スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学にサークル

被災地医療の若者育成 岡山の大学にサークル

災害現場などで活動する若者を育成しようと、山陽学園大(岡山市中区)看護学部の丹下幸子助教(49)らが、学内に災害医療支援を学ぶサークル「PEBEWS(ペビウス)」を設立した。

 看護師として災害現場で医療活動に従事した経験を基に、医療従事者に対する精神的ケアの必要性を訴えている丹下助教は、「学生たちの技術と心を養い、将来は地域の防災リーダーとなる人材に」と期待をかけている。

 丹下助教は岡山市の病院で看護師として働いていた1995年、阪神大震災の被災地・神戸に日本赤十字社県支部の救護班員として入った。不眠不休で手当てや治療する優先順位を決めるトリアージに初めて携わったが、「もっとできることがあったのでは」という無力感を抱くなどし、病院を辞めることになった。

 その後、別の病院でパート勤務をするなどしていたが、震災から14年がたった2009年、災害医療従事者の心にかかる大きな負担へのケアを考えたいと、川崎医療福祉大大学院修士課程に入学。12年に修了すると同時に、山陽学園大に就職した。

 看護師の養成に携わる傍ら、「岡山は災害が少なく防災の関心も低いと言われるが、被災地支援や岡山で災害が発生した時のことを考え、若者の技術や心を育てる必要がある」と思い至ったという。

 昨年、高校時代から日本赤十字社県支部の赤十字奉仕団に参加している看護学部2年の柏美穂さん(20)にサークルの構想を持ちかけ、二人で検討。今年7月、大学にサークルの申請を提出した。

 サークル名は、防災への関心を深めて多くの笑顔の輪を増やそうとの願いを込め、マザー・テレサの言葉「Peace begins with a smile」(平和は笑顔から始まる)から引用。柏さんの友人ら5人程度でのスタートだったが、「災害時の処置を具体的に学ぶことができる」と、同学部を中心にボランティアに興味を持った学生ら約20人が集まった。

 普段は週1回、包帯法など災害医療の基礎技術などを学び、10月26日の同大学大学祭で初の対外活動を実施。赤十字社県支部とともに、被災地に赴く多目的救急車や紙製の担架、救援物資を展示し、毛布による担架・運搬法や自動体外式除細動器(AED)の使用法などを大学祭に訪れた人々と学んだ。

 11月には、災害時の避難場所に指定される同大学体育館での地域の避難訓練にも参加する予定。柏さんは「岡山でも災害が発生すると言われている。その時までに、少しでも『何か』ができる人間になっていたい」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20131030-OYT8T00706.htm

大学にこのようなサークルができ 地域に対して一次救命の普及活動を共にしてくれる学生さんたちがどんどん増えてほしいですね
大阪にはKIBA というサークルがありAEDの使い方を含めた講習会を行っています
福井にもできないかな〜
スポンサーサイト

年齢に応じて 命の教育

救急救命も“英才教育” 飛騨市消防と市教委計画

心肺蘇生など救急救命の技術や知識を小中学生に習熟させ、後輩の指導役も担ってもらう試みを飛騨市消防本部と市教委が計画し、来年度から市内の小中学校で導入する。災害や事故時に現場に居合わせた人が心肺蘇生などの応急処置に携わる率は五割弱。万一の事態に対応できる力を子どものころから養う狙いで、消防庁救急企画室によると「先進的で聞いたことがない取り組み」という。
 市内の小学四年生から中学二年生までを対象にした五カ年計画で「ジュニア・パラメディック(救急救命士)」と名付けた独自の試み。授業で一人一台の簡易の心肺蘇生訓練の人形を用意し、目的や実技を指導する。参観日などで生徒らが職員の補助を受け、保護者に教えることも計画。最終の中学二年生は自ら指導方法を企画し、小中学校での講習に立ち会い、後輩への指導役も目標にしている。
 呼吸や心肺が停止した患者の一一九番を受けた際、現場の人が応急処置を施す率は市内では一昨年度、全国平均とほぼ同じ50%だった。消防が到着するまでの応急処置は蘇生の成否や回復具合に直結するが、電話で指導しても協力してもらえないケースもある。「小さいころから認識を高め、指導役になれる生徒を育成し救命率を上げることができないか」と市消防本部古川消防署救急課の蒔田真也さん(44)が発案し、本部でプロジェクトチームを作った。
 講習では救命に関する意識調査を実施。実技は胸骨圧迫(心臓マッサージ)を中心に自動体外式除細動器(AED)も学ぶ。後輩の指導に向けた復習授業も開く。受講した児童生徒には一年ごとに独自の認定書を渡す。後輩への指導も生徒の自主性に任せアイデアを出してもらう計画だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20131008/CK2013100802000026.html

