スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン 続報

 
 すごいです! AED やりましたね
バイスタンダーのすばやい措置によってAEDがすばらしいものになりました ボランティアのみなさん ご苦労様でした
そして ありがとうございました

<産経抄>より 

 3万人のランナーが首都を埋め尽くした「東京マラソン」は大成功だった。きのうの各紙は、コースや沿道で繰り広げられた数多のドラマを伝えている。そのなかで、ゴール前の路上で倒れ、一時心肺停止状態になった2人のランナーがボランティアらの奔走によって、一命をとりとめた記事に目が留まった。

 ▼59歳と58歳の男性を救ったのは、心臓マッサージや心臓に電気ショックを与えて正常な状態に戻す自動体外式除細動器(AED)と呼ばれる機械を使った迅速な処置だった。いずれの現場にも、真っ先に駆けつけたのが、ボランティアの国士舘大の学生やOBだ。

 ▼救急車で病院に運ぶ間に失われる命を少しでも減らすために、救急救命士制度ができて今年で16年になる。国士舘大学は、日本で初めて救急救命士の専門養成コースを設置したことで知られ、全国の消防署で救急隊員として活躍している卒業生も多い。

 ▼今回参加したのは、田中秀治教授(48)の指導を受けた救急救命士やそのタマゴたち総勢70人だ。AEDを背負って、自転車などで巡回した。レース開始直後とゴール寸前のコースに、人を重点的に配置したのも、これまでいくつかの大会で得た経験則から。

 ▼救急医学が専門の田中教授によると、心肺停止状態になっても、3分以内ならAEDを使えば8割が助かるが、10分たつと難しい。このため救護所だけに頼るより、チームに分けて、機動力を持たせる方が効果がある。他の大都市マラソンでは例がなく、日本独自のやり方だ。

 ▼AEDを使った心肺蘇生法などは、資格がなくても施せる。ひとたび事故が起これば、参加者が互いの命を救う、そんなマラソンが実現したら、もっとすてきな大会になるだろう。

(2007/02/20 06:57)

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/sankeisho/070220/sks070220000.htm




記事の最後の言葉がいいですね
「AEDを使った心肺蘇生法などは、資格がなくても施せる。ひとたび事故が起これば、参加者が互いの命を救う、そんなマラソンが実現したら、もっとすてきな大会になるだろう」
これです! これですよ
みんながみんなの命を守り ともに生きるということです

たった一つの命といいますが健康で普通に生きてると そんなこと忘れてしまいます もしかしたら 死ぬことも忘れているかもしれない
明日は必ずくるとおもってしまう
でも・・・
若くても元気いっぱいでも 一呼吸先のことなんて誰にもわからないんです 
でも!
そばにいるひとのほんの少しの勇気と優しさでつながる命があるんです
今回 助かった方にも家族の方や友達がたくさんいると思います
また 共にいきる時間をもてて 本当によかったと思います

そして こういうニュースが「ニュース」でなくなりますように
スポンサーサイト

スポーツ少年団の指導者がAED学ぶ >福井県坂井市

福井県のローカルニュースですが うれしいニュースです

スポーツ少年団の指導者がAED学ぶ

突然、心臓がけいれんして動かなくなった場合の応急処置器AEDについて学ぶ講習会が、坂井市内で開かれました。
講習会は、坂井市スポーツ少年団の指導者や保護者を対象に市が今年初めて開催。関係者16人が参加し、救急士から心臓に電気ショックを与え正常に動くようにするAEDの使い方や手順を学んだあと、実際にAEDを使いました。
AEDは救急士の資格がなくても機械の音声に従って誰でも使えるもので、心臓のけいれんは運動中にぶつかった時などいつでも発生する可能性があるということです。
参加者たちは、いざという時に必要な心臓マッサージや人口呼吸とともにAEDの習得に取り組んでいました。
講習会は来月も開かれます。

http://www.fukui-tv.co.jp/index.html




去年末にあるスポーツ少年団にAEDが導入され AED講習会が開かれました
そのことがニュースで特番を組んでとりあげられ 福井県でのスポーツ関係者の多くに AEDの必要性を知ってもらえたと思います
今回は市が声をかけてくれ 保護者や関係者たちが受講しています
わが福井県はスポーツが盛んなところです
スポーツ少年団も地域ごとにたくさんあります

