたこの命のこと
見つめなおしてほしいですね
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。