英才教育と題していますがBLS教育は人として当たり前のことなんです
命あっての人生なのに 命あって当たり前 学校に普通にいくことは当たり前と思っているのです
勉強ができて当たり前 いい学校にいくことが幸せと
確かに健康で普通の生活ができ 学校にいけば勉強ができ偏差値の高い大学へ進学しいい企業や公務員になることを目指す その過程で病気になったり 事件事故など起こるわけがない 
順風満帆 それが当たり前であると
そう思っている人は普通なのかもしれません 
だって 幸せな生活の中にいたら不幸な人をみても想像すらできないのです
テレビの中で家が流されていくのをみて かわいそうとは思うけどそれ以上どうすることもできないのかもしれません

「ジュニア・パラメディック」
素敵です 大賛成
このような教育が浸透することを願うだけです
ただ 指導者とするのはもっともっと先のような気がします 
ねらいをそこにおくのではなく 子ども一人一人が自分の命に対してまずむきあう
そうすることによって
子どもたちが自分自身の身を守りながら 目の前の傷病者にたいして適切に対応していくことができるようになります 
そして そんな子どもたちは死がこわい 死ぬのはいやだ みんなと共に生きたい 生きていたい
自分の存在価値にほこりをもち 社会の一員であることに自信をもつことができるのです
そう願わなければジュニア・パラメディックは成り立たないのです 
技術だけでなく 心がそう思わなければ空回りとなります
一年生から その年齢にあった教育があるのです 
ゆっくり その年齢にあった技術と心の両輪がそろった教育が広まっていくことが必要ではないでしょうか

命の教育

女子高生が鶏を育てて解体して食べる 「命の授業」は残酷か?

今回の番組:2月24日放送『情熱大陸』(TBS)

 カメラは鶏の首を持ち、ナイフを刺す生徒たちの表情を追う。嗚咽し、涙を流す少女たち。覚悟を決めた力強い意志を感じさせる男子生徒。そして、順番を待ってはいるものの、一歩を進めることさえ困難そうな塚本さん……。

 この日の『情熱大陸』は福岡県立筑水高等学校の真鍋公士教師が主役だが、ディレクターの視点は彼女に向いていた。真鍋教師を軸に進めつつも、彼女の成長もしっかりと追う。そのように構成することで、番組の視点が視聴者に近くなる。そして首を切られる鶏を一切、映すことなく、しかしそれを見る生徒たちの表情を捉えることで、制作者が何を伝えたいのが明確になった。

 このクラスでは食品流通科一年生の授業として毎年「命の授業」が行われている。鶏の受精卵を生徒一人ずつが飼育し、成長したそれを自らの手で解体し、食べるのだ。命の尊厳を肌で感じる授業はメディアにも取り上げられ、文部科学大臣奨励賞を受賞した。

 だが、一方で批判もある。

 学生にそんな残酷なことをさせなくても、という意見だ。しかし真鍋先生には直接体験することでしか伝えられない教育がある、と確信している。でなければこのような授業を16年間も続けられるはずがない。三カ月の最後、生徒たちは二つの選択を選ぶことになる。工場に出荷するか、自らの手で解体をするか。受精卵に名前を付け、愛着のある「子」を自らの手で「殺す」のには並大抵の覚悟ではないはずだ。