スポーツをすることは精神面からいっても 肉体面からいっても
とてもいいことだと思います
けれど ただ がんばれというだけでなく
なにがあっても みんなで守ってあげるからねという意味も
含まなければ片手落ちではないでしょうか
共に命を守り 相手をおもいやり 心身をきたえてこそがスポーツではないかとおもいます

今後もこのように地域ごとにAED講習会が繰り返し開かれるように
してほしいと思います

東京マラソン  AEDニュース

 2月18日、フルマラソンに2万5000人、10キロの部には5000人のランナーを迎えて開催されるアジア最大規模となる「東京マラソン」 裏方にはいろんな苦労があったようだ

東京マラソン 3万人出迎え“裏方”奔走 

コースに苦心
 コースの原案作りを任された都オリンピック招致本部企画部の早崎道晴副参事(51)をまず悩ませたのは思惑の違いだった。都としては「観光名所を入れたい」。「記録の狙える平坦(へいたん)なコースを」とは日本陸連。警視庁は「交通規制の影響の少なさ」を重視した。板ばさみとなった。どうしたらいいのか、コース探しが始まった。「平日に自転車で職場を抜けるのがなんとなく気まずくて」と土日を利用。テレビ映りを意識し「歩いて風景を吟味した」こともあった。

ボランティア1万人/AED隊スタンバイ
それでも不安は尽きない。「回を重ねて作ったのでなく、一気に実現させた大会。ランナーに加え、ボランティア1万人、スタッフ1万人と、ひとつの市ほどの人数をコントロールしないといけない。当日に何が起きるか…」。だからこそ「交通規制を含め周囲がいろんな我慢を背負っていることを、ランナーにも分かってもらいたい」。“苦労人”はこう願ってもいる。


自転車で救護
 「助けられる命は助けたい。そのために待つのでなく、行く救護態勢が必要なんです」。国士舘大大学院スポーツ・システム研究科修士2年で救急救命士の前住智也さん(24)は訴える。今大会の医療態勢を支える「モバイルAED(自動対外式除細動器)隊」の指令塔役だ。

 市民マラソン中に亡くなる原因の多くが心臓の疾患で、突然の心停止は「心室細動」と呼ばれる不整脈が原因といわれる。その治療に有効なのが電気的除細動(電気ショック)だという。モバイルAED隊とは、事故現場に素早く到着できるようにAEDを携帯した救急救命士の自転車隊なのだ。国士舘大大学院の田中秀治教授は「3分以内に除細動を行わないと、AEDの効果はない。安全にレースをしてもらうために最初の3分をどうするか、いかに早く駆けつけるかを考えたとき自転車が一番だった」と説明する。「待つ」救護から「行く」救護を可能にしたのが自転車だった。

 3万人が走る今大会では、2人1組で10組のAED隊が3人の医師の指導の下、約2.5キロごとをカバー。連絡には携帯電話を使い、「事故発生」の一報を受けた本部は、事故現場に一番近いAED隊に連絡、応急手当てを行う。さらに救急救命を学ぶ国士舘大の学生52人がAEDを持ち、5キロ以降のコース沿いに3人1組で待機する。待機する後輩たちに、前住さんは「現場に触れることで必ずモチベーションが上がると思う。こうした大会を知り、救急救命士になる学生が増えれば、より多くの大会をサポートできるようになる」と期待を込めている。



http://www.sankei.co.jp/sports/sports/070212/spt070212001.htm



ランナーに加え、ボランティア1万人、スタッフ1万人
「交通規制を含め周囲がいろんな我慢を背負っていることを、ランナーにも分かってもらいたい」と関係者のコメントが載っていた