 産まれた時から側にいて、今も安心して腕の中にいる鶏の命を選択するという授業。僕は『情熱大陸』という番組を通し、傍観する立場にいるが、ここに映る被写体たちの気持ちを思うと苦しい。しかし、それも想像でしかない。

 僕は、卒業生の会話が印象的だった。ある女性は、学生の頃に妊娠し、周囲からは出産を反対されたが、「鶏の解体を経験したからこそ、堕胎という考えには至らなかった」と子供を抱きながら言う。「こんな時、真鍋は思う。自分のやり方は間違っていなかった」ーーそう、ナレーションが補足をするが、その思いは居酒屋で学生時代の彼女の写真を見つめ、笑う表情で十分に伝わった。

 塚本さんは餌を上手く食べられない鶏の面倒を見る。養鶏場ならば切り捨てられてしまう、弱い命かもしれない。しかし、自ら名前を付けた命だからこそ助けられる。数カ月後には「食べられる」命だが、今はまだ違う。か弱い鶏を集団から離し、個別に餌を与える。一生懸命に食べる小さな鶏。その一生懸命な姿をカメラはローアングルで撮影する。

 夕方、女性たちが「お友達つれてきた」と笑い合い、地面に直座りするさりげないカットがある。そこに重なる「学んでいるのは飼育だけではない。生徒たちは自分たちが生きている意味さえ突きつけられる」というナレーション。鶏も彼女たちの周囲を歩き回り、真鍋先生も加わる、よくある高校の放課後の風景だったが、何かかけがえのない瞬間を切り取っているようにも見えた。

 いよいよ鶏を解体する時が近づいてきた。塚本さん自ら解体することに同意した。真鍋先生は「自分がかわいがってきたんだから、最後まで面倒をみてやろう」と思ったのではないか、とこれまで見てきた生徒と重ねて分析する。

 冒頭にも書いたように、鶏の首を切る瞬間は、人間たちのアップで捉えられた。制作者はここまで丹念に真鍋先生と生徒たちに寄り沿い描いてきた。だからこそ彼らの苦しさが伝わる。しかし、この授業は命を頂き、調理するまで続く。真鍋先生が皮を剥ぎ、生徒たちは「おぉー」と驚きの声をあげる。スーパーや食肉店で見慣れた「肉」に変わると、生徒たちも仕事に没頭し始める。

 真鍋先生は「必ず」という言葉を強く発する。

「人間は残酷で、必ず食べなきゃ生きていけない」「君たちが今、生きてるのも両親がいるからだ。それを絶対忘れちゃいけない」

「絶対」という言葉も、軽々しく使われてはいない。本当の事実だけを指す時に使う言葉なのだ、と思った。

 番組は、塚本さんの作文で締められた。

「この命の学習を通して一つ一つの命の重さはもちろん、隣でずっと声をかけてくれた友達の大切さを改めて知る事ができました」と。命を扱うからこそ、それだけでない様々なことに気づける、そんなことを僕も気づいた。

『情熱大陸』のテーマ曲もいつもよりスローテンポで叙情的な雰囲気だった。番組スタッフも様々な発見があったんだろう。僕には真鍋先生と生徒たちへの感謝のように思えたのだが、考え過ぎだろうか。
(文=松江哲明/映画監督)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130305-00000306-bjournal-bus_all

2008年に「豚がいた教室」という映画がありました これも実際に900日間にかけて行った授業を基にした黒田恭史の書籍『豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日』が原作です
小学生と高校生とでは感じ方もかなり違うとおもいますがこの経験をした子供たちは命の尊さを実感したのではないでしょうか 
人は 生きとし生けるものは残酷です 命を頂かなければ自分の存在が維持できないのですから
食物の連鎖といいますが人間はただ ただいただくだけです
だからこそ 人は命についてしっかり学ばなければならないと思います 
だからこそ 人は死についてしっかり学ばなければならないと思います

学校教育でしかできない経験 体験は子供たちの未来を作っていきます
自分らしく 自己肯定できる人間形成は一晩でできるものではありません
小さい頃からゆっくり繰り返しながら命の授業を行うことで人としてできることを自ずから学んでいくのではないかと思います

命をつなぐために

AED実技講習:小5対象に来年度、モデル10校で 心肺蘇生処置法なども学ぶ−−さいたま市教委 /埼玉
毎日新聞 2013年02月21日 地方版

 11年9月の駅伝練習中に女児が死亡した事故を受け、さいたま市教育委員会は13年度から、心肺蘇生処置法や自動体外式除細動器(AED)を使った実技講習を、中学生から小学生に拡大する。市立小学校の5年生を対象にモデル10校で行い、14年度から全小学校での開始を目指す。市教委は「友人や家族が突然倒れた時、勇気を出して行動するきっかけになれば」としている。

 11年の事故では、市立日進小6年の桐田明日香さん(当時11歳)が駅伝の練習中に倒れ死亡。その際にAEDは使われなかったため、市は緊急時に対応できるよう市立中学の全1年生を対象に12年度から、保健体育の授業でAEDの実技授業を始めた。

 13年度は、市内10区の小学校からモデル校を1校ずつ選ぶ。20日は選定に先立ち、市立柏崎小(岩槻区)で開かれた講習会に5年生28人が参加。児童らは、アニメ映像や訓練用キットでAEDの使い方などを学んだ。

 京都大健康科学センターの石見拓講師(蘇生科学)は「命の大切さや『自分たちにもできることがある』と感じてもらえるのでは。助けを呼びに行くだけでも社会的な役割を果たすことができる」と強調した。

 11年に急性心筋梗塞(こうそく)で急逝したサッカー元日本代表DF、松田直樹さんの姉で看護師の真紀さん(44)も講習会を見学し、「AEDが設置されるだけでは意味がない。子供たちがどうすれば助けられるのかを学ぶことが、救命の一歩につながるはずだ」と話した。【林奈緒美】

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20130221ddlk11100223000c.html


AEDの普及から AEDの使い方と救命講習会が広がってきました
これまで消防での救命講習会は15歳以上となっていましたが昨年から救命入門コース 90分ができ 小学校高学年から受講できるようになりましたね 
ですから現在の中学 高校生では救命入門コースを受講している生徒さんたちはそれほど多くないと思います
AEDの普及を訴えていくうちにこれまでの救命講習会に対するあり方に疑問をもつようになりました
かくいう私もこれまで消防にいって受講したこともなく なにかがあったときは119に連絡すればいい
かかわって責任問題になるのでは とそのような意識でした
そんな私が娘を失い どうしたら娘のようなことが2度とおこらないようにするためにはどうしたらいいのか
そう考えたとき それはやはり その場にいる人が救命のスタートラインにたてなければ命などつながらないのではないだろうか そのためには現行の成人の講習会と学校教育での救命講習会を平行していかなければならないのではないかと思うようになりました
救命というのは自らの願いで命を思わなければ成り立ちません
強制や技術の押しつけでは育つものではないのです そして 問題は救命が健康な一般の人の生活とはほとんど関係しないということです たった一回受講したとしてもその記憶は1ヶ月もしたらきえていきます
その記憶を根付かしていくのは教育でしかないと思いました 
低学年には低学年にできる救命があります ここではすべての生きとし生けるものの命を考えなぜ命が大切なのかを知るだけでもいいのではないでしょうか 
中学年になれば 人をよび 119に連絡する 友達の命は友達が守る そのためにはなにをしたらいいのかをそれぞれに考えることができるのではないでしょうか
高学年になればAEDの使い方や心肺蘇生法の導入的なところまでできるようになります 自分の命を守りながら大切な友達の命をつなげるために救命チームを組む そのために自分にできることを学ぼうという心ができるのではないでしょうか 