いろんな我慢?揚げ足をとるわけではないが
やってあげているという思いではきっと食い違いがでてくるかもしれない
ランナー達が安心して 安全に完走するためのサポート
ランナーの中には余計なお世話だと思ってる人もいるかもしれない
そういうBLS教育を私達は受けていないから
なぜ 支えあうのか
なぜ 助け合うのか
そういう根底がないかぎり ランナーは感謝の気持ちもなく
ボランティアの中にはやってあげているという意識がわいてくる
一つのマラソン大会の中でお互いの命を支えあい 感謝しつつ
みんながそれぞれに自己への挑戦に望む姿が芽生えてこそ
大会の意味があるのではないだろうか

自己への限界の中で人のあたたかい心が
つながる命 救える命へとつながっていく
命のことはだれにもわからない
宇宙のはかりごと
だからこそ 同じ時をできるだけ共にいきていたい
その願いを忘れないでほしい


福井県でも春には市民マラソンが目じり押しだ

3月25日の足羽川マラソン
4月1日の駅前マラソン

沿道での応援だってりっぱな心の救助隊だとおもう
かくゆう私も何の資格もないけれどREMのメンバーだ
できることといったらバトンを渡すだけだ




サラリーマン川柳

 いつも感心させれらるサラリーマン川柳の応募が始まりました。

http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/2007_best100.html

「冥王星 何だか他人と 思えない」
きえゆく存在? 笑えませんが笑っちゃいました

「犬はいい 崖っぷちでも 助けられ」
これもね 考えさせられますよね
毎日たくさんの犬や猫が始末されている状況の中で
マスコミに登場された犬は幸せです
しかも 人間社会はもっと大変ですからね
その中でも子供には思いやる心をぜひ育ててほしいです 

「かけすてを 覚悟(かくご)で払う 教育費」
まったくです
これくらいの覚悟をしてないとやってやれないですものね
福井県でも今日 私立の高校入試がスタートしました
受験シーズン突入ですが報われるといいですね

「うちのママ 家庭科少し 履修漏れ」
はい すみません(笑)
家庭科といわず 国語も数学もすべてです

応急措置もすぐに忘れちゃうのでここでもう一度
おさらいしておきましょう

倒れている人に気づいた場合の救命手当ての手順

(1)周囲の安全を確認
(2)反応があるかどうかを確認
(3)応援を呼び119番通報、AEDを持ってくる
(4)気道の確保
(5)普段通りの呼吸をしているかどうかを10秒以内で確認する
(6)心肺蘇生を開始する
(7)AEDで除細動を行う
(8)心肺蘇生を続けながら、救急車の到着を待つ

http://www.sanspo.com/gourmet/club/070120.html

川柳を上手につくるのはなかなかむずかしいですが
命を守ることはそれほどむずかしいことではないと思います
繰り返し思い出しましょう

さおりが救命士?!

「救急救命士・牧田さおり 緊急出動!死者からの119番!?」

 横浜市安全管理局の救急需要抑制ポスター「救える命を救いたい」でもお馴染みの、浅野温子さんが救急救命士役で扮する人気テレビドラマの最新作「救急救命士 牧田さおり(第5作)」がいよいよ放映されます。このドラマは、2002年の初回作から最新作まで、横浜市救急救命士会が台本協力と監修などをさせていただいているものです。

横浜市救急救命士会ホームページより


 ドラマは今回から新たに、横浜みなと救急隊に遠藤久美子さん(通称エンクミ)が加わりました。遠藤さんは、番組収録前に横浜市救急救命士養成所で一生懸命、救命処置の練習をされたそうです

 平成19年2月3日(土)21時〜23時  
 テレビ朝日系 土曜ワイド劇場「救急救命士 牧田さおり」

http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/



poster_makitasaori.jpg

横浜市安全管理局の救急需要抑制ポスター




さくらが大好きな殺人事件のドラマが明日あります
しかも 「さおり」がでるのです なんと救急救命士!
すごいですね
このシリーズは前から見てましたがとっても辛かったです
いろいろとね
だって さおりが命を救っていくんですよ
このドラマも必然性?なんてね 
でも 回を重ね なんだろう 気持ちの変わり目にわりと
放送されるような そんなタイミングかもしれないです
今回 どんなストリーになるのか楽しみです

さおりさんを応援してあげてね♪
カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。