娘のことでネットで知り合ったアメリカの当時パラメディックをされていた女性の方とのやりとりで 日本でもAED講習会が広まってきましたよと伝えると 「AED講習会? それはなんですか? AEDは単なる器械だしどんどん新しくなって変わっていくのよ こっちでは器械の説明会なんてないわ それより小さい頃から命は尊いものだということを教え 助け合うことができるのは人間だけであり崇高なことだと教えているわ 」そういわれました
意識の違いに愕然としました
また お父さんが倒れました あなたならまずなにをしますか?の問いに 日本では救急車をよぶが多かったのに対して 北欧の子供たちは「気道確保」と答えたそうです
倒れた人にもっとも必要なものがなにかちゃんとしっているのです

埼玉でも学校教育でのBLS導入が広まってきました 
福井では一昨年から小学校でBLS授業が行われています
AEDから今の子供たちに必要な命の教育 心の教育までも学ぶことができます
来年度からは全国でBLS授業が広まり つながる命 救える命が一つでも多くなるように願っています

部活



主将就任3カ月、命絶つ 「バスケさせてくれ感謝」
2013.1.11 11:32

 「これまで育ててくれてありがとう。バスケットをさせてもらって感謝している」。ルーズリーフに記した遺書には家族への気持ちがつづられていた。自殺を選んだことは「ごめんなさい」とも-。全国大会常連校のバスケットボール部の主将となってわずか3カ月、男子生徒は17年という短い命を絶った。

 出身中学の教頭によると、小学生の時に地元のチームに入り本格的に競技をスタート。中学では副主将として部員をまとめた。休みの日も自主練習を欠かさず、プレーヤーとしても活躍していたが、大会では地区の2位にとどまり悔しい思いも。「もっと強い学校で続けたい」との強い気持ちが強豪・桜宮高への進学をかなえた。

 両親からの教えは「文武両道」。高校でも厳しい部活動をこなしながら学業も両立させ、成績は上位だったという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130111/crm13011111370007-n1.htm


高2自殺の桜宮高、すべての部活動を当面自粛

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部の2年男子生徒(17)が体罰を受けた翌日に自殺した問題で、同高は13日から当面の間、すべての部活動を自粛することを決めた。

 佐藤校長が、生徒の命が失われた事態や体罰の一斉調査が入ることなどを考慮し、自粛する意向を市教委に伝え、了承された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130113-00000895-yom-soci


年末 とてもショックなニュースが入ってきましたね
スポーツでがんばっていた青年が自らの命を絶つ 
どうして そこまで追い込むのでしょうか 
逃げ場を失った真面目な青年は自分の命を絶つことでしか気持ちを出せなかったのです
生きたくても生きられなかった命のことを思って生きて!と伝えていますが
窮地に追い込まれたこの青年を責めることは出来ません 
本当はどんなに生きたかったか 生きていたかったか 
大好きなバスケを楽しみたかったか 

愛のない指導は単なる暴力でしかないのですね
受けた痛みの中に愛を感じなければ憎しみや悲しみしか生まれないことを知らない指導者が
育ってしまったということでしょうか

そして その衝撃はすべてのスポーツをがんばる子供たちへと広がっていきました
すべての部活の自粛です
その中にはもしかしたら「おれには関係ないのに」と思う子供たちもいるかもしれません
でも その時にはぜひご家庭で生きたくても生きられなかったこの青年の想いを忘れることなく
精一杯生きていくことの大切さを話しあってほしいとおもいます
 
スポーツをがんばったらやはり優勝 一等賞がほしいですよね 
勝ちたい 強くなりたい そう思うのは当然だと思います
でも 勝つことだけがスポーツなんでしょうか 
学校での部活には本当はもっと大切なメッセージがあるのではないでしょうか
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お勧め企業

救命コム 救急救命医療器具のレンタル・販売
レールダル 広めよう!CPR(心肺蘇生法)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

さくら

  • Author:さくら
  • 福井県在住 主婦です 3人の子供がいます 
    長女はネバーランドに旅立ちました
    姿はなくとも いつもいっしょです 
    私の元気の素なんですよ♪
Maukie
